MONTH

2020年8月

    • 2020年8月25日
    • 2021年10月13日

    足利義澄

    足利義材と対立した十一代・将軍。細川政元の傀儡だったが、やがて対立し、自立を目指していた。その最中に、義材が復職し、亡命地近江で客死。

    • 2020年8月25日
    • 2021年10月13日

    細川澄之

    細川政元の三人の養子の一人。わずか三歳で親元を離れ、十七歳という若さで生涯を終えるまで、ともに風変わりな養父と過ごした。辞世の句が涙を誘う、幸薄き少年。

    • 2020年8月25日
    • 2021年10月11日

    足利義材

    室地幕府第十代将軍。細川政元のクーデターで将軍位を追われるが、大内義興、畠山尚順らの忠臣のお陰で、復職を果たした。

    • 2020年8月23日
    • 2021年10月13日

    大内義長

    大内家最後の当主。義興の孫だから血統は良いのだが、母方なので、大友姓。大寧寺の政変を起こした家臣らに祭り上げられた気の毒な傀儡として、毛利家の防長経略で犠牲となった。

    • 2020年8月23日
    • 2021年10月11日

    始祖・琳聖王子

    大内家の始祖は百済の王子・琳聖太子だとされる。ただし、研究者の先生方によってはこれを否定している。古すぎて分からないし、素人は浪漫に浸るほうが精神衛生上ずっと優雅で好ましい。

    • 2020年8月9日
    • 2021年10月12日

    勝栄寺(周南市)

    南北朝時代から続く古刹。中世寺院が有事の防御施設としての役割を果たしていた証となる「土塁」が残る。