関連史跡案内

泰雲寺(山口市小鯖)

2020年9月20日

寺号石碑の写真

泰雲寺・基本情報

住所 〒7530212 山口市小鯖2358
電話 083-927-0458
最寄り駅 山口駅 ⇒ 鳴滝バス停から徒歩圏
山号・寺号・本尊 月光山・泰雲寺・釈迦如来
宗派 曹洞宗

泰雲寺・歴史

「防長五刹」の一つだった由緒ある寺院で、江戸時代には防長僧禄司が置かれていた。最初は大内教弘の菩提寺、のちに小早川隆景夫妻の菩提寺となる。創建当時は、現在地より5km奥、棯畑、葦谷にあった。

ミル

元々この辺りにあった、と伝えられる場所はかなり奥まっていました。車で通りすぎて一瞬のチラ見でしたが、そもそも場所の特定は地元の方でも難しいようです。参拝の便宜を考えて下に下りて来られたのです。

応永十年(1404)、大内盛見が建立。開山は石屋真梁。寺号は闢雲寺といった。
永享元年(1429)、教弘が当主の時、三世・覚隠永本が、現在の場所に移した。
慶長十四年(1609)、小早川隆景の十三回忌に、その法名をとって泰雲寺と名を改めるとともに、隆景夫妻の菩提寺となる。(参照:泰雲寺様リーフレット、『周防国と陶氏』)

大内氏の氏寺は基本的には禅寺、京都五山を中心とする臨済宗だが、必ずしもこれに限られるということではなく、例外もある。大内教弘と夫人の菩提寺は曹洞宗だった。
 教弘菩提寺 ⇒ 闢雲寺(本寺院)
 教弘夫人菩提寺 ⇒ 妙喜寺
闢雲寺の開山・石屋真梁は、薩摩国・島津氏の菩提寺・福昌寺の開山僧でもあった。石屋勢力は九州、壱岐対馬から琉球、朝鮮との交流も行っており、九州にはもちろん大内氏の分国があったから、その繋がりだろう。妙喜寺の開山・大功円忠は真梁の孫弟子である。(参照:『室町戦国日本の覇者・大内氏の文化をさぐる』)

泰雲寺・みどころ

山口市の郊外、鳴滝のそばにある。自然豊かな奥ゆかしい古刹。大内盛見の信仰篤く、その孫・教弘の菩提寺になるなど、大内氏ゆかりの寺院。重要文化財的なものはないものの、長く続く廻廊や、閑かな境内は美しい。開山はじめ、供養塔が多数あり、大内教弘、小早川隆景、隆景夫人とわかりやすいものだけでも四基もあった。信者の方々から寄贈された石像の類が大量にあり、人々の信仰のほどが伺える。それらの石像を見て回ることも楽しい。

寺院様リーフレットでは、つぎのような秘宝が紹介されていた。
 泰雲寺鎮護・道一大権現、鳴滝三宝・大荒神、秘宝・一ツ拍子木、秘宝・白蛇香合(四祖香合)
リーフレットは本堂内で無料配布されているので、秘宝を見て見たい方はぜひご参拝ください。
※リーフレットに写真が載っているだけで、実物が展示公開されているわけではありません。

山門

山門の写真

本堂

本堂の写真

廻廊

廻廊の写真

僧堂

僧堂の写真

大内教弘供養塔

大内教弘供養塔の写真

新しく建てられたものであるとの説明がある。確かに真新しい。手前に「開山座禅石」が見えている。

開山供養塔

開山供養塔の写真

小早川隆景供養塔

小早川隆景供養塔の写真

小早川隆景夫人供養塔

小早川隆景夫人供養塔の写真

隆景夫人は大内問田に移り住んだので、問田大方とも呼ばれた。こちらは教弘、隆景のものとは違い、供養塔というより夫人の墓であると伝えられているようだ。

大荒神の由来

大荒神由来看板の写真

「鳴瀧三宝大荒神緣起
鳴瀧三宝大荒神は、大内氏の始祖、琳聖太子が伝来されたと伝えられるご神体で 県下でも最も古く、又霊験あらたかなことは 周知のとおりであります。また高倉山・大田願成寺の荒神さまは明治十年に当荒神さまの分身としておくだりになったものであります。三宝大荒神は本来は佛法僧三宝の守護神でありましたが、家屋の守護神、中でも 「かまど」の神として崇められるようになりました。即ち火の神ひいては農耕の神として、家内安全、家業繁栄、五穀豊穣、農作業の安全等を守護する神とし 広く崇拝されております。」(説明看板)

この看板は、僧堂入り口脇に立てかけられていた。二月と六月には三宝荒神祭が行なわれており、信仰のほどが伺える。神様のお姿はリーフレットで見ることができた。

千手観音

千手観音の写真

山門をくぐってから、両脇にこのような石像がたくさんあり、見ていて飽きない。つぎの写真はとてもユニークだが、果たして何を彫ったものなのかは、地元のガイドさんもご存じなかった。

石像の写真

泰雲寺写真集

アクセス

山口駅から防府行きバスに乗り、鳴滝バス停から徒歩圏。となりに禅昌寺もあるので(禅昌寺前バス停)、二つまとめてお参りするのがお得です。

参照文献:泰雲寺様リーフレット、大内氏歴史分家研究会様『室町戦国日本の覇者・大内氏の文化をさぐる』、新南陽郷土史会様編『中世周防国と陶氏』

五重塔記念撮影の写真
五郎とミルの防長芸旅日記

山口市内と広島県の大内氏ゆかりの場所を回った旅日記。ついでに本拠地・周南の宣伝もしちゃう。

続きを見る

-関連史跡案内
-,