赤田神社・周防国四之宮

赤田神社・基本情報

住所 〒753-0817
山口県山口市吉敷赤田5-3-1
電話 083-920-0022
御祭神 大己貴命(大国主命)、少彦名命、猿田彦大神、柿本人麻呂
最寄り駅 湯田温泉通バス停から約10分
公式サイト http://akadajinja.or.jp/

赤田神社・歴史

説明看板成務天皇九年九月九日(139) に、出雲大社から吉敷中村に勧請されたのが起源。
養老元年(717)に神託によって現在の地に移築された。
1300年間、吉敷地区の中尾、赤田、佐畑、中村、木崎の里の氏神として厚く信仰されてきた。

周防五社:防府の玉祖神社(一宮)、徳地の出雲神社(二宮)、 宮野の仁壁神社(三宮)、大歳の朝田神社(五宮)の四宮。

現在の社殿は、江戶時代後期の建立である。

赤田神社・みどころ

四宮としての由緒以外にも見所がたくさんある。
「吉敷八景」の岩屋の夕映えなどビュースポットも。

拝殿

恵比寿神社恵比寿神社説明看板

赤田神社末社。西宮神社(摂津国の西宮)から勧請された。吉敷郡木崎に鎮座していたものを、約130年前に、赤田神社境内に移築。末社のほとんどは赤田神社に遷され、この神社に合祀された。

参集館

参集館
地元の方々の寄進によって建てられた。
皆で集まって相談をしたりするところだが、結婚式の控室などにもなる。

赤田神社写真集