山口県の旅:第三日(3月3日)~山口市内~

もはや、「素人旅日記」についてはノータッチだよ。
こういうページがサイト自体の評価を押し下げる?
まあ、そこまでこだわるほどの人気サイトではないので、まったりでいいよ。
え? 鶴ちゃんが育ってる? へへへ。ここは、留守居役筆頭として、シリアスで行こうじゃんか。

A.I.さんやSさんは、まったりと構えていらっしゃいますが、せせこましい私は焦ることこの上ない……。何しろ、「行きたいですぅ」のスポットでまだ行けてないところは山とございます。回り切れるのだろうか……かなり不安です。

取り敢えず、最初に「雪舟庭園」については、時間がなければパスしてかまいません、という条件をご提示してありました。結論から申し上げると、お時間足りなくて、行けませんでした。まあ、雪舟様に関心があるわけでもないので、ここらは適当に書物で確認し、作品については、近場で美術展でも行われたら見て置けばよいでしょう。

さて、本日お迎えに来てくださったO様は、とんでもない博識。どうでもいい観光客は、適当に知ったかぶりでネット由来の歴史ネタなどを披露しては絶対にダメです。恥をかきます。

歴史的な知識から、現代の山口県の話題まで、学ぶことばかり。後に、今回の旅行で得た知識を忘れてしまった反省から、つぎの旅行ではボイスレコーダーを用意したわたくしです。しかし、残念ながら、この日は間に合わなかったです(-_-;)一生の不覚……。できたら、もう一度、O様の講義を拝聴したい……。

さて、雪舟庭園以外は、ほぼすべての史跡を網羅できました。とんでもない大収穫でありました。何やら、ゆっくりと史跡を味わうというよりも、スタンプラリーのごとく、言った証拠の立て看板を撮影しただけのようになってしまった感が拭いされないのですが( ̄▽ ̄;)!! そ、それでも、やはり、とにかく「行ってみる」ことは大切です。

次回訪れる時は、今回の経験を生かして、お気に入りの場所をゆっくりと回りたいと思います。その際には、神社の構造ですとか、お寺の造りなんかの、いわゆる寺巡り・神社巡りの方が、当然ご存知の知識を、寺マニア・神社マニアではないわたくしとても、一応は最低限押さえておかなくてはo(*⌒O⌒)b

寺院

広沢寺

本日の最初の訪問スポットがここでした。
ここらでようやく気付いたのですが、重要文化財を見るには、拝観料が必要だったりします。これまで、ずっと無料で来ていたのは、これらの文化財を看板だけで見ていないからでした(-_-;)次の機会に……。

普門寺

こちらには、「大内弘直さんの墓」がございました。

宝泉寺

我らが花将軍様の菩提寺ですが……。今は廃墟となっております……。跡地に墓地と伝えられるものがございますが……。ご本人のお耳に入ったら怖いので、そっと立ち去りましょう……合掌。

洞春寺

国清寺、観音寺という二つの寺がここにまとまっていますね。いわゆる、移築&名前変更。ダブルです。

龍福寺

ここには、大内氏館跡、義興様像、龍福寺本堂雲谷庵と、見るものは多いのですが。心中は複雑だ……。この銅像だけど……似てないよ( 一一)

清水寺

観音堂は政弘様が建てたといわれているそうです。山門には金剛力士像が安置されているそうな。

瀧塔山・龍蔵寺

こちらO様にご推薦いただいたスポット。見所たっぷりです。今回山口で初めて拝観料払いました~。元は取れるし、お釣りもきますので、ぜひに。

興隆寺

大内関係者でここ行かない人、モグリだよね( 一一)。

闢雲寺

26代盛見さん創建。現在は小早川隆景さんの菩提寺となって、名前も泰雲寺と変わっております。

善生寺

こちらもO様が調べてくださったスポットです~。内藤家の墓所があるとのことでしたが、残念ながら見つけられませんでした。ごめんなさい。

乗福寺

大内弘世さん、琳聖太子さんらの墓(供養塔)あり。

長寿寺

ここは、タクシー運転手様とお別れした後、晩飯だ~とあまりにも日常的過ぎる空間に舞い戻った私のために、コンビニ弁当を買いに行った愛さんが、偶然に見つけたスポットです……。

