イマドキやまぐち

火の山公園(下関市)

2021年2月4日

火の山公園・案内看板
ミル吹き出し用イメージ画像(ガイド)
ミル @ SITEOWNER

火の山公園は夜景が美しい下関のビュースポットです。

お詫び

この記事はリライト中です(未完成)

火の山公園・基本情報

住所 〒751-0813 下関市みもすそ川町
最寄り駅 火の山ロープウエイバス停
営業時間ほか 年中無休、駐車場完備(無料)
※ロープ―ウェイには定休日、営業時間があるので要注意(有料)

火の山公園・みどころ

夜景が美しい街として有名な下関ですが、その中でも、ここ火の山は「日本の夜景遺産」にも選ばれたビュースポットです。

山頂までは、ロープウェイに乗って行くことも、歩いて行くことも、車で行くこともできます。ちなみに、徒歩の場合、山頂までは1時間ほどかかります。

残念ながら、夜ではなく、昼間に訪問しました。写真もすべて昼間のものです。それでも絶景であることにかわりはありません。夜景には「1000万ドルの価値がある」といわれています。次回はぜひとも夜に訪れたいものです。

「山頂からは、瀬戸内海、日本海が一望」できます。写真に写っているのはどこの海なのか分りませんが、「赤間関」というものを意識して撮ったゆえ、対岸は九州なのではないかな、と思います。案内図によれば、現在地である「ロープウェイ上駅」から見えるのは関門橋。ほかに、関門海峡・北九州、瀬戸内海、鷲頭山、日本海、下関市街中心と見る場所によって展望も様々です。山頂の広さがうかがえますね。

撮影時、「現在地」からほとんど動かなかったことを考えれば、ここには関門橋方面の写真しかない、と思われます。瀬戸内海と日本海の展望を一度に満喫しようと思うなら、やはりそれなりの時間を費やす必要があります。駆け足で通り過ぎるには、あまりに勿体ない場所でした。

アクセス

下関駅からタクシーを使いました。

  • この記事を書いた人
ミルイメージ画像(アイコン)

ミル@周防山口館

大内氏を愛してやまないミルが、ゆかりの地と当主さまたちの魅力をお届けします

【取得資格】
全国通訳案内士、旅行業務取扱管理者
ともに観光庁が認定する国家試験で以下を証明
1.日本の文化、歴史について外国からのお客さまにご案内できる基礎知識と語学力
2.旅行業を営むのに必要な法律、約款、観光地理の知識や実務能力

あなたの旅を素敵にガイド & プランニングできます

※サイトからはお仕事のご依頼は受け付けておりません※

-イマドキやまぐち