細川澄之・悲劇の貴公子は養父殺し? 

悲劇の貴公子は養父殺し? 細川澄之

細川政元の養子。公家の若君で、将軍・義澄とは従兄弟どうしにあたる。
大人しくてひ弱な少年だが、義澄と交流する中で、従兄である将軍のため、細川家の権力を掌中に収めようという彼に協力しようと決心する。
常に養父である政元の顔色を窺いつつ育っていたため、「人の心の中」を読み解く力を身に着けてしまった。
アイドル系で可愛らしい容姿とは裏腹、五寸釘で気にくわぬ相手を呪うなど、少年らしい恐ろしい一面も……。
常に義澄の傍にあって、その寂しい心に寄り添っている。将来、養父の政元を暗殺するという血塗られた事件に関わるが、それでも細川家を手に入れることはできず、同じく政元の養子である澄元にすべてを奪われて命を落とした。
(以上は当サイトでのキャラの性格付けによる一部フィクションを含みます)

義材様にお仕えした私は細川家と敵対することになり、よって、付き合いもなかったわけだが、気の毒なお方だとは思う。

やんごとなき公家の若君

奇人変人として有名な細川政元は、修験道に凝っていて、妻帯しなかった。そこで、跡継のために養子を迎えることになった。当然のごとく、養子は身内から、となる。そこで、名前が挙がったのが、京兆家庶流の男児(後の髙国)だった。しかし、この話は立ち消えとなり、政元は公家・九条政基の若君を養子に迎えた。
先に、近衛家に養子縁組の打診をして断られ、そこへ、だったらうちからどうぞ、と九条家から話があったという。

この公家の若君は、政元が義材様を追い払って傀儡に迎えた、足利義澄の従弟(母方)である。傀儡将軍の身内を養子にすれば、心証がよくなりそうではある。
しかし、普通に考えれば、養子は一門の中から、血縁がもっとも当主に近しい者を選ぶのが筋である。
だからこそ、実子がなかった畠山持国は弟であるおじい様を養子にしたのだ。

政略的養子縁組に愛情はあったのか?

父と養父の取り決めによって、九条家末子の若君は、わずか三歳で細川家の猶子となった。猶子とは、養子と違って、相続などの権利を持たない。文字通りの仮の親子関係である。両家の間では、若君は政元の猶子であり、もしも、将来政元に実子ができたならば、出家させる……などの条件が取り交わされた。
しかし、実際には、実子の誕生などあり得ぬ男である。わずか四歳の若君に、大内家における亀童丸同様、京兆家歴代が名乗ってきた幼名「聡明丸」を名乗らせている。少なくとも、こうした行動だけ見ると、政元は澄之を跡継として見なしており、とりたてて険悪な関係でもなかったと推察できる。

将軍様は母方の従兄

前述の通り、澄之は後の将軍・足利義澄の母方の従兄弟である。幼い将軍の後見人として、しょっちゅうその元に出入りしていたであろう政元が、将来を託すつもりである澄之を義澄に会わせたことは間違いない。それも一度や二度ではないはずだ。
残念ながら、彼らの関係についての記述にお目にかかったことがない。成長して、口うるさい後見人が邪魔になってきた義澄と、雲行きが怪しくなってきた細川家の家督相続問題に悩む澄之との間に、従兄弟どうしの情という繋がりがあって、共に政元を「除けようと」していたら、ファクション的には楽しいと思う。

ここまでのまとめ
修験道に凝り固まった細川政元には実子がおらず、養子を迎えた。
迎えられた養子は九条家末子の公家の若君であった。
若君と、のちの傀儡将軍・足利義澄とは従兄弟関係。明応の政変とその後の「半将軍」人生を謳歌するのに、必要な「駒」としての養子縁組だった可能性がある。

奇人変人の養父

政元いうところの「修行」もイマドキの民的には楽しい趣味のひとつになりそうだが、当時はそうはいかなかった。
「修行」それ自体は問題ない。ここもイマドキとは違うだろうが、職業として修業を行い、また、修行をすれば本当に空を飛べると信じられているような時代だったのだ。
なので、政元がただの修行僧に生まれていたら、もしくは、細川家でも世継ぎではないか、あるいはどこかの分家にでも生まれていたのなら話は別だが。

彼には「嫡男として家を継がなければならない」という責務があった。にも拘わらず、それを放り出し、息子がいなければ養子を迎えればいい、と考えた。
この安易な解決法が、どれほどの悲劇を生み出すかは、我が父上と義就、義豊を見ても分かっていたろうに。

最悪、子宝に恵まれなかったとして、養子を迎える際には、慎重を期さねばならない。親戚、重臣一同で話し合って、相応しい人選を行うべきだ。
政元はそれも怠り、いや、彼なりの考えがあってのことであろうが、よりにもよって細川家とはなんの血縁関係もない公家の若君を養子に迎えるとは。