神社

髙嶺太神宮

現在のお名前は、「山口大神宮」です。義興様が伊勢から神霊を勧請して創建したものなんです。

八坂神社

重要文化財。24代弘世さんが京都より勧請したもので、社殿は義興様の再建です(⋈◍>◡<◍)。✧♡
過去の栄光栄華を偲べば虚しさも残るでしょうが、今なお同じ名前で遺されていることで、取り敢えずは満足しなくてはね。⇒「築山館跡」へ

今八幡宮

政弘様が山口の鎮守とお定めになったそうです。「大内氏崇敬の神社」とあります。最寄りバス停「自衛隊前」ってどこ(゚ー゚*?)?

仁壁神社

さて、五社詣もまだ続いております。ここは、周防三の宮。大内家では8月の大祭に当主自ら参拝しましたそうでありやす。

ちなみに……五社詣をマジに再現するとなれば、タクシー使用のズルい手段ならともかくとして、ほぼ一日かかるくらいたいへんだそうです(-_-;)
半日くらい、ってA.I.さんが嘘を書いていたけれども、直して置かないと申し訳ないですよね。ごめんなさい。

古熊神社

24代弘世さんが京都の北野天神を勧請して建立した古社だそうで。

そのほか

香山公園

山口来たら取り敢えずここ。瑠璃光寺です。ここは、元々が瑠璃光寺という名前ではありませんでした。香積寺といって、萩に移築されたそうで。現在もそこにあるのかは、萩に行っておりませんので不明です。ただ、有名な五重塔だけは元の場所に残っています。
でもって。じゃあ、瑠璃光寺ってのは何なんだ? と言えば、弘護様たちのお父上、弘房様の菩提寺で、元々は他の場所にあったものをここに移してきたんですよ。
つまり、元あった香積寺は萩へ、他所からあった瑠璃光寺がここへ。でもって、五重塔だけはそのまんまということになってます。ちなみに、これらの「移築事業」を行ったのは毛利家です。
まあ、取り敢えず、観光客的には深入りせずにスルーです。綺麗ですね。五重塔。こちらで、わたくしもそれなりの写真を撮っております。なぜというに、手前の池が波立っていないという、とんでもなくラッキーな現場に行き会ったのです。地元の方のお話ですと、たいてい風などによって水面が波立っておりますので、池に映る五重塔を撮影できるタイミングってなかなか出逢えないそうなんです。
運よく、そんなラッキーなタイミングに遭遇したわたくしですが、いかんせん、撮影の技術がイマイチな上、機種もスマホであるという……。結局、五重塔はプロにお任せということで、資料館様のポストカードを購入。こちらのサイトに写真を上げても? と伺ったところ、ご快諾を頂戴しました。それで、ヘッダー画像が上のようになったんですよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
撮影した方のお名前ではなく、資料館様の名前を明記してくれれば、自由に使ってかまいませんと。宣伝にもなりますしね、って仰ったのですが、ここでは宣伝効果はゼロです。ごめんなさい。

築山館

ここも廃墟に……。荒城の月ならぬ、廃墟館の昼間でした。

西門

メインのスマホがダウンして充電していただいている間に、サブで撮影したものなので、そのタイミングが分からず。調査中ですので、前後するかもしれませんが、恐らくは、龍福寺の直後ではないかと思われます。大内氏館跡の西門です。

いやぁ、本当にボリュームたっぷりの一日でした。O様、長時間にわたり、本当にありがとうございました。リクエストにないところで、重要な場所にもお立ち寄りくださり、もうもう、何とお礼申し上げたら良いのか……( ノД`)

お疲れ様でございました。

ライターS.A.
リニューアル前公開日: 2020年3月22日 11:48

かなり混乱したみたいだね。じつは、スマホで撮影した写真には日付と時間でタイトルがつくので、行った順番などは簡単に調べることができるんだよ。あてにならない記憶より、ずっと正確(笑)
例えば……龍蔵寺は前の日に訪問してたんだよ。敢えて直していないけどね。
確か、ここにもかなりの分量のチャットがあったはず。それから、以前はすべての写真をベタベタと貼り付ける方式だったけど、それはGALLERYサイトを作ることで分けてしまったから、ここは本当に空っぽだ。