応仁雑記

応仁の乱についてちょこちょこ書いている文字通りの「雑記」。
当然、「陶の家」中心になるから、偏った記述になる。
そこで、東軍関係者にもご登場いただいて、多少公平になるように努めてみた。

はじめの言葉

※ここはまとめページなので、本文はないよ。
なお、チャットは「吹き出し」が気にくわない人は飛ばしてもいい。
これは、どのページにも当てはまる。
そもそも、はじめの言葉なんていらねぇよ、って人はいきなり本文に飛んでください。

さて、俺の活躍を知ってもらうには、どうしても応仁・文明の乱についてちっとは分かってくれる必要があるんだ。
そこで、助っ人を呼んで来たよ。

こんにちは。於児丸です。

おお、よく来たじゃん。ふーーん。お前も年齢を自由に操れるんだって?

ええーーーー!!!! そんなことは……。

ま、いいや。とにかく、この於児丸は以前にも少し勉強してたことがあるらしいんで、まずそこらを復習しながら行こう。

 

「管理人配下の趣味物書き・伊東愛が、駄文創作のために集めた応仁の乱関係の資料(史料ではない)をまとめたものです。
歴史ネタスレッドの住人・畠山尚順が頑張ってくれています。すぐにいじけておれてしまうので、応援してやってもらえればうれしく思います(煽てるとノルタイプではないか、と想像します)。
論文のようなアカデミックなものではなく、執筆者が趣味で書いているものです。知識としてすでに脳内にあるものを再構築しているため、引用&出典形式ではありません。ですが、当然、勉強するために使ったご本が多数ありますので、参考文献として適宜紹介していきたいと思っています。
公開済み 2020年3月28日 10:05 PM 」

 

というようなことで、開始されたコンテンツだったよ。ここで言ってる「創作」ってのが『摩利支天の太刀』だった。どうやら、この物書きとやらが資料整理に挫折したことで、物語が止まってしまったようだな。
今回は、きちんと最後まで頑張ってくれよ。

応仁の乱合戦前夜まで ~於児丸ざっくりまとめ~(馬鹿でもわかる……はず)

「○○でもわかる」というフレーズはどうにかならないのかな(笑)
ここでは、何から手を付けたらいいか分からなくなっている人に助け船を出している。
まあここも、まだ内容には立ち入っていないので、「はじめの言葉」同様、飛ばしてもいい。
手抜きしたいけど、どっから通史読めば?
そもそも名前も分からないんだけど?

ゴチャゴチャ人間関係

誰が誰なのか、名前もわからなくなって離脱する人が多いよね。
でも、実際には覚える必要なんかないんだよ。
ここに出てる人物くらいは押さえておいて、あとは、自分の好みで興味のある家について追って行けばいいと思う。
細川・山名・畠山
畠山家の場合

将軍・大名・その被官

そもそも、どうしてこの時代、「家督騒動」が頻発したのか? それには守護(大名)たちと幕府、将軍との関係も絡んでくるよね。その辺りをちょっと確認しつつ、やはり、最低限知っといたほうがいい名前だけ出してるよ。
斯波家の場合
細川、山名、将軍家
政長vs義就そして、細川、山名

大乱概説

いよいよ大乱勃発だ。ただし、いきなり一から時系列で追って行こう……とかハードル高すぎる。まずはアウトラインから。詳細は、今後おいおい語られていくことになるはずだよ。
四大合戦と三つの流れ

三つの流れ

大乱は十年も続いた。これほど長いと、子どもだった俺も、終るころには成長しちゃったよ。
このだらだらと長い時間、いったい何をやっていたのか?
三つの時期に分けて説明しているよ。残念ながら、個々の合戦中継はまだやってません。
大乱の始まり
膠着する戦線と分国への飛び火
終結への道 まとまらない和睦

於児丸たちが年表を作り始めたみたいだ。まだ未完成なんだが、これが完成すれば、そこそこすごいことになるね。ん? 俺の外観が変わった? これは「戦闘モード」だ。『摩利支天の太刀』を見てくれたら分かるけど、俺、この年齢から参戦してるからね。

年表

ここはまだ未完成なんだって。まあ、気長に待ってやってよね。