足利義尚・佳人薄命の花将軍

佳人薄命? 美しすぎた花将軍・足利義尚

義尚は「緑髪将軍」と称されたほどの美男子であった。その容姿端麗なこと、「御容顔いとも美しく、すきのない玉の御姿」などと褒めそやされている,
これは、特に近江へ親征した際に、将軍様の威風堂々たる陣容とその美しいお姿を目にした者たちの間で噂となったものらしい。
応仁の乱で焼け野原となった京。将軍様の威厳も地に堕ちた感があったが、ここへきてしばらくぶりにそのお姿を目にした人々の喜びはいかばかりであったか。
さらに、このような麗しいお姿なのだからなおさらである。

変わり者と悪女から生まれた玉のような御子

世の人からは政治に関心がない、やる気のない「変わり者」扱いされることが多い将軍・義政。そして、「悪女」の代表のように忌み嫌われる日野富子。
最近の研究ではこれらの古い通説、特に富子悪女説については否定されているが、それでも彼女が京中の関所から通行料を取るなど、あれこれ金銭に執着していたのは事実であり、その意味で当時の女性としてはかなり「変わっていた」には違いない。
義尚はこれら「変わり者」と称される両親から生まれた息子である。

生まれたのは大乱の最中

義政とて、最初から政治に無関心であったわけではない。彼なりに真剣に勤めようとした時期もあった。それについては、本人の項目で述べたい。しかし、諸々の事情が、彼に思い通りの政務を執らせてはくれず、やがてはやる気を失っていったのだ。
そして、「やる気のなさ」が頂点に達した時、義政は隠居を考えた。しかし、この時点ではまだ義尚が生まれていない。なので、跡継ぎとなるものを先に用意する必要があった。
義政は出家して僧侶となっていた弟の義視を訪ね、自らの隠居と後嗣問題を打ち明ける。むろん、跡継ぎとして、義視を指名したかったからである。
まだ働き盛りの義政に隠居など持ち掛けられても、義視としては迷惑な話であった。なぜなら、義政・富子夫妻にはまだ、出産のチャンスは十分に残されており、万が一、同意した後に実子が生まれたら、義視の立場は微妙になるに違いないからだ。
ところが、義政は「もしも今後実子が生まれたとしても、すぐに出家させ、後を継がせることはぜったいにないので」と約束をした。
義尚としたら哀れな話である。こうして彼は、生まれながらにして出家させられる、という運命が決められてしまった。おそらく、義政は一刻も早い隠居を望んでいたし、そのためならどんな約束でも平気でしたのであろう。それに、実子の誕生についても、もはや諦めていたのかもしれない。
だが、予想に反して、というか予想通りというか、まだ若い将軍夫妻には、義尚という玉のような若君が生まれたのである。
彼の出生が、特に応仁の乱を複雑化したとも思えないが、我が子可愛さに義視との約束は結局反故にされ、兄弟は相分かれて東西両陣営で対立することになる。

両親との確執

悪女と罵られつつも日野富子が、せっせと蓄財に精を出し、幕政にも口を挟んだのはすべて愛する我が子・義尚のためであった。東山山荘の建築にすべてを注ぎ込む夫の義政は、先に、まだ若い富子を放置して「隠居」を画策したあたりから、夫婦仲は円満ではなかったのかも。
表向きはどうあれ、夫のこのような行為を容認できるような妻はいないだろう。そのかわり、夫に向けられる分の愛情もすべて息子の義尚に与えられた。
義尚は応仁の乱の最中、義視が西軍の陣営に身を投じた後に、僅か九歳で将軍位に就いている。山荘づくりに没頭する夫に代わり、義尚に帝王学を身に付けさせたのは富子であった。
当時京で最高といわれた師匠を招き、どこへ出しても恥ずかしくないような教養を身に着けさせる。聡明で見目麗しい我が子は、富子にとってかけがえのないものであった。
いっぽうの義政。政治に無関心といっても、我が子はまだほんの幼子。これまでの先祖たち同様、隠居した父という身分で息子をサポートした。
戦時下ということもあるし、義尚としたら、政治は父に任せ、自らは母にすすめられるまま、最高水準の教育を受ける。後は、将軍家の若君、いや実際にはすでに将軍様であったが、実情はそのような何不自由ない子供時代を送るだけだ。
しかし、子どもはやがて大人になる。やがて物心つき、思春期を迎え、自立したいと考えるようになる。
そうなったとき、なにやら隠居の身分で張り切っている父と、過度なスパルタ教育を強要してくる母の存在は、義尚にとって煙たいものに思えてきた。これまた、現代にもよくあるあまりにも普通な親子関係の変化である。
ことに、義政との意見の相違は顕著であって、あれこれお伺いを立てるたびにつまらないことで衝突した。
果ては、一人の女房を巡る恋のさや当てで父子の仲が険悪となり、義尚は「もうやってられるか!!」と美しい髪を切り落として、出家すると騒ぎを起こした。
必死に止めに入った富子だったが、すでに義尚の髪は大童。何という父に何という息子なのであろうか。富子は絶望した。
そもそも、学問や生活態度についてしつこくあれこれと言ってくる富子は嫌われて義尚から避けられており、こんな大事になろうとは想像もできなかった。
なんとか息子を思いとどまらせた富子であったが、なんとも気まずい家庭内のことで、義尚の未来は前途多難であった。

