海印寺(周南市)

山門

海印寺・基本情報

住所 〒746-0082 周南市大字下上1754
電話 0834-62-0642
最寄り駅 新南陽駅から徒歩30分

海印寺・歴史

もっとも信頼できそうなサイトが曹洞宗禅ナビという、ネット上の情報が極めて少ないところ。
(地図サイト、個人ブログ除外。ただし、それすらも限られる)

ミル吹き出し涙
それだけ普通に地元のお寺なんだよ。

でも実は、観光ガイド的情報は少なくても、歴史学的アプローチからの研究論文にはあれこれ出てくる。なぜなら、こちらに安置されている「供養塔」がたいへんに貴重なものだからだ。
ただし、人名が全国区ではないため、寺社巡り派の方は素通りする可能性があり、きわめて勿体ない。

その『あれこれ』をキチンと書いてください。

海印寺・みどころ

陶興明、興昌の供養塔

供養塔

合掌地蔵尊


合掌地蔵は「こえかけ」地蔵と読む。
日本には様々な神様、仏様がいらっしゃる。その中でも親しみやすく、人気があるものの一つがお地蔵様だ、と著名な観光ガイドさんから教わったことがある。
仰る通り、お地蔵様は生活の中に溶け込んだ身近な存在。どこの町や村にもお地蔵様は必ずいらっしゃる。あるいは目抜き通りの入り口の目立つ場所に、あるいは端っこにひっそりと。
そんなお地蔵さまに、ご近所の人が涎掛けを作ってあげたりして、皆に大切にされている。
ここ海印寺にも沢山のお地蔵様がいらした。そして、この看板に書かれた言葉が、とても素敵だな、と思った。
寺内にはお地蔵様についての説明看板があった。
お地蔵様は大量にあるため、どれが説明文に書かれているものなのか分からなかった。

初出:2020年4月16日 周防山口館「陶氏ゆかりの寺」改編
リニューアル前公開日:2020年9月30日 08:29 「イマドキ周防国」
※五郎とミルの旅行記は姉妹サイトに移りました。
(供養塔のあれこれもそちらです)

海印寺写真集