鶴岡八幡宮 ~鶴ちゃん相模国へ・其の参~

Name
たまには僕が先