龍蔵寺(山口市)

龍蔵寺

龍蔵寺・基本情報

住所 〒753-0811 山口県山口市吉敷1750
電話 0839-24-1357
最寄り駅
山号・寺号・本尊 瀧塔山・龍蔵寺・阿弥陀如来
拝観料 大人200円・中高生100円・小学生50円
開門時間 8:00~1700
公式サイト http://www.ryuzouji.org/

龍蔵寺・歴史

文武2年(698)、役小角が、紀州熊野権現を勧請したのが始まりとされる。
天平13年(741)に、行基がこの地に留まって寺院を建立し「龍蔵寺」と名付けた。

大内弘世が山口に拠点を移す際、山口の町を守護するために東西南北に寺院を建て、それぞれの守り本尊を安置した。龍蔵寺は西方にあたるため、西方浄土の仏=阿弥陀如来が置かれたとされる。

その後も、大内氏・毛利氏には守護寺として保護され、一般庶民からも深い信仰を集めた。

龍蔵寺・みどころ

見るべきものが山ほどある寺院。指定文化財だけでも以下の通り。

胎蔵界大日如来坐像(国指定重要文化財)
十一面千手観音菩薩(山口県指定文化財)
毘沙門天立像(山口市指定文化財)
不動明王立像(山口市指定文化財)

そのほかのみどころについても、ホームページにすべて詳細な説明がある。
寺院縁起とあわせて、どの記事も必読。

楼門

鐘楼堂

観音堂

大聖青不動明王

七福神

六地蔵

ぼけ封じ観音

愛児の塔

鼓の滝

龍蔵寺のイチョウ


たかが木と侮るなかれ。
じつは、このイチョウ、国指定天然記念物に指定されている。
龍蔵寺写真集