仁壁神社・周防三之宮は歴史資料の宝物殿

周防国三之宮 仁壁神社

ボリューム満点
さすが三之宮大内家、毛利家関連史料を多数所蔵
文字通りの貴重な歴史資料(史料)の宝物庫
三之宮まで来ると途端に規模が大きくなる。
多くの末社を従え、地元民の神社兼観光の目玉。
特に、「宝物庫」の中には、多くの史料を所蔵しており、
研究者にとってもありがたい場所。
普通の観光客は、お寺ってこんなもの、と十分に楽しめる。

鳥居

拝殿


残念なことには、当神社にはホームページがない(と思う)。
有名すぎるので必要ないが、建物の確認が難しい。
これが拝殿だってことくらい、見れば分るだろう? という方は、このページなど見ていないことを想定している。

宝物庫


見たまんま。
恐らくは、例の貴重な資料の数々はここに納められているのだろう。

神楽殿

具明社


この社は、健康の神様。
延徳二年に建てられたので、ちょうど義興様の治世。
右下の「御神威」と書いてあるのは、「おかげ」と読む。この上に乗っかっている玉(神玉)には霊魂がやどっており、玉をさすれば神様のおかげを戴くことができるという。

綿津見神社


水神様、子育ての守護神。
他にもお社がたくさんあったが、名前を調べられなかった。

〒753-0023 山口県山口市三の宮2丁目6−22