「大内軍記」の記事一覧

始祖・琳聖太子

 推古天皇の十七年、周防国都濃郡鷲頭荘青柳浦の松の木に、星が降り、七日七晩に渡って煌煌と光を放った。  地元の人々が、この奇怪な出来事を訝しく思っていたところ、神託があって、「近くこの地に貴人がお出ましになる。我は北辰に […]

大内軍記・序

 およそ、名族というものについては、『家伝』や家臣らの手になる『日記』、『軍記物』の類が残されており、遥かに時を超えた数百年先の民が、「資料」として、歴史を知る手掛かりにそれらを用いている。  『家伝』の類は、先祖代々受 […]

大内軍記
 ~簡略通史~

概要  いわゆる駄文制作ではなく、捏造や伝説、分かりやすくするために台詞なども適当に作りながら、編年体っぽく通史をまとめました。琳聖太子から大内義長まで。  あくまでも大内家目線ですので、分家や、配下、同盟国、敵国にとっ […]