ミル@周防山口館

廿日市と東広島が大好きなミルが、広島県の魅力をお届けします

【取得資格】
全国通訳案内士、旅行業務取扱管理者
ともに観光庁が認定する国家試験で以下を証明
1.日本の文化、歴史について外国からのお客さまにご案内できる基礎知識と語学力
2.旅行業を営むのに必要な法律、約款、観光地理の知識や実務能力
【宮島渡海歴三十回越え】
厳島神社が崇敬神社です
【山口県某郷土史会会員】
大内氏歴代当主さまとゆかりの地をご紹介するサイトを運営しています

安芸紀行(除廿日市、宮島)

竹内屋敷跡(東広島市八本松吉川)

2024/7/20  

大内氏最後の当主・義長は、下関で自刃。家は滅亡。しかし、義長には息子がおり、西条の地に逃れて竹内家を興します。竹内家は地域に対し様々な貢献をして人々に慕われ、『竹内家文書』も貴重な史料として著名です。その竹内家の旧宅の壁が残っています。

明顕寺・寺号碑2

安芸紀行(除廿日市、宮島)

明顕寺(東広島市西条下見)

2024/7/17  

水戸新四郎が創建した真言宗寺院が起源だとされる。その後、江戸時代に「公称」を認められず隠寺状態となった。浄土真宗に改宗し、免許は許可されたものの、公称が認められたのは、なんと明治時代になってからだった。立派な伽藍が凜々しい地元密着型寺院。

二神山城・山頂2

安芸紀行(除廿日市、宮島)

二神山城跡(広島県東広島市西条下見)

2024/7/16  

『平家物語』でお馴染みの源三位頼政の妻(妾)菖蒲前伝説ゆかりの城。菖蒲前は頼政の息子を守り育てたが、立派に成長して水戸新四郎頼興と名乗ったその子が築いた城がこの二神山城だと言われている。伊予『二神家文書』では、二神氏が築いた城とある。

新高山城・登山口案内看板

安芸紀行(除廿日市、宮島)

新高山城(広島県三原市本郷町)

2024/7/6  

小早川隆景が築いた中世山城。近世への過渡期にあたる貴重な城遺跡として、高山城、三原城とともに「小早川氏城跡」として国史跡になっている。地元の方々の手によって綺麗に整備されており、道も分りやすく、看板類の案内も手厚い。初心者にもおすすめ。

七尾城・案内看板

陶のくに風土記

七尾城(島根県益田市七尾)

2024/7/6  

陶家の親戚・益田氏の居城。山城跡と居館であった三宅御土居を合せて「益田氏居館跡」として国指定の史跡となっています。付近には益田氏ゆかりの寺院なども数多く、関連史跡を大量に見ることができます。山城としての難易度は普通。良く整備されています。

吉川元春館跡・石碑

安芸紀行(除廿日市、宮島)

吉川元春館跡(山県郡北広島町海応寺)

2024/6/27  

国指定史跡である「史跡 吉川家城館跡」の一部を構成する吉川元春の館跡。元春が息子に家督を譲ってから「隠居所」とするために建てられた館。発掘調査によって、かつての館の概観が明らかとなり、数々の遺構や出土品の見学ができる(出土品は歴史館で)。

大頭神社・鳥居

はつかいち町歩き

大頭神社(廿日市市大野)

2024/7/4  

広島県廿日市市大野の大頭神社とは? 推古天皇11年(603)に創建されたとされる、たいへん由緒ある神社です。厳島神社の摂社だったとされ、厳島神社の創始者・佐伯鞍職がご祭神となっているほか、御烏喰式の主 ...

大歳神社(明石)・鳥居と拝殿遠景

はつかいち町歩き

大歳神社(廿日市市宮内明石)

2024/6/26  

広島県廿日市市に二ヶ所ある大歳神社(神社庁様に登録がある神社としては)のうち一方。地元の方々の崇拝を集める神社という雰囲気で、あれこれの由緒看板や所在地アピールの看板などが一切なく、辿り着くのは結構骨だが、その奥ゆかしい風情は行く価値満点。

大歳神社(地御前)

はつかいち町歩き

大歳神社(広島県廿日市市地御前)

2024/6/26  

厳島神社外宮・地御前神社のすぐそば。御祭神は大国魂神。地御前、阿品、阿品台の総氏神さま。地元密着型で、人々のさまざまなお願い事にご対応可能です。出張祭典もあるので、まずは神社さまにご連絡を。

大内義興イメージ画像

イマドキ『陰徳太平記』

イマドキ『陰徳太平記』目次(二)

2024/6/28  

『陰徳太平記』の章段一覧表(二)巻六から巻十まで。尼子との決戦を目前とした大内義興の突然の死。尼子経久と子息・盬治興久との不和。安芸武田氏当主の死。各家が不穏な状態の中、毛利家だけは着々と力をつけていた。……というような流れ。