大乱の流れ・前編

Name
大乱の流れは三つに分かれると考えられる。
また多くの書物で、四大合戦なるものを(名称は私がここで勝手につけたのだが……)ピックアップしており、どの本もそこは同じである。

四大合戦

四大合戦なるものは以下のとおり。たいてい、どの本でも章をあらためて詳述している。

一、上御霊社の戦い
二、上京の戦い
三、相国寺の戦い
四、船岡山の戦い

ここはアウトラインなので、中身については、場をあらためる。

三つの流れ

そして、三つの流れとは何か。時系列で考えて、便宜的に三つに分けた。これも、たいていの書物で同じである。というよりも、事実を述べたら、中身は皆、同じとなること、至極当然であろう。

大乱の始まり

山名細川両者の争いに諸大名が連なったという構図の大乱は、まず、上御霊社の戦いで幕を開けた。ここでは、父上と畠山義就との戦いとなったが、義政将軍が、「畠山家の家内部の争いに当事者以外は関わってはならない」と、珍しくまともな発言をした。これ以上、揉め事を多くしては面倒だと思ったのであろう(誰のせいで、大きくなったのだ、と先に尋ねたいが……)。

細川勝元は政治家らしく、この「命令」に素直に従った。それで、当然自らを支持してくれている勝元は与力してくれるだろうと信じていた父上は、大いに裏切られた。しかし、それを根に持つような了見の狭い父上ではないから、それならば、この手で義就めを倒すまで、と心に誓った。が、しかし、義就側はとんでもなくアンフェアである。細川勝元にならって、皆、将軍の命令に従い、大人しく傍観していた細川方と違って、山名方は将軍の命令など無視して、義就に加勢したからだ。

世の人は、畠山義就を猛将だと称賛するが、それについて私見を述べることは差し控えるものの、大量の味方を伴って来た義就と孤軍奮闘している父上では、まともに比較することはできないと思う。

父上は死を覚悟したが、ここは死んだふりをしてでも生き残り再起を図れ、ということで、密かに落ち延びて細川勝元の庇護下に入った。

山名方は、父上は死んだものと思ったのか、いずれにしても、もはや我が世の春だとばかりに大いに浮かれはしゃいでいたらしい。父上はその裏で、細川勝元と共に捲土重来を目指していたのである。細川のほうも、「畠山政長を見捨てた」と散々にこき下ろされて、腹に据えかねていたので、ここはどうでもやり返さないではおけない。

山名側は人が良いのか、馬鹿なのか、細川方のこの動きにまったく無頓着だった。そして、準備万端整ったところで、細川方の逆襲に遭い、コテンパンにやられてしまった。

ただ……さすがに、二大ボスの親玉。山名宗全とて、ここで一巻の終わりとはならなかった。なんとか踏みとどまった上で、仲間を集める。これに応じて、諸国から反細川、もしくは、細川方に気にくわぬ身内が入っている連中が山名方に馳せ参じた。

ここで、忘れてはならないのは、西国の大大名大内家が山名方について上洛してきたことである。まあ、斯波義廉にしても、大内政弘にしても、山名家と婚姻関係にあったが、そんなものが味方する理由にならないのは、想像に難くない。何しろ、対立しているもういっぽうの総帥・細川政元とて、元々山名宗全の娘婿であったわけだし、そのたの連中も、皆、ひとつ家の中で分裂して争っている身内同士なのだから。父上と畠山義就とて、又従兄弟同士なのである。

大内家が山名に加勢したのは、むしろ、細川家と犬猿の仲であったためであろう。瀬戸内海の利権をめぐって争う両家は、特に、先代・教弘の頃から関係が険悪となっていたのだ。

さて、この辺りも、当人たちに直接聞かない限り、真相は闇ではある。しかし、山名方諸将が上洛したこと、特に大内家の参戦はターニングポイントであり、これを境に東軍優位だった力関係が一挙に逆転した。

その後、相国寺で、洛中最大といわれた合戦が行われ、双方ともに被害甚大となったが、残念ながら、ここでも決着はつかなかった。その後しばらくは英気を養う必要があり、どうでもいい小競り合いを除き、京は暫し平穏であった。

さて、その後、山名側に、義政将軍の弟、義視様が味方し、彼らのほうにも「幕府」ができた。義視様が「将軍」となり、「賊軍」あつかいで、官職を剥奪されていたような連中も、彼らの幕府内で、再度官職を安堵された。大義名分を得た彼らはまたしても勢いづいたが、さりとて、これで、膠着した戦線が一変するということもなかった。むしろ、東西がはっきりと分裂し、もはや、簡単には和解できない状態になってしまったと言えよう。

この頃になると、合戦の舞台は洛中を離れ、郊外に移っていた。