仁壁神社・周防三之宮

仁壁神社

仁壁神社・基本情報

住所 〒753-0023 山口市三の宮2-6-22
電話 083-923-0342
最寄り駅 宮野駅から徒歩15分
主祭神 ※本文参照のこと

仁壁神社・歴史

何この分かりにくさ……。こういうときはまるっと引用するしかないね。

主祭神
右殿:下照姫命(織物・衣類の神)
中殿:表筒男命、中筒男命、底筒男命(国家安泰、家内安全、交通・海上安全の神)
左殿:味鉏高彦根命(五穀豊穣の神)
配祀神
瑞珠殿:神産日神、他七柱(五穀豊穣の神)

社伝によると、大和時代の崇神天皇の御代7年(91)までさかのぼることが出来る。
しかし文献 「文徳実録」には社格として平安時代の嘉祥3年(850) 従五位に、貞観9年 (867)従四位下に昇叙された記録を見ることが出来る。
「延喜式神名帳」(927)にも、式内社として「周防國吉敷郡の小一社」と記載されている。鎌倉時代の建久六年(1195)の「周防国宮野荘立券文」に、宮野庄仁戸の社(仁壁) に神領のあった事がうかがえる。
明治6年に県社に列せられる。当神社は衣・食・住に関係する神様をお祀りしており、家内安全、交通安全など生活全般に至る御加護を戴ける神社である。
(由緒看板そのまま)

仁壁神社・みどころ

大内家、毛利家関連史料を多数所蔵。

鳥居

拝殿


残念なことには、当神社にはホームページがない(と思う)。
有名すぎるので必要ないが、建物の確認が難しい。
これが拝殿だってことくらい、見れば分るだろう? という方は、このページなど見ていないことを想定している。

宝物庫


見たまんま。
恐らくは、例の貴重な資料の数々はここに納められているのだろう。

神楽殿

具明社


この社は、健康の神様。
延徳二年に建てられたので、ちょうど義興様の治世。
右下の「御神威」と書いてあるのは、「おかげ」と読む。この上に乗っかっている玉(神玉)には霊魂がやどっており、玉をさすれば神様のおかげを戴くことができるという。

綿津見神社


水神様、子育ての守護神。
他にもお社がたくさんあったが、名前を調べられなかった。

仁壁神社写真集