命を縮めた近江親征

義尚が成長し、自ら政務を執るようになると、義政も東山山荘一辺倒になって、表舞台から一旦姿を消した。漸く独り立ちすることがかなった義尚は、まずは失墜した幕府権力を再び強化することを第一の課題と考えた。
何より、十年にも及ぶ戦乱で、国も民も疲れ果て、何もできない幕府のイメージも定着してしまっている。このままではいけない。
籤引き将軍・義教から始まって、誰しも将軍職に就いてまず目指すのはこの「幕府権力の強化」。復権と言ってもよいだろう。幕府が最も偉大であった義満の時代が、皆の目にはあるべき姿、戻るべき道ということになっている。
義教は復権のために恐怖政治を断行したが、義尚は別の道を選んだ。
その一つにして、最大のプロジェクトが「将軍親征」であったのだ。
当時、大名たちは幕府権力の弱体化をいいことに、没落した公家や寺社の領地を力づくで横領するということを平然と行っていた。時代はすでに、力あるものがそれに見合うだけのものを手に入れる、戦国乱世の世に突入し始めていたのである。
なので、このような「横領」は全国各地で平然と行われていたといってよい。むしろ、力がなければ逆に奪われてしまうので、ある程度は積極的にやらねばならない側面もあったかもしれない。
そして、この時、京の目と鼻の先、近江の地で、大々的にこの「横領」をやらかしていたのが、近江の守護六角高頼であった。
しかも、彼が横領した土地の中には幕府の直轄領もあったというからとんでもない話であった。
まずは見せしめとして、六角家を討伐し、同じような不法行為を行っている者たちにも釘をさす、これが義尚が考えたシナリオであった。

まともにつとめると嫌われる将軍職

こうして、実に久方ぶりに、京の人々は冒頭の、将軍様自らが出征なさるお姿を目にすることになったのである。
将軍様自ら軍を率いて行くとなれば、諸国の大名たちも駆り出されることになるので、その隊列はじつに見事なものであった。もちろん、遠隔地の者は到着が遅れるため、それがすべてではない。
少なくとも、最終的に、とてつもない大軍となり、もはや六角高頼ごとき一守護にはとうてい対抗できるものではなかった。
案の定、高頼はとっとと居城の観音寺を棄てて逃亡。伊賀の里に身を隠した。
親征は「ここでやめていたら」大成功だったのである。
少なくとも不法行為をしている者たちへの「見せしめ」にはなったろうし、多くの大名が傘下に馳せ参じたことで、その威厳も示せたはず。ところが、義尚はここで一つのミスを犯してしまう。
彼は、この不届き者・六角高頼をとらえない事には気が済まなかったのである。
高頼はどこにいたか。伊賀の里である。そう、有名な忍者の里だ。それだけでもお分かりだろうが、このようなところに紛れ込んでしまった者を探し出すのは困難であった。
こうなると、如何に大軍を率いていようとも、そんなことはあまり重要ではないのである。
しかし、義尚は側近たちが止めるのも聞かず、遠征を切り上げようとはしなかった。
こうなるともう意地である。彼としては絶対に、六角高頼を捕らえて戻らなければ、この遠征の意味がないのである。
ここにきて、配下の大名たちと将軍との間に不協和音が生じる。
そもそも、戦にはカネがかかる。故郷を遠く離れて駆り出されている兵士らは国許へ帰りたくもなる。正直言って、「迷惑」なのである。しかも、どう見ても、当初の目的は達成できたとおもわれるのに、いつまでも「忍者の里」に隠れている敵を捕らえようと帰国しようとしない。
将軍様には意地があろうとも、そんなことは諸国の大名たちには関係ない。
それどころか、この六角高頼に対する「見せしめ」は、ほかの少なからぬ大名たちにも当てはまることであるから、つぎは我が身かもしれぬと思うと、心中穏やかならぬ。
将軍などというものは、自分たちの「守護」としての職権を認めてくれさえすればよいのであって、それ以上は放っておいて欲しい、というのが彼らの本音だ。
先の義教が家臣に暗殺されるという不幸な最期を遂げたのも「彼がやり過ぎた」からであった。
義尚は今の所、恐怖政治をやっているわけではなかったが、こういつまでも遠征に駆り出され、さらに、二回目三回目と延々と続いていくことを考え、しかも、つぎのターゲットが自分かも知れないと思えば、こんな遠征も、妙に「やる気のある」将軍も迷惑だ。
先の義政のように優柔不断で、山荘の増築にでも凝っていてくれるような人物のほうがずっと楽である。

