徳山港(周南市)

※正確には「徳山下松港」である。

徳山港・基本情報

住所 〒745-0024 山口県周南市晴海町6-22
電話 0834-21-1787 (周南港湾管理事務所)
最寄り駅 JR徳山駅から徒歩20分

徳山港・歴史

徳山下松港は、山口県の瀬戸内海沿岸のほぼ中央。笠戸島、大津島などに囲まれた天然の良港港。歴史は江戸時代にまで遡る。

長州藩はコメ、塩、紙の生産を奨励した。これら三種の生産品を「毛利の三白」もしくは「防長三白」呼ぶ。
これらの生産物を増産するため、新田開発、塩田開発、紙の生産に力が注がれた。富田・徳山・下松の港は、藩の特産品となったこれらの生産物の積出港として発展していく。

現在も、臨海工業地帯を支える工業港として重要な役割。
背後には全国有数の石油化学コンビナートが形成され、石炭中心の大量の原燃料貨物の輸入基地となっている。

大正 11年(1922) 徳山港開港。徳山港が特別輸出入港に指定。
昭和 23年(1948) 下松港が徳山港に編入され、徳山下松港として開港指定。
26年(1951) 重要港湾に指定。
40年(1965) 特定重要港湾に指定。
41年(1966) 光港が徳山下松港に編入して開港。
44年(1969) 山口県周南港湾管理事務所の設置。
平成17年(2005) 新南陽埠頭、周南大橋完成。
23年(2011) 国際拠点港湾の指定。国際バルク戦略港湾(石炭)に選定。晴海親水公園が日本夜景遺産に認定。
(山口県港湾課「国際拠点港湾徳山下松港 PDF 」より一部抜粋)

徳山港・みどころ

臨海工業地帯を支える工業港⇒石油コンビナート
外貿コンテナ航路⇒東南アジア航路、韓国・中国航路等コンテナ貨物
港湾取扱貨物⇒鉱産品(石炭、石灰石、原油等)と化学工業品(セメント、石油製品、化学薬品等)
施設:大水深岸壁⇒大型化した船舶にも対応、コンテナターミナル、整備された臨港道路

原塩輸入量 全国第1位(2016年実績)
石炭輸入量 全国第4位(2016年実績)
セメント移出量 全国第2位(2016年実績)
石炭移出量 全国第1位(2016年実績)
港湾区域面積 全国第5位(2017年4月1日現在)
(山口県港湾課「国際拠点港湾徳山下松港 PDF 」より一部抜粋)

周南コンビナート
全国有数の石油化学コンビナート。新南陽から徳山地区にかけて石油化学中心に形成。

周南大橋
新南陽埠頭へのアクセス用として開通。1054メートル。

徳山港フェリーターミナル
九州・竹田津(大分)とを結ぶ周防灘フェリー
〒745-0025 山口県周南市築港町9番1号
0834-34-3000

参考 web サイト等:観光庁国際観光課「日本の港一覧・徳山下松港」(https://www.mlit.go.jp/kankocho/cruise/jp/detail/082/index.html)
山口県港湾課「国際拠点港湾徳山下松港 PDF 」

初出:2020年4月24日 周防山口館「イマドキ防長記」改編
リニューアル前公開日: 2020年9月30日 08:40 「イマドキ周防国」
※大幅改変済。改稿前の原版は下記姉妹サイトに移転、保存されています。

ミルと五郎のイマドキ周南見て歩き「徳山港」

徳山港写真集