関連史跡案内

高嶺城跡(山口市)

2020年10月10日

説明看板の写真

高嶺城・基本情報

所在地 〒753-0091 山口市上宇野令
最寄り駅 山口駅から車で10分
形態 山城
遺構 郭、礎石、石垣、井戸、堀切、本丸跡
場所 鴻ノ峰頂上(山口市街北西、標高338m)
ルート・登山道 山口大神宮から
築城時期 弘治三年(1557)
利用者等 大内氏、毛利氏

高嶺城・歴史

史跡。大内氏遺跡の一つ。
弘治二年(1556)、大内義長が毛利家の防長経略に備えて築城。
弘治三年(1557)、義長が長門へ逃れ落城。
大内氏滅亡後も、毛利氏が城番を置くなどして利用。
元和元年(1615)、廃城。
※廃城としたのは、江戸幕府の一国一城令によるもので、実際に破却されたのは寛永十五年(1638)ともされる

周知の通り、大内氏館跡は城郭ではなく、単なる守護所。政庁と雅な当主の居館および宴会場としての役割は果たしても、他国からの侵攻に備えて楯籠もる「砦」的用途はまったくない。それでも何の不自由もなく、数百年の栄華を保つことができていたのは、大内家の勢力が他を圧倒しており、攻め込んでくる者たちなどいるはずもなかったからだろう。しかし、それでは戦国乱世は生きていかれない。案の定、最後の当主はあまりにも何もしなかったために、家臣が反乱を起こして倒されてしまった。このような「想定外」なことに仰天し、さすがに「館」では堪えきれない、と悟ったのだろう。雅な殿様は付近の法泉寺に逃れたりしたが、館よりはマシと思われた寺院もやはり、持ち堪えられなかった。

かくして危機管理能力のない最後の当主は退出したが、時既に遅く、のちの傀儡政権当主も毛利家に倒されてしまった。ただし、この時は、「館は役に立たない」という認識があったので、いちおう防御のために準備を始めていた。それが、この高嶺城だが、いかんせん、毛利家の侵攻が電光石火だったから、築城は間に合わなかった。

大内義長と唯一とも思われるその腹心・内藤隆世とは、未完成の高嶺城に楯籠もるしかなかった。元々毛利家の攻撃から身を守る役には立ちそうもない館だったが、内藤自身と彼と対立した杉重輔との戦闘によって火災に遭ってしまい、義長は付近の今八幡宮に仮住まいしていたのだ。築城の工事を継続しつつ、未完成な城に入っているという明日をも知れぬ状態で、多少(かなり)期待していた右田ヶ岳城の右田隆量はとっとと毛利家に降伏し、山口に攻めてくる始末。そのほかの家臣も大差なく、降るか逃げるかどちらか。しかも、未完成の城内は糧食すら尽きてきたので、義長主従は城を捨てて長門国へと逃れて行った。大内氏とこの城との関係はここで終わり。

大内氏が滅びた後、城は毛利家の手で完成した。城には城番が置かれ、城としての機能をきちんと果たすことができるようになったのである。防長を手に入れた毛利元就は九州の大友家と戦を始める。永禄十二年(1569)、毛利家は筑前・立花城を手に入れ、元就・隆元父子は長府に在陣していた。そんなときに、大友家の援助を得た(というか唆された)大内輝弘が渡海してきて、山口にまで侵攻した。この城が真価を発揮したのはむしろ、この時なんじゃないかな、と思う。大内輝弘が撃退されて、大友宗麟の企みも潰えたことも周知の通りである。

せっかく完成した城は、江戸幕府の命令で、破却処分となった。同じ時期に同じ命令によって役割を終えた城は全国に数え切れないだろう。山城だから、砦みたいなものだと思われ、近世の城郭建築とは違う。美しい天守閣があったわけでもないのだから、天下泰平になったのなら、もはや不要のものではある。

高嶺城・みどころ

結局の所、大内義長のもとでは城は未完成だったので、大内というよりは毛利家の城だろう。義長の時に、築城工事がどこまで進んでいたのかなどは、考古学的発掘調査の結果を見るのがよい。民俗資料館などに行けば、資料は山とある。ただし、素人が見ても、城の縄張り図などはさっぱりわからず、それは現地でここが何たら竪堀群です、とか教えてもらってもどこがそうなのか、何のことなのかわからないのだから、資料を見ても意味はなさそうである。

発掘、測量調査などの成果から推測される当時の城のすがた

頂上部や稜線上に階段状に連ねた郭。
最奥部、最高所に本丸。
本丸や郭の各所に石垣。
山頂部などから中世末~近世初頭の瓦が出土 ⇒ 瓦葺の建造物の存在が推定される。
居館側の東側山麓部から頂上にかけての郭、登城路の遺構 ⇒ 居館との連続性を意識させる。
主郭北西平坦面縄張 ⇒ 凌雲寺方面を意識させる。

頂上からは山口市内が一望でき、高嶺を全体的に利用した壮大な山城であったと考えられるという。しかし、どれだけ立派な城であったとしても、プランだけで完成しなかったのならばまったく意味がない。仮に城が完成していたとしても、防長の主が替わることは天命だったと思えるので、敢えて「たら」、「れば」は言わない(どっち道、1551で生命終えてるよ)。

頂上を目指すには、車でショートカットすることもできるが、途中までしか行けない。
車で行ける最終地点に、看板と石碑があり、頂上にある看板&石碑と内容は全く同じ。そのため、通りすがりに「行って来た証拠」立て看板を集める分には、車だけで終了してもかまわない。ただし、看板の背後の景色は微妙に違うので、頂上で撮影していないことはバレる。
頂上まで行かないと拝めない絶景もあるため、できれば頂上を目指したいところ。
わずかに500メートルながら、道は険しく、石段も途切れている箇所があるため、登山の装備が必須。
徒歩で山頂を目指して上って来た人と違って、車で楽をして来た人の場合、軽装備であると思われるので、無理はしないほうがいい。

※石垣、井戸などの遺構を見ることができる。

登山道入り口

登山道案内看板の写真

リフレッシュロードとある通り、ゆっくり景色を楽しみながら一日かけて登っていくコース。普通に「登山」です。

地形図 & 縄張り図

説明看板地形図の写真

説明看板縄張り図の写真

地形図と縄張り図ってどこが違うんだろうか。見たところ、二つは全く同じだが……。いちおう、下は「縄張り図」。念のため。

主郭まで500メートル

主郭まで500メートル標識の写真

しつこいようだが、観光客スタイルの人は、これ以上あがるのはあきらめたほうがいい。革靴にひらひらスカート女子には絶対におススメ出来ない。道は険しく、途中石段が途切れている所もあるので(202003現在)、四つん這いになって恥をさらしたくない人はやめるべき。
なお、頂上には素晴らしいお宝があるので、途中であきらめるのもまた悲しい。

山頂からの展望

 

頂上からの展望写真

かなり分かりづらいが、山頂からは、遥かに大内氏館跡と築山館跡を望むことができる。頂上に展望案内の説明プレートがあるので、それを参考に現地で目をこらしてください。八坂神社の鳥居まではっきり見えます。

頂上からの景色説明図発掘調査の先生方が仰っておられる「居館との連続性」というのはコレのことだと思われる。確かにココは、山口、大内氏館の詰めの城的に使われる予定だったんだな、とわかるけれど、完成しなけりゃ意味がないんですよ。その点、ここを活かして大内輝弘を撃退した毛利家の人たちのほうが、遙かにカッコいい。

高嶺城跡写真集

ミル

今年(2022)は高嶺城跡への訪問はあきらめました。というか、内藤某とか大友宗麟の弟とか、そういう人たちが建て(ようとしてい)た城って、何のロマンも湧かないの。正直言って、「無関係」「あなた方、どなた?」現在遺構として見られるものは、近世の遺物、つまり毛利家の方々が修築したときのものが主だそうです。古いものが上書きされるのは当然として、そもそも、大友&内藤たちは、この城で戦ってすらいない(そもそも無関係の人だし)。自治体様でここを大内氏遺跡にしている以上、ここは歴とした関連史跡ですが、門山城や鏡山城に行ったときのような、ドキドキワクワク感が皆無で、何なんだろう、ここは? と思いました。ミルが変なのかな?

五郎

「この城跡に行きました」ってステッカーをもらった(買った)んだけど、俺、行ってもいないので日付書き込めない。現在、築山館跡が公園になる記念で特別のステッカーだから、超レア~とかミルが言ったから買ったけど。苦労して登った門山城にはステッカーなかったのか?

次郎

スタンプもらうために城跡行くわけじゃないだろ? そもそもお前たちにはそっち系の趣味はないはずなのに。もしこいつらがそういうの集め始めたら、たいへんだわな。

アクセス

山口駅からタクシーを使いました。行ける所までは車で、残り500メートルは徒歩。山口大神宮のところに、入り口があって下から登ることもでき、正直そのほうが楽しいはずです。山城は車を使って行ってはいけません。登山道入り口までも駅から徒歩圏ですが、登山のために体力を温存しておくためには、駅からぶっ通して歩かないほうがいいかもしれません。

参照文献:山口市教育委員会様「史跡大内氏遺跡保存活用計画」2019年 PDF

-関連史跡案内
-,