イマドキやまぐち

毛利庭園(防府市)

毛利庭園・中庭

山口県防府市の毛利庭園とは?

かつての毛利家の邸宅を庭園とあわせてそのまま公開したものです。明治時代の建築とはなりますが、当時の旧藩主のお屋敷をまるごと体験できる貴重な場所です。

併設されている博物館では、代々伝わる貴重な品々を見ることもできます。大内文化の遺産もたくさんあるはずです。

開館日や見学可能時間帯などを確認してからご訪問ください。さまざまな特別展示が行なわれていることがありますので、興味がある時に予定を合わせるのもいいと思います。

毛利庭園・基本情報

所在地 〒747-0023 防府市多々良1-15-1
開館時間 午前9時から17時(202307現在)
※12月22日~12月31日(同上)
入館料(大人) 庭園 400円、博物館 700円、博物館+庭園共通券 1000円
※特別展(国宝)などが開催されている際には、入館料が1000円、共通券も1200円となる(同上)
参照:ホームページ
※入館料や開館時間は変更されている可能性もありますので、必ず事前に問い合わせをしてください。

毛利庭園・みどころ

旧藩主の庭園だの、邸宅だのというものはこんなものだったのか、ということを見てみたい一般庶民のために存在するところ。博物館でも、そういう偉い人はどんなものを所有していたか、ということを見ることができます。

※大内氏の家宝が毛利家のものとなってしまっている。感情的にこの点が耐えられない場合はそもそも訪問しないことを強くおすすめする。

※博物館や毛利邸内部は撮影禁止(毛利邸は『禁止』とは言われなかったし、その旨の注意書きもありませんでしたが)ゆえ、外部から見える部分の適当な写真しかご紹介できないです。

「旧毛利家本邸」重要文化財碑

毛利庭園・文化財碑

どこの重要文化財なのか不明ながら、このような石碑があるということは、邸宅そのものが非常に貴重であるということ。近世以降興味ないので、よく分りません。

毛利元就幟旗

毛利庭園・毛利元就幟旗

ほったらかしてましたが、来園したのはもう何年も前のことです。なので、最近吉田郡山城跡でみた入城 500 年などの、メモリアルな年ではないですよね。お隣・広島県で毛利元就看板を見てもなんら違和感ないのですが、県内で見かけると、違和感が半端ない。まあ、ここは子孫の邸宅だからしかたなかろうということで。

博物館入口

毛利庭園・博物館入口

邸宅全体が博物館のようなものですが、その入口はコチラです。

邸宅

毛利庭園・邸宅

邸宅の一コマです。

庭園

毛利庭園・庭園

庭園ではなく、邸宅の庭部分かもしれません。興味がないので、適当に見たことと、季節も悪かったため、何かが綺麗に咲いているという時期ではなかったかと。

絵画堂(看板)

毛利庭園・絵画堂(看板)

どーでもいいけど、工事中で中に入れなかった……。見れるはずのものが見れないのならば、入館料は減額すべきでは? あるいは、あのドンカチやってる中で見れたの? まさかね。重代の家宝とやらが損なわれたら大変です。

祖霊社

毛利庭園・祖霊社

毛利庭園・祖霊社2

名前から察するに先祖代々の霊を祀っている建物と思われます(多分)。

毛利庭園(山口市防府市)の所在地・行き方について

所在地 & MAP

所在地 〒747-0023 防府市多々良1-15-1
※Googlemap に載っていた住所です。

アクセス

ホームページによれば、防府駅から「車で8分」という公式アナウンスです。これしか書いていないため、公共交通機関はないのかもしれません。

参照:毛利庭園さま、自治体さまホームページのみ

毛利庭園(山口市防府市)について:まとめ & 感想

毛利庭園(山口県防府市)・まとめ

  1. 旧長州藩主・毛利家の邸宅、庭園を一般公開したもの
  2. 邸宅の一部を博物館として、毛利家重代の家宝などを公開している
  3. 明治時代のいわゆる旧藩主たちの邸宅や庭園のありさまを見たい人にとって有難い

こんな方におすすめ

  • 毛利家が好きな人
  • 博物館あったら入る人

大内氏のものだった貴重な品々が、毛利家のものとなってしまっています。そんな場所を心地良く見学できるはずがありません。考えるだけで辛いです。

タクシーの運転手さんに罪はありませんが、「大内氏ゆかりの地」として防府を訪問したことは先にお伝えしたはずです。なにゆえに、ここに連れて行かれたのか、未だに理解に苦しみます。

大内氏ゆかりの品を見ることができる(むろん、常に公開されているわけではないので、企画展の内容を確認すべきです)という点では、それを見るために行くという選択肢もありですが、感情的にそれは無理です。見なくてもいいので、この場所には近寄らない道を選びます。

せっかくの貴重な大名庭園と邸宅も、いい加減に入って出ただけですので、拝観料が完全に無駄となりました。そう考えると、目茶苦茶高いです!!!! しかも、やっていた企画展が、雛人形でして、いったいなんのためにこんなところに行く必要があったんだろうか、とマジ理解に苦しみます。明治時代の元大名庭園や邸宅などに1ミリの興味もないですので、たとえ、毛利家のそれではなかったとしても、自らは絶対に足を運ばない場所です。

こののち、タクシーでの観光はやめました。やる場合は、行く場所をリストアップしてから行きます(つーか、この時もリストアップはしていたはずで、『周防国衙跡』とか連れて行ってくれずに、なぜかこっちに行ってる。運転手さんは本当に良い方で、ようやくどういう観光客か理解できたのちには、心から謝ってくださいました。そんな必要ないのに……)。

防府に来たら、普通に必ず訪れるべき貴重な観光資源です。しかし、完全に入館者を選ぶ場所です。

オススメ度


(オススメ度の基準についてはコチラをご覧くださいませ)
個人的には入る意味がない場所なので ☆ です。歴史に興味がある人や、やっている企画展の内容によっては、掘り出し物を見ることができて、十二分に楽しめるでしょう。庭園、邸宅としては普通です。

五郎吹き出し用イメージ画像(怒る)
五郎

俺たちを滅ぼした家の博物館など、興味ないから適当に通り過ぎた。頼んでもいないのに、連れて行かれて迷惑だった。

ミル吹き出し用イメージ画像(涙)
ミル

気持ちはわかるけど、文化財すべて持って行かれてるから、避けては通れない場所だよ。でもそれらを見るのも心中複雑すぎて、やはり来なければ良かったね……。

五郎吹き出し用イメージ画像(涙)
五郎

そもそもなんで滅ぼされちゃったんだ? 俺、とうてい信じられない……。

ミル吹き出し用イメージ画像(涙)
ミル

(……)。

鶴千代イメージ画像
藩政期・明治維新・現代の観光資源

大内氏について語るというメインテーマとは外れる県内の主要観光資源についてご紹介している記事の目次ページです。当然のことながら、毛利氏に関するところが多いので、広島県内の訪問済み箇所も混じっています。

続きを見る

  • この記事を書いた人
ミルイメージ画像(アイコン)

ミル@周防山口館

大内氏を愛してやまないミルが、ゆかりの地と当主さまたちの魅力をお届けします

【取得資格】
全国通訳案内士、旅行業務取扱管理者
ともに観光庁が認定する国家試験で以下を証明
1.日本の文化、歴史について外国からのお客さまにご案内できる基礎知識と語学力
2.旅行業を営むのに必要な法律、約款、観光地理の知識や実務能力

あなたの旅を素敵にガイド & プランニングできます

※サイトからはお仕事のご依頼は受け付けておりません※

-イマドキやまぐち