変わり者の政元は、澄之にそこそこ満足していた。どうせ、子どもなど生まれるはずもないので、彼にすんなり家督を譲ることに異論はない。しかし、彼に異論がなくとも、一族には大ありなのだ。
そもそも、澄之は公家出身で細川家とは、無関係な人間。仮に、明応の政変で将軍の換えパーツ・義澄とのパイプ役を果たしてくれた意義があったとしても、そんなことは細川一門とは無関係だ。
細川家ほどの名門、それも大所帯を預かる京兆家当主として、政元は考えが足りなかったといえる。なにもかもが、彼の一存では決まらないのが世の中である。少なくとも、一門衆との意見のすり合わせは絶対に必要であった。

後から来た二人の養子

文亀元年(1504)、わずか十三歳の澄之は早くも、政務について学び始める。政元は、今後細川の家は澄之に任せ、安富元家、薬師寺元長両名がサポートすると決めたのだ。
ところが、これに反発した細川家一門と内衆たちは、それから三年後、細川姓でない澄之が家を継ぐことに強く抗議して謀反を起こし、細川澄元を新たに養子にたてた。
当初はさして問題にもならなかったことも、政元がいっこうに妻帯する気配がなく、本当に実子が生まれそうにないことが確実となると、大問題となってきたのだ。
細川家も大所帯だから、畿内の京兆家以外にも四国を治める身内が大勢いたにもかかわらず、なにゆえ、公家の若君が? 皆の怒りは頂点に達していた。
細川一門からしたら、政元が養子にすべきは、当然、一門中の誰かでなければならないのだ。

この手の話は、一度火が付くと、もう止められない。
畠山持国は、弟を養子にしたあと実子が生まれたので、跡継ぎ息子に変更しようとした。しかし、すでに、つぎの当主はこの方(養子)である、と思っておじいさまに接してきた家臣からしたら迷惑だった。

いかに、血縁でもなんでもない公家の若君を勝手に養子にしていたとはいえ、彼を跡継ぎと認めて準備していた家臣も既にいたのである。だが、何もかも面倒で適当な政元は、親戚にいわれるままに、一門からもさらに養子を迎えることにした。
こうして、澄元は無事に、政元の二人目の養子となった。
さらに、一人では心許なかったのか、もう一人迎えた。この二人目が細川高国。

このお方は、やがて、私とも浅からぬ縁となる……。
彼のところで話すが……。この御仁はどうも苦手な相手だ。

三人も養子が迎え入れられ、そのうちのどれが最有力かイマイチ分からないという状況に陥れば、家中が混乱しないはずがない。
しかも、その辺の足軽風情の家の話ではなく「半将軍」細川政元の跡継ぎである。
権力を巡る争いは、当然の如く、血生臭いものとなった。

血は水よりも濃い?

こうして、跡継にはせめて細川家の人間をと主張する一門および被官たちと、そんなことは意にも介さない政元との間には、相続人を誰にするかということで、対立関係ができてしまった。
変わり者だったゆえにか、それほどまでに、聡明丸を我が子として認め、愛してさえいたのか、それはもう、歴史の闇の中である。しかし、一門たちがいちゃもんをつけてきている中で、政元は平然と聡明丸を元服させ、澄之と名乗らせた。
その後、政元は元服した澄之を早速、丹波の一色討伐へ向かわせる。

ちょうど澄之が丹波に向かう前、政元は、「一門のすすめ」で養子に迎えた澄元と対面した。澄之も彼に会っている。
しかし、澄之が丹波へ向かった後、澄元は将軍・義澄を訪ねたり、あれこれと工作を始めた。この間、政元はずっと澄元と共にあり、また、澄元の実家・阿波からは彼を支える面々が続々と上洛した。
同じ一門で結束した澄元や高国の背後には、細川家一門の「総意」がある。どこをどう見ても、無関係な余所者出身である澄之には旗色が悪い。

後からやって来た二人の養子は、澄之にとって脅威であるとともに、もしかしたら、養父に裏切られた気分にもなったかもしれない。
政元が、実際に死の床で誰を跡継ぎに指名したのか、それは永遠の謎である。
横死した彼には、そんな余裕はなかったからだ。

細川家の後継者を名乗りたかった澄之は、澄元、高国らより先手を打つために、養父の政元を殺し、自ら後継を名乗った。
従兄である将軍・義澄も彼の家督相続を認めたが、養父の命と引き換えに手にした地位を維持できたのは、ほんのわずかな時間でしかなかった。

ここまでのまとめ
細川政元と養子・澄之との関係はそこそこ良好だったと思われる。
変わり者の政元には、細川姓以外の者を養子にすることへの不安すらなかったようで、澄之が跡継となる準備を着々と進めていた。
しかし、細川一門からしたら、こんな勝手を許すわけにはいかない。
一門衆および有力被官たちは、政元の意思とは無関係に、細川澄元、髙国という二人の「一門内」からの養子を押しつけた。
三人もの養子が存在する不安定な状態は、家中を混乱させた。
強大な細川一門の支持を取り付けた細川澄元を脅威に思った澄之派の家臣は、政元を暗殺してしまう。
政元が死んだところで、澄之が有利になるはずがない。
確かに、政元死後僅かな期間は、後継者を名乗ることが出来たが、すぐに、澄元を筆頭とした細川一門の手で倒されてしまった。

