住吉神社・楼門・拝殿・本殿は大内&毛利の時を駆けた合作

長門国一之宮・住吉神社

楼殿、拝殿、本殿と文化財の宝庫。
さすが一之宮。大内⇒毛利の見事な連係プレー だったらいっそ、仲良くしてたらな
神功皇后様伝説の長門国一之宮。
ここでの見所は、何と言っても本殿。
室町時代から続くもので、国宝指定。
創建は大内家ご先祖の一人、弘世様。
楼殿、拝殿、本殿と続く建物のうち、拝殿の創建者は毛利元就氏。
国宝を所蔵しているため、夜間の拝観は禁止である旨、入り口に注意書きがある。
そのくらい、貴重なものであり、大切に守られているのだ。
行きずり観光客ではなくして、丁寧に拝観しよう

本殿


これが本殿。PRIVACYの観点から、もっともよく撮れていたものが採用できない。申し訳ない。

拝殿


毛利さんの拝殿はこれではないかと思われる。記憶が薄れてきたので、リサーチして再考する。

楼門

〒751-0805 山口県下関市一の宮住吉1丁目11−1