TRAVEL GUIDE

妙見菩薩、妙見信仰(超簡単に)

2022年10月24日

キャラクター画像ミル

今日は妙見さまのお話をしようと思います。ただし、大内氏の氏神としての妙見さまではなくして、世間一般の(?)妙見さまについてだよ。

道教との習合神?

妙見菩薩、もしくは、妙見、妙見さまなどのお名前で調べても、ほとんどの宗教辞典に載っていません。そもそも、神様なのか、仏様なのか、どっちなのかわからない。

神様系辞典類で調べる場合は「天御中主神」として調べるしかありませんが、そこには当然、天御中主神さまの説明文が載っているだけです……。

どうやら密教の神様(仏様?)みたいで、密教系のマニュアル本でやっと調べることができました。

しかし、なんとそこには「素性がイマイチわからない」みたいな説明が。

大内氏の氏神としての説明文には、妙見さまは北辰、つまり北極星の神だとちゃんと書いてあるのにね。

なにゆえに、素性がよくわからないのか、というと、この神様(仏様?)は、日本に入ってきたとき、すでに道教の神様と習合していたからだといいます。

習合という現象は、日本だけではなく、世界中にあるのですね。

道教の北辰(北極紫微大帝)信仰と習合している、というのですが、そんなこと言われても? ですよね。

やむを得ず、道教系の辞典を調べてみると、「妙見信仰」なる項目がありましたが、単に、北極星に対する信仰、としか書いてありませんでした。さらに、そこには密教系のものである、と書かれておりました。

そこで、ついで『密教大辞典』を調べてみると、ようやく載っていた!

北極星の神格化したもので、星の中の最尊、神仙中の神仙、菩薩の大将というが、実相は天部に属す。
法蔵館『密教大辞典』

五郎

まさか、これで説明終わりじゃないよな? そもそも意味わかんない。

ミル

あとは、お姿の説明だけど挿絵見たほうが早いし、これ以上のことは載ってないよ。

『中世神道入門』というご本にそこそこ長い記述があったのが、唯一のものです。そこから学んだことをまとめておきたいと思います。

妙見信仰とは?

星神信仰の一種で、北極星、北斗七星を神格化して「妙見菩薩」としてお祭りすることを、妙見信仰といいます。先祖伝説では「北辰」っていいますけど、北辰 = 北極星ですので、下松の鼎の松に降ってきた北辰をお祭りしたのが、文字通り「妙見信仰」である、ということになりますね。

妙見さまの功徳

国家鎮護、災厄除去、長寿延命

氏神として信仰するにあたっては「国家鎮護」の神様であることが重要です。一国の主として法会を行うとなれば、国家鎮護(ここでいう国家は守護領国ってことになりますが)が大事だからです。妙見菩薩さまのお力で、分国の安定と平和が守られていたのですね。

北極星信仰の起源

古代の日本人には、星を見て方角を知るような習慣があまりありませんでした。星空を見上げて現在地を知るようなことは、遊牧民族や航海を行う民族などの特徴です。ですが、やがて中国、朝鮮半島を通って日本にもそのような習慣が輸入されると、とたんに大流行しました。

習合の流れ

メソポタミアの古代遊牧民などの北極星信仰が中国にもたらされ、儒教や道教などの固有の宗教と習合することで、北辰北斗信仰となります。北辰が北極星であることはもう説明不要ですが、北斗は北斗七星の略です。

北辰は宇宙の最高神とされ、仏教、特に密教と習合していきました。「北辰 = 妙見」となるわけですが、「妙見」という名前のルーツについては、今のところ、答えを見つけることができていません。

日本における妙見信仰

日本に妙見信仰がもたらされたのは、奈良時代のことだといわれています。この時はまだ、中国における、道教と習合したかたちの信仰をそのまま輸入した感じでした。日本で密教が盛んになっていくと、日本独自の「妙見菩薩」信仰として確立していきます。

北斗法:北斗七星を供養し、延命を祈願する。
妙見法:妙見菩薩を供養し、国難の消滅を祈願する(真言宗)
尊星王法:真言宗の妙見法に同じ(天台宗寺門派)

このような密教の祈祷はやがて院政の主や幕府の将軍などが、主要寺院で行う限定的なものとなっていきました。

ミル

山門派でも北斗法は行われているよ

武士階級と妙見信仰

北斗七星の七番目の星「破軍星」から、妙見菩薩を「軍神」としてあやかる氏族が多く存在しました。

千葉氏、秩父氏、相馬氏などが有名です。これらの一族の人たちが、各地に勧請することで、さらに信仰が広まっていきました。

五郎

何なんだよ、こいつら? 妙見大菩薩は多々良氏の神なのに……。

ミル

仕方ないよ。たくさん信仰している人がいたら、有名なところから紹介されていくのが世の習い……

五郎

俺たちが有名ではないとでも?

妙見菩薩の姿

菩薩、童子、武将などさまざまな姿で描かれる。持ち物は蓮華や剣。

龍や亀、亀蛇に乗っていることが多い。

大内庭園オリジナル妙見菩薩さま画像

妙見菩薩イメージ画像

この庭園では、亀の上に乗っておられること、武将の姿で描かれることがある、という二点だけを採用して新進気鋭のイラストレーターさま・アイカワサンさまに作画をご依頼しました。大内氏の年中行事の中で、最も重要かつ、神聖なものに、二月会がありますが、そこでは、次世代の大内家当主を誰にするのか、ということを家臣、領民たちの前でアピールするというイベントがありました(二月会について詳しくは場を改めて)。その時、見ている人々は、跡継と定められた若子さまには、妙見菩薩さまがご降臨なさったものと認識されるような側面があります。

つまりは、一瞬ですが、新介さまは妙見菩薩さまと同一視されるので、ここで妙見菩薩さまの画像が不細工だったりしたら、法泉寺さまや凌雲寺さまのような麗しい若様にふさわしくないのです。ということで、ご制作にあたっては跡継宣言時に美男子だった当主様に一瞬乗り移られることを考慮して、イケメン画像としてください、とお願いしました(史料的根拠なし)。というようなわけで、世界に二つとない麗しい妙見菩薩さまの画像が完成しました。法泉寺さまと凌雲寺さま限定ですので、それ以外の、どうでもいい当主とは無関係です。

現代の妙見信仰

廃仏毀釈ののち、習合神的性格が強かった仏神としての妙見を祭っていた神社は、祭神を「天御中主神」、社名も「星宮」などと改めている。

現在も妙見菩薩を祭っている神社として有名なものには、秩父神社、千葉神社などがある。

五郎

車塚にも妙見社あるのに。でも、祭神はたしかに、天御中主神さまになってた。だから秩父や千葉みたいに有名になれないのか。

参照文献:『中世神道入門』、『密教大辞典』

-TRAVEL GUIDE