関連史跡案内

洞春寺(山口市)

2020年9月20日

洞春寺
ミル

洞春寺は毛利元就公の菩提寺でございます。元は大内盛見公の菩提寺・国清寺があった場所ですので、ゆかりの建築物などが残されております。歴史上著名なお二人の偉業に、一度に思いを馳せることができる、そんなお得な寺院様です。

洞春寺・基本情報

住所 〒753-0082 山口県山口市水の上町5−27 洞春寺
電話 083‐922‐1028
最寄り駅 山口駅、県庁前バス停 徒歩圏内
山号・寺号・本尊 正宗山・洞春寺・観世音菩薩
宗派 臨済宗

洞春寺・歴史

毛利元就の菩提寺は当然、毛利家の本拠地安芸国にあった。しかし、関ヶ原の合戦で毛利家が属した西軍が敗北するに至り、毛利家は故郷の安芸国を没収され、徳川幕府によって防長二ヶ国に押し込められてしまった。毛利輝元は萩に本拠地を置いたので、元就の菩提寺・洞春寺も萩に移した。後に、洞春寺は山口に移され、現在に至る。

洞春寺が移されてきた山口の地は、元々大内盛見の菩提寺・国清寺があった場所である。それゆえに、国清寺時代の建造物などが残されている。洞春寺を訪問する際には、国清寺についても知っておいたほうがいい。

国清寺は応永七年(1400年)、大内盛見によって創建された。天下泰平、家門繁栄、武運長久などの現世利益、さらに、亡き先祖たちの後生安穏の実現を祈願するためとされる。開山は、香積寺の開祖・石屏子介の弟子、透関慶頴である。

毛利家の時代となって、先に隆元、続いて元就の菩提寺となり、洞春寺と名前を変えた。

盛見は大内氏歴代の中でも、仏教への信仰心篤い当主の一人として知られる。十五世紀の始めには、氏寺・氷上山の落慶供養を盛大に執り行っているし、応永14(1407)年には、朝鮮との通交で氏寺・興隆寺のために大蔵経を求め、獲得・施入した。このほかにも、岩国永興寺、防府天満宮、そして国清寺のためにも大蔵経を獲得している。

藩政時代、国清寺にあった大蔵経は、興隆寺のそれとともに、徳川幕府に献上されてしまった。国清寺のものは、経蔵、輪蔵ごと近江三井寺(園城寺)に移され、現在は洞春寺墓地に八角輪蔵の支柱を支えていた礎石のみが残されている。

洞春寺・みどころ

山門と観音堂が国指定重要文化財、鐘楼門が山口市指定の重要文化財である。残念ながら、元就公の墓所はここにはない。地元・安芸国(広島県)にあるので、お参りの方はそちらへ。そのかわり、盛見公の墓はここに残されている。また、元国清寺にあった大蔵経経蔵の礎石も見ることができる。

山門

山門の写真

国指定重要文化財。
年代は不明ながら、建築様式などから室町時代中期頃の建立と考えられている。ゆえに、この地に国清寺があった時代の建築物である。文化財説明看板によれば、この門は四脚門、切妻造、檜皮葺。四脚門は奈良時代から造られるようになったもっとも格式の高い門であり、全国でも数少ない貴重なものであるという。

鐘楼門

鐘楼門の写真

山口市指定重要文化財。
鐘楼門というのは、読んで字のごとく、鐘を置くための門である。その名の通り、上部に鐘が設置されている。建築年代は不明だが、江戸時代中期頃のものという。

観音堂

観音堂の写真

国指定重要文化財。
この観音堂は、元々は大内持盛の菩提寺・観音寺のものであった。大正年間にこちらに移築されたのである。観音寺は、大通院と名を変えて存続していたが江戸時代末には衰退。観音堂は室町時代からのままであったが、老朽化が激しかった。現在は、きちんと改築されて守られている。

国清寺一切経蔵の礎石

国清寺一切経蔵礎石の写真

国清寺一切経蔵礎石説明看板の写真

洞春寺の墓地内にある。国清寺には、高麗版一切経(=大蔵経)を保管しておくための経蔵が建てられていた。経蔵内には回転式の八角輪蔵があり、この石はその柱の礎石。毛利輝元はこの経蔵を園城寺に寄進。建物ごと移築された。

建築物を見たところで、ぱぱっと何時代、どこ地方の様式とかわからないけれども、専門家の先生方によれば、この一切経蔵には中世山口の建築手法がいたるところに見受けられるという。

説明看板には、園城寺経蔵の写真が載っている。滋賀県まで見に行くのはたいへんなので説明看板の写真で見学したことにする(どうせ実物見てもよくわからないわけだし)。なお、この一切経蔵は滋賀県で国指定重要文化財となっており、残された礎石は山口市指定有形文化財。

五郎

なんで他所の国に寄進したんだろう?

ミル

そこにこだわらず、元は地元にあったものが重要文化財になっていることを素直に喜べないの?

五郎

だってなんだか寂しいじゃないか。礎石だけ残っているなんて。

大内盛見の墓

大内盛見墓の写真

向かって左側が盛見、右側が開基・透関慶頴の墓であると伝えられている。

洞春寺写真集

アクセス

県庁前バス停から徒歩10分くらい、ということです。

お隣が香山公園ですし、ここら辺一帯が観光資源だらけ。山口駅からも歩けない距離ではないですので、山口の街並みを楽しみながらのんびり歩いて来ることをオススメします。もちろん、最初にバスやタクシーで洞春寺まで来てしまい、歩きながら帰っても同じです。

参照文献:『室町戦国日本の覇者・大内氏の文化をさぐる』大内氏歴史分家研究会、伊藤幸司 勉誠出版 2019年、山口市編纂『山口市史 史料編 大内文化』、説明看板
※この記事は20220911に加筆修正されました。

五重塔記念撮影の写真
五郎とミルの防長芸旅日記

山口市内と広島県の大内氏ゆかりの場所を回った旅日記。ついでに本拠地・周南の宣伝もしちゃう。

続きを見る

-関連史跡案内
-,