関連史跡案内

朝田神社・周防国五の宮

2020年10月9日

朝田神社

朝田神社・基本情報

住所 〒753-0861 山口市矢原 1241
通称 ごのみやさま
御祭神 罔象女神(みずはのめがみ)、伊邪那美神、表筒男神、中筒男神、底筒男神、応神天皇、気長足姫神、仁徳天皇、田心姫神、湍津姫神、市杵島姫神、素戔嗚尊
主な祭典 例祭、春祭、田頭祭、風鎮祭、新嘗祭
主な建造物 一ノ鳥居、二ノ鳥居、狛犬、灯籠、石柱、社務所、神輿庫、手水舎、鐘つき堂、戦捷記念碑、忠魂碑、社号碑
社殿 本殿、弊殿、拝殿、神饌所、楼門
境内 3039坪(境外150坪)
主な宝物 獅子頭、牛王法印、木造、棟札

朝田神社・歴史

由緒看板の写真

古くは大歳村に一郷社・六村社が鎮座していた。
朝田の地に朝田神社(旧郷社)
今井の地に若宮八幡宮(旧村社)
上湯田下の地に八幡宮旧村社)
高畑現在地に住吉神社旧村社)
岩富の地に黒川八幡宮(旧村社)
勝井の地に熊野神社(旧村社)
高井の地に八幡宮(旧村社)
明治三十九年(1906)に発布された内務省令により、現在地に六社の神々が合祀された。

多くの神社を一つにまとめるにあたり、新しい神社は元の住吉神社境内とし、すべての社殿を移転・整備完了するまでにはまる七年もかかった。

つまりは、義興代に「五社詣」(明応六年、1497)が行われた五の宮は正確に言うと(場所的には)現在の朝田神社とは違うのである。当時の五の宮は「五ノ宮大明神」と呼ばれ、朝田の地にあった。創建年代そのたは不明ながら、大内氏の信仰がとても篤かったという。
ほかの合祀された神社についても、ゆかりある由緒を拾ってみると、つぎのとおり。
熊野神社 ⇒ 大内弘世が紀伊国熊野神社から勧請したもの。義隆期に陶隆房放火により焼失(天文年間としか書いてないが、政変以外に放火する謂われはないだろう……)
ほかの神社についても、詳細は不明だが、鎌倉室町期に存在していたのであれば、何かしらのゆかりはあるはずだ。

朝田神社・みどころ

いにしえの五の宮がすでに存在しない以上、ここがイマドキの五社詣ゆかりの場所となる。そもそも神様は勧請も合祀も自由自在という有り難い存在なので、場所がかわったとしても、ここが五の宮であることにはまったく変化はないのである。一の宮から順に国レベルの大規模な神社だとすると、五の宮は地元の方々のもっとも身近にある神社。常に人々の生活の中心にあり、皆に寄り添っている、というイメージ。こちらも完全にそのような親近感が湧く場所となっている。季節の花々が美しく、何もかも忘れてぼんやりと過ごすのに最適。

鳥居

鳥居の写真

鳥居は二つあって、一ノ鳥居は慶応四年に造られた、と神社庁のご本にあったけれど(二ノ鳥居については製造年代記述なし)、どっちが一でどっちが二なのか、境内案内図に書いてなかったので、わからないです。ごめんなさい。

楼門

楼門の写真

※この写真は後ろ側から撮影したものです。正面からの写真はアイキャッチに使っております。

拝殿

拝殿の写真

保存樹木

保存樹木看板の写真

木々が奥ゆかしくて美しいと思ったら、それもそのはず、多くが「市指定保存樹木」となっていた。

佐用姫様

佐用姫様社の写真

佐用様社由来説明看板の写真

出征する恋人を見送り、そのまま石になってしまった悲恋の女性を祀るお社。悲しい伝説だけど、いや、そうであるがゆえに、心に染み入ってくる。元々、小八幡宮にあったものを移築した、と書かれている。

ミル

この「佐用姫」さまなんだけど、「羽衣」「浦島太郎」と並んで、「日本三大伝説」なんだそうです。つまりそのくらい有名で誰でも知ってるってこと(知らなかった)。

五郎

ふふん、俺、『平家物語』に出てきた時、あ、ここのこれだ、って思い出した。

ミル

いや、違うよ。こちらの佐用姫は明治時代に分霊されたもので、元々その伝説は佐賀県の話だよ。そもそも、『平家物語』のどの箇所に、どうして出てきたのか、君は覚えているのか?

五郎

そんなん、いちいちわかんないよ。

朝田神社写真集

アクセス

山口駅からタクシーで行きました。

参照文献:浅田神社様由緒看板、山口県神社庁様『山口県神社誌』 

-関連史跡案内
-,