花岡八幡宮(下松市)

花岡八幡宮 (2)

花岡八幡宮・基本情報

住所 〒744-0024 下松市末武上戎町400
電話 0833-44-8570
御祭神
最寄り駅 周防花岡駅から徒歩10分

花岡八幡宮・歴史

和同2年(709)、宇佐神宮から勧請。
勧請された際、「一夜のうちに山が花で覆われたという伝説」(いくっちゃ! くだまつ観光ガイド)から花岡八幡宮と呼ばれる。

花岡は古くから旧山陽道の門前宿場町として大いに栄えた。「格子窓や漆喰の民家など、旧街道の面影が色濃く残っており、かつてのにぎわいが今なお息づいて」(同上)いる。

花岡八幡宮は、大内義隆や豊臣秀吉など多くの武将に崇拝された。
閼伽井坊塔婆はじめ、多くの貴重な文化財が伝えられている。

花岡八幡宮・みどころ

古文書類97通(豊臣秀吉朱印状等)
従一位近衛忠熈卿筆「永受嘉福」扁額(拝殿)
御神幸絵図
日本一の大太刀(奉納品)など

閼伽井坊塔婆


藤原鎌足が創設したと伝えられる。「八幡宮日本十六塔」のひとつ。国指定重要文化財。高さ13m、柿葺屋根。
閼伽井坊とは:花岡八幡宮の社坊九か寺の一つ。
現在は真言宗御室派の寺院で、山号・華岳山。
「閼伽」は仏に供える清浄な水の意味、閼伽井はそれを汲む井戸のこと。

八幡宮


長い石段をあがると門には「八幡宮」のプレートがくっきり。
しかし、まだまだここで終わりではないのであった。

拝殿

願かけの御馬


こうした馬を置いてあるところは少なくないが、なんと、こちらのものは願いを聞いてもらえるらしい。

狛犬


狛犬まで迫力がある。
花岡八幡宮写真集