長い長い家系図の話

※執筆中※

大内家の家系図

これから何回かに分けて、家系図の話をしていこうと思っているよ。
僕たちみたいな名門で、一族が繁栄していると、系図も複雑すぎてなかなか理解しづらい。見ただけでは分かりにくいところには、言葉で説明を加えていくね。

鶴と僕の関係が正確にはどんななのか、実は僕にもよく分からないんだよ。だから、正直ドキドキワクワクしているよ。一緒に頑張って学んでいこうね。

思うに、欲張らないで、少しずつやるほうがいいみたい。
鶴の最初の作品はヒドいものだよ……。全員いちどきに入れようとしてはみ出してしまったみたい。

面倒な作業を俺に押し付けておいてなんだよ……。自分から、名門で繁栄しているとか、エラそうによく言うよ。どうせ俺は名門そのものではなく、ただのその身内に過ぎないと思ってるんだろ? だから「親族」なんてウンザリなんだよ。結局のところ、「家来」だもんね。それなのに、身内だから当然、先頭に立って忠義を尽くすもの、とか思ってるのかね?

(瞳キラキラ)うわ~、鶴のご先祖様の名前がもう、見えているね!!

こののろまなお人好しに、俺の苦労なんて分かるもんか……。でも、このキラキラの瞳に弱いの……。少なくともコイツは、俺のこと家来だなんて思ってはいないんだよ。

大まかな全体図

鶴寿丸作一門の家系図・其の一

本家と分家

まず今回の系図で何をお話したいか、というと、本家・分家の話。
僕と鶴は元々は身内、っていつも言ってるけど……。どこからどんな風に分かれたのかな? そんな疑問がこの図を見ればバッチリ解消するね。

青色になっているのが、分かれて分家を起ち上げた人の名前。姓がついているから、今の誰の先祖にあたるのか分るよね?
と言うことは……?
陶の家は、昔々に本家から分かれた右田家のそのまた分家なんだ!

ページの関係上、これ以上付け加えるとゴチャゴチャするので、全員書き切れていません。だから、抜けている人もいると思ってください。
これより先は、それぞれの家ごとに見ていくほうがいいと思ったんだ。

先祖について

少し注意事項があるから付け加えておくね。
僕たちの先祖は、百済の王様・聖明王様。その息子の琳聖様が倭国に流れ着いたのが始まりだよ。

うわ、コイツそんなおとぎ話を信じてるのか!?

琳聖様は父上の庭園に遊びに来ることになっているから、そのうち紹介するね

げ、あり得んだろ? やらせもここまで来ると背筋凍る。ニセの外国人にどんだけ金積んだのか……(呆然)。

琳聖様の子孫が正恒様だけど、この間は何代か抜けているので、線が繋がっていないよ。この人が多々良の姓を初めて使ったことになっているみたい。
その後皆、分家したときの地名を姓にしてるけど、僕たちが「大内」なのは、住み着いて繁栄した土地の名前が大内だったからだよ。

多々良氏

将軍様とかほかの人たちは、僕たちを「大内」って呼ぶから返事してるけど、父上も文書に署名するときは「多々良政弘」だよ。
これ、いろんな武家がいきなり外交文書だと「源」「平」名乗り出すみたいなもんだと思う?
違うな。僕たちは、「王様の」子孫だから。
僕も手習いの紙に「多々良亀童」って書いているよ。

つまり、「多々良鶴寿」と署名すれば、僕と鶴はまぎれもない一族なんだ
これからは、「陶」って呼ばないね。

同姓の奴が大量に出て混乱するだけだって

好むと好まざるとにかかわらず、鶴だって大きくなって重臣になったら、公文書に署名することになるんだ。そのときは……
ここまでのまとめ
(真偽のほどはともかく)大内家の先祖は百済の王族。元々は「多々良氏」。
分家して枝分かれしていき、大所帯となった。分家の際には、領地を姓とするものが多かった。
その後も子々孫々繁栄したか、途中で途切れてしまったかは、それぞれの家ごとに違う。
陶家は、右田家から分かれた一族である。そして、その右田家も、元々は多々良氏から別れてきている。
つまり、元をただせば全員が多々良一族であり、「琳聖太子」を始まりとする同族一門である。

部分家系図・大内政弘ー亀童丸(義興)

お家の滅亡と家系図

大内家は「滅亡した」ので、あまりきちんとした系図が残っておらず、歴史研究の先生方泣かせの家のようです。先生方にも分からないことが、亀殿に分かるとは思えません。通説を語っているだけと思います。
我が畠山家のような公方様ご一門の名門中の名門ならば……

なにグダグダ言ってんのかな、お子様は? 毛並みの良い、血統書付き子犬の於児丸は、二言目には「名門」云々と。お前、この「庭」で名門語ると、おっかない庭園の主に八つ裂きにされる、って噂知ってた?

‼‼‼‼‼‼‼‼‼

ち、あいつ、逃げるのだけは早いのね。俺らのほうにも系図書いてもらおうと思ったのに。え? 知らなかった? 上の下手くそな図を書いたのは本当はあいつなんだよ。つまり「下請け」。生きるためなら何でもやるのさ。生き延びるためならば、女装も平気なやつだからさ。
ここまでのまとめ
大内家は滅亡した一族であるから、完全なかたちで残っている系図がない(ないと言い切ってしまっていいのかは別)。
研究者の方々の地道な努力の末に、ようやっと欠けていた部分、誤っていた部分の補修がなされ、現在我々が目にすることが出来るような系図が整理されてきた。
それでもまだまだ分らない事が多く、研究は続いている。ご本によって、微妙に違っていたりするのは、未だ通説がまとまっていない証拠である。

※本サイトの家系図はすべてデネット様の「らくらく家系図作成」にて作成しました。ありがとうございます。まだ操作法に慣れていないこと、人数が多すぎることで、見本のような綺麗なものが書けません。そのうち全部書き直したいです。
家系図が見にくいのは、ソフトのせいじゃないので、誤解しないようにご覧ください。