美貌も霞むほど疲れ果てた末に

義尚は近江国・鈎に陣を置き、長期にわたって滞在した。「陣所」と呼ばれているからといって、陣幕が張られているだけの、風雨にさらされている場所などを想像してはいけない。義尚は京から多くの公家やら幕閣を引き連れて来ており、むしろ京の御所のほうが閑散としていて、実情こちらが「幕府」として機能していた。無論、将軍様らはともかくとして、駆り出された下っ端の兵士らはそれこそ雨ざらしである。既に数ヶ月に及ぶ逗留で、皆疲れ果てていた。
六角高頼の行方は杳として分からず、どうして城を棄てて逃げ出した時点で引き上げてくれなかったのかと、皆、不満たらたらである。
いっぽう、この膠着した状態の中、義尚自身にも異変が起こっていた。慣れない場所での長逗留と、思うに任せぬ戦況が彼の心を蝕み、元々飲酒の度が過ぎていて母・富子からきつく注意されていたにもかかわらず、ここにはうるさい母もいないので、酒量は更に増えていた。
そう、義尚は心身ともに病んでしまったのである。
母・富子は、義尚が病に倒れたと聞き、見舞いに駆けつけた。そこには、これがあの、玉のような我が子であろうかと思うほど、病みやつれて容貌さえ見る影もなくなった義尚の姿があった。

早過ぎる死が招いた波紋

京中の女たちの心をときめかせた将軍様であったが、その華々しい出征の時とは違い、帰国した時は棺の中であった。
長く続いた戦乱の中で幼くして将軍の座に就かされ、父や母との確執の末、漸くすべてを我がものとした彼が、大軍を率いて京を離れた時の颯爽とした美しさは、もはや永遠に拝めぬものとなっていた。
幕閣たちは、膠着した戦線から何とか将軍様を引きはがして京に戻そうと進言し続けた。だが、この戦に持てる力の全てをつぎ込んでいる義尚は、六角高頼の首を目にしない限りは決して諦めない。
当然、京を出た時と同じように華々しく凱旋し、文弱な父義政と自分とは違う事、母富子に溺愛されてその財力を背景に将軍の座に就いたのではないことを証明しなくてはならない。そして、応仁の乱で幕府の無力さが露呈されたという聞くに堪えない噂話を己が力でねじ伏せること、これら諸々が彼の願いのありったけであったのだ。頑なに病身を押してその場に居座り続けた義尚だったが、それら全ては見果てぬ夢に終わった。
長享三年(1489年)三月二十六日、九代将軍・義煕(元は義尚であったが、従軍中に改名していた)は鈎の陣中にてこの世を去った。一年五か月にも及んだ遠征は結局成果をあげることはできずじまいとなったのである。

そして乱世が幕を開けた

義煕には子がなく、その跡を継いだのは、従弟の足利義材。そう、かつて、応仁の乱で政弘らが「西幕府」将軍として担いでいた足利義視の子であった。
しかし、この義材も後に「明応の政変」と呼ばれるクーデターによって、細川政元に将軍位を追われてしまう。
これを境に、将軍職は力のある者のサポートなしでは支えられない不安定なものとなり、将軍の首の挿げ替えも、政元による義材から義澄、細川高国よる義材(復職後)から義晴と家臣の手で勝手に行われる有様となった。
ゆえに、この「明応の政変」を戦国時代の始まりだとする研究者もいる。

ながらへば 人の心も 見るべきに 露の命ぞ はかなかりけり(義尚辞世の句)

義尚の辞世の句とされるものは何種類かあって、実際にはどれがそうなのか分からない。
しかし、儚く散った麗しい将軍には、何となく、これが最もふさわしい、そんな気がした。

初出:2020年9月21日 21:06
最終更新日:現在の「投稿日」日時