成人して間もなく散った命

上洛した澄元の行動はあたかも、我こそが真に細川家を継ぐ者として相応しいと言わんばかり。実際に、一戦交えることができるほどの準備を整えていた訳なので、澄之としたら、自分はいったいどうなってしまうのか、と心配になったろう。
しかも、我が身は丹波にあって、養父の政元は澄元とべったりだ。すでに、畿内では、澄元派の家来と澄之派の家来とが武力衝突におよぶなど、家臣同士の対立も激しくなっていた。
政元の暗殺は、将来に不安を感じた澄之派の家来たちによる暴走であった。
澄之が倒れれば、どうせ、その配下である自分たちも終わりだからである。

政元の暗殺という恐ろしい計略は、彼自身というよりも、家臣らがたてたもの。本人は、わずか十七歳の少年に過ぎなかった。
むろん、イマドキの民と当時の武家の惣領家とでは年齢の感覚はかなり違う。
しかし、たとえ、十年以上を武家の家で過ごしたといえ、彼はやはり最後まで公家の若君であったのではないかと感じる。

家臣らのとった行動は結局、澄之の死期を早めただけであった。「養父殺し」の汚名を着せられ、「討伐対象」になった、澄之は元は配下であったはずの者たちにすら裏切られ、主君・政元の仇を討つ、という大義名分をもった一同に取り囲まれることになる。その中心人物が、「養父の仇を討つ」と張り切る澄元であった。

もはやこれまでとなったとき澄之は自害しようとしたが、腹を切るにはどうしたらいいのか、刃物はどう使うのかすら、分からなかったという。それゆえ、家臣の者が、無事に養父の元へ送り届けて差し上げねばならなかった。虫も殺さぬ生涯だったのだ。
我が子の死について聞かされた九条家の実の両親は嘆き悲しみ、久しく涙にくれたという。

末子とはいえ、政元について行かなければ、京でのんびりと過ごしていくことができただろう。
なんの因果か、畑違いの武家の家で家督相続の血の雨が降る中、その最後は本当に悲惨なものであった。澄元が遺した辞世の句が涙をそそる。

梓弓張りて心は強けれど引く手すくなき身とぞなりぬる

短い生涯の意義

四面楚歌の状況下で、最後まで付き添ってくれた僅かな忠臣とともに、自ら命を絶つた澄之。

三歳で政元の養子となった澄之には、かれの養子として生きた時間のほうが、公家の若君であった時間より遙かに長い。政元との間に、親子の「情」に似たような感情はあったのだろうか。
もし、それが存在したとしたら、この最期はますます悲劇だ。
うるさい義理の親、くらいにしか見ていなかったとしたら、まだ救いがあるのだが。
もしそうなら、先の、将軍・義澄との交流が想像できる。
二人にとってうるさい後見人も、なんの愛情もない養父も邪魔でしかない存在だった。彼がいなくなれば、将軍は真の親政を開始できるし、澄之は名門細川家のすべてを手にできる。二人がこんなワルだったら、この話も自業自得で終了だ。だが、なぜか、常に義澄の傍にあって、その寂しい心に寄り添っている、心優しい少年の姿しか浮かばないのだ。
養父の政元を暗殺するという血塗られた事件に巻き込まれたが、それでも細川家を手に入れることはできず、後から来た養子・澄元にすべてを奪われて命すら落とした。
主であった義澄同様、いや、それ以上に幸薄い少年。なんと十七年という短い生涯であった。
その後、将軍・義澄が従兄弟の仇についてどんな感情を抱いたのか、史書にはなにも記されてはいない。しかし、将軍は平然と、澄元を細川家の正統な跡継と認めたのだった。

家名を守るということ、家を継ぐということ、そのために犠牲となった人々がどれほどいたことか。
イマドキの民を見ていると、昔は随分と生き辛い世の中であったのだなぁ……と思う。

父上と畠山義就の関係についてはこれから嫌というほど語っていくことになるはずなので、ここでは敢えて言わない。しかし、この二人もまた、「家督」という二文字に踊らされた人生だった。

そして、同じく、家督のために争い、血を流したのが細川政元の三人の養子なのである。

やがて、この政元暗殺というとんでもない事件に揺らぐ京へ、大内殿に守られた義材様が上洛なさる。
ニセ将軍・足利義澄と細川澄元とは、大慌てで近江へと逃れて行った。
澄之殿本人の思惑があったにせよ、なかったにせよ、この政元暗殺が、我らにとって追い風になったことは明らかである。
それゆえにか、ますます、このお方のことが気の毒でならぬのであった。

ここまでのまとめ
公家の若君として、何不自由ない生涯を送れたはずの澄之は、細川家という化け物集団にかかわったばっかりに、あたら短い命を散らした。
「公方両将記」も、澄之の死のくだりは涙なくしては読めない。
しかし、政元暗殺の混乱を「作ってくれた」おかげで、我らの義材様が将軍職に復職できたのである。