周防国分寺(防府市)

国分寺

周防国分寺・基本情報

住所 〒747-0021 防府市国分寺町2-67
電話 0835-22-0996
最寄り駅 防府駅、国分寺バス停から徒歩5分
拝観料など(金堂) 拝観料:大人500円・中学生以下300円(団体:大人400円・中学生以下250円)、休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌日)、開館時間:9:00~16:00
公式ホームページ http://www.suoukokubunji.jp/

周防国分寺・歴史

古代律令制度が展開すると、地方に政務をとるための役所が置かれるようになった。こうした国衙「跡」は、古代の遺跡として重要だが、考古学的に発掘調査が進み全貌が明らかになっているようなところは少ないようだ。場所によっては所在地の特定すら難しい。
天平13年(741)、聖武天皇の命令で、全国に国分寺および国分尼寺が建立された。国分寺、国分尼寺は国府政庁付近に建てられるのが普通で、東大寺に模して、中門、金堂、そして塔が建てられる構造だった。

周防国でも、国府が置かれた防府に建てられた。

応永24年(1417)、火災によって多くの建物が消失。
応永28年(1421)に大内盛見が金堂を再建し、文亀3年(1503)には大内義興が金堂や仁王門などを修築した。

藩政時代にも、毛利家当主によって、幾度も再建・修復が行わている。

1997年〜2005年、「平成大修理」が行われ、発掘調査により、金堂が1000年以上もの間、創建当時と同位置、同規模で存在し続けていることが証明された。
「諸国の国分寺の多くが、長い年月の間に廃絶や場所を移動をしている中で、きわめて珍しい例であり、数多くの文化財を今なお有していることから見ても、周防国分寺は大変貴重な存在」(たびたびほうふ~山口県防府市の山口県防府市の観光情報ポータル)。

周防国分寺・みどころ

国指定重要文化財:薬師如来坐像、日光・月光菩薩立像、四天王立像、阿弥陀如来坐像 国指定重要文化財

仁王門


県指定文化財。

金堂


二層入母屋造。国指定の重要文化財。
内部に安置されている仏像には、本尊・藥師如来坐像、日光・月光菩薩立像、四天王像、十二神将などがある。
現存の藥師如来坐像は、大内盛見代に造られたもの。
日光・月光菩薩立像と四天王像は平安時代の製作。

聖天堂


元禄15年(1702)、毛利吉広建立。現在のものは平成19年の再建。

持仏堂


宝永4年(1707)毛利吉広により修築された客殿。阿弥陀如来坐像はこの中。

五重塔跡


周防国分寺写真集