芦樵寺・元は大内弘世公が建てた菩提寺

元は大内弘世公が建てた菩提寺・芦樵寺

弘世から父子三代に渡ってその発展に大きく寄与した寺院大内家のお陰で発展し その滅亡とともに廃れ、やがて復興に力を注ぐ僧侶の出現で復活
旧大内家関連寺院の主家滅亡後の姿は、
廃寺にならなかった場合、三つのパターンがある。
一、毛利家が引き続き保護した
一、パトロンを失って廃頽し、歴史の流れに埋もれた
一、一旦は衰退したが、僧侶たちが頑張って復興させた
当寺は南山和尚によって見事な復興を遂げ、
毛利家も含め、様々な人々の信仰を集めた。
しかし、明治になって寺院の合併などが進むと、
この寺もそれらの寺院の跡地であるこの場所へ移転してきた

芦樵寺の歴史


この寺院の由来を知るのに、この看板の説明文を超える名文はないだろう。
ただし、この画面からは見にくいと思うので、写真集に行ってください。そのうち、文字には起こします。

岡本三右衛門碑


「維新の志士を支えた豪商、岡本三右衛門の頌徳碑」
岡本三右衛門は、幕末の志士たちを助けた商人。
彼に助けられた人の中には、高杉晋作氏や、坂本龍馬氏などの名前もある。

自治体サイトでは「座禅体験」できる寺院として著名
「体験メニュー」をぜひに

〒747-0029 山口県防府市松崎町5−27