関連史跡案内

赤田神社(山口市吉敷)・周防国四之宮

2020年10月9日

案内看板の写真

赤田神社・基本情報

住所 〒753-0817 山口市吉敷赤田 5-3-1
電話 083-920-0022
通称 しのみやさま
御祭神 主祭神:大己貴命(大国主命)、少彦名命、猿田彦大神、配祀神:柿本人麻呂
主な祭典 例祭、春祭、新嘗祭、四宮初恵比須
社殿 本殿、弊殿、拝殿、神饌所
境内社 恵比須神社 
境内 2491坪(境外64坪)
主な建造物 大鳥居、一ノ鳥居、裏参道鳥居、恵比寿神社一ノ鳥居、恵比寿神社二ノ鳥居、狛犬、手水舎、灯籠、由緒石碑、社務所
社宝 猿田彦大神面三面、神階勅額写、随神および狛犬
最寄り駅 湯田温泉通バス停から約10分
公式サイト http://akadajinja.or.jp/

赤田神社・歴史

成務天皇九年九月九日(139) に、出雲大社から吉敷中村に大己貴命が勧請されたのが起源。良城大神宮と呼ばれた大社で、元の場所には今も遙拝所があって、「古四之宮」と呼ばれている。
養老元年(717)に神託によって現在の地に移築され、地名から赤田大神宮と名をあらためた。平安時代に官社となって、従五位下を授かり、勅額が奉納され、その写しが伝えられている。
1300年間、吉敷地区の中尾、赤田、佐畑、中村、木崎の里の氏神として厚く信仰されてきた。

赤田神社が四の宮と呼ばれるのは、大内氏が崇拝した五社のうち第四番目にあたるためで、義興の五社詣で神馬と神楽が奉納されたし、のちに、この神社の頽廃を憂えた義隆が社殿の造替をした。

於児丸

四の宮たることを決定づけるのが、大内氏の崇拝の順序によるなんて、どれだけ力のある一族だったのかが分りますね。

現在の社殿は、江戸時代後期に建立されたもの。社殿彫刻は吉田岩亀、拝殿天井の絵画は内藤鳳岳両氏の手になる作品で、二人とも地元・吉敷出身の方々である。(以上、参照:由緒看板、『山口県神社誌』)

赤田神社・みどころ

ミル

じつは、この神社のみどころは、「赤田神社もの知り図」という案内看板にあますところなく書いてくださってある(アイキャッチ)。なので、ムダな説明文よりそれを参照してください。ワンポイントとしては、最初にこのような案内図を撮影して、自らのスマホ内に入れてしまうこと。確認しながら見学 & 参拝すれば、迷ったり見落としたりということがなくなるよ。

四の宮としての由緒以外にも見所はたくさんある。
「吉敷八景」の岩屋の夕映えなどビュースポットも。

吉敷八景

一ツ橋の夜雨、溝部の落雁、涼堂の帰帆、大日の晩鐘、得月亭の秋の月、桂岳の暮雪、岩崎の晴嵐、岩屋の夕照

「八景」と言われるくらいなので、岩屋の夕映え(夕照)は美しい風景なのだろう(残念ながら未見)。説明看板によれば、赤田神社が元の場所から、現在の場所に移ることになった「神託」というのは、岩屋の景色が気に入ったのでここに移りたい、というもの。神様もお気に入りの絶景なのである。(「吉敷八景」参照:『吉敷村史』)

鳥居

鳥居の写真

向かって左が赤田神社で、右奥に見えているのが恵比寿神社。

拝殿

拝殿の写真

恵比須神社

恵比須神社の写真

赤田神社末社。西宮神社(摂津国の西宮)から勧請された。吉敷郡木崎に鎮座していたものを、約130年前に、赤田神社境内に移築。この時、近くにあったほかの神社もともに赤田神社に遷され、恵比須神社に合祀された。蛭子命ほか十二柱を祀る。

参集館

集会所の写真

 

地元の方々の寄進によって建てられた。
皆で集まって相談をしたりするところだが、結婚式の控室などにもなる。

赤田神社写真集

アクセス

山口駅からタクシーを使いました。公式アナウンスとしては、「湯田温泉通バス停から約10分」ということです。

参照文献:赤田神社様由緒ほか看板 & HP、山口県神社庁様『山口県神社誌』 、『吉敷村史』 復刻版 マツノ書店様

-関連史跡案内
-,