人物説明

宗像大宮司家

2022年4月11日

宗像宗家と大宮司職

メモ

宗像大社:福岡県大島村にある。祭神は宗像三女神。
宗像氏:宗像大社の神官。大宮司職となり、代々本家が補任。中世には武家化して地域領主としても発展。鎌倉御家人を経て、大内氏に属した。
大宮司:宮司の長官。すべての神社にこの職があるわけではない。

黒川隆尚

初名は政氏、のち正氏と改める。刑部少輔となる。筑前国宗像大宮司宗像左衛門尉氏佐の嫡男で、母は政弘の娘である。
永正五年正月、従弟・興氏の譲りをうけて大宮司となる。二十年在職したのち、大永七年、弟・氏続に大宮司を譲り山口に出仕。

隆尚が政弘の外孫であるだけでなく、それまでも宗像大宮司家とは数代にわたり深~い血縁関係を築いていた。

曽祖父・氏顕は弘世の外孫である。
氏顕の同母兄・氏経は義弘に従って九州で戦った。
其子・氏俊は教弘に従って赤松満祐を撃った。
祖父・氏郷は少弐と戦い、また陶弘護を援けて大内教幸を撃った。
伯父・氏定は持盛の外孫で、これも少弐と戦い道頓を撃った。
養父・興氏は陶武護の外孫で、義興の偏諱を契約した。少弐と戦い、義興に従って船岡山で功があった。(以上、『実録』本文)

『実録』本文と、附録「系図」に載っている婚姻関係は若干相違している。確認できたことを補足。
盛見娘:氏郷妻(氏定氏国等母)
政弘娘:氏国妻(本文だと氏佐妻となっているがどちらが正しいのか、二人娘がいたのか不明)
陶弘護娘:氏貞妻(興氏母)⇒ 武護(弘護の子)娘も氏貞妻(興氏母)とあり、重複している。系図は弘護の子・興明までも武護の子とするなど明らかに変なので、これは弘護の娘なのでは、と思う。
陶興房娘:興氏妻

吉敷郡黒川村を領し黒川と称した。義隆の偏名を賜ってさらに隆尚と改める。義隆は隆尚と従弟であることから、多々良朝臣の姓氏に改めさせた。

天文元年、九州に乱が起こったので筑前に戻り、再び大宮司となった。

ミル

この時代は大宮司さまも勇ましく戦っちゃいます。九州でも、厳島でも活躍なさっておられます~

天文元年~、九州の叛乱鎮圧(春田、筑紫村等で合戦)
天文九年~、義隆を助け、厳島神主家関連のゴタゴタに参戦。
天文十年、警固船の将となり、友田興藤一味の警固船と戦い、厳島を奪い返す。

天文五年、甥・氏男を養子として大宮司職を譲り、再び山口に来る。
天文十三年正月十一日、従五位下を授かった。
天文二十年三月四日、死去。

黒川隆像

初名は氏男。筑前国宗像大宮司左衛門尉氏続の嫡男で、母は問田大蔵少輔弘胤の娘。
天文三年十月二日、従五位下を授かり、近江権守に任じられた。
姓氏を多々良朝臣と改め黒川と称した。
天文五年、伯父・正氏の養子となり大宮司となった。山口で小坐敷衆であった。
大友義鎮、龍造寺隆信等と戦った。

天文二十年八月六日、大宮司を従弟・鍋寿丸に譲って山口に出仕、伯父の遺跡を継ぐ。義隆の偏諱を賜り、名を隆像と改めた。

なんかメンドーだけど、大宮司職の流れはこんな感じ。
興氏 ⇒ 隆尚(興氏の従弟)⇒ 氏続(隆尚の弟)⇒ 隆尚 ⇒ 隆像(氏続の嫡男、隆尚の甥)⇒ 鍋寿丸(隆像の従弟)

さらに、黒川さんたちの行動パターン
大宮司になる ⇒ 辞職して山口の人になり、義隆の偏諱を賜り改名する。

氏男が隆像になった頃、陶隆房はすでに反意を決めていた。隆像も仲間に誘われたが、応じなかったという。

隆房が山口を襲うと、義隆は法泉寺に逃れ、隆像等に嶽山を守らせた。
翌日、法泉寺に呼び戻され、義隆とともに長門へ逃れた。最後は大寧寺で殉死した。

隆像の子孫

隆像の妻は隆尚の娘で、一女一男があった。息子は殉難の翌年に生れ、幼名を国丸という。

陶隆房は隆像が己に与せず大寧寺で殉死したことに憤り、鍋寿丸家人に隆像の家族を切り殺させた。隆像の遺臣・占部貞安は許斐氏鏡等と協力して国丸を山田村に隠した。隆房は怒りを募らせ、早々に国丸を見付け出すようにと督促し続けたから、国丸の傳(もりやく)・吉田尚時はついに心変わりした。

天文二十三年三月二十三日、尚時が国丸を殺そうとした時、国丸は尚時の所領・吉川村にいた。貞安と氏鏡はひそかに乳母に知らせ、国丸を人に托して他所に隠しておいた。翌年、その人は国丸を伴って長門国に渡り、阿武郡大井に隠れ住んだ。国丸はこの地で成長した。のちの五郎左衛門尉氏隆がその人である。

氏隆の子・五右衛門氏一の時、黒川を改めて本氏宗像に戻ったという。子孫は今に続いている。

メモ

16世紀末、宗像氏宗家は嗣子がないまま当主が病死し断絶。
近世に庶流の深田千秋家により復興された。

参照箇所:近藤清石先生『大内氏実録』巻二十「附庸」黒川隆尚、巻二十一「殉難」黒川隆像、附録「系図」より、『日本史広辞典』宗像大社、宗像氏、大宮司

-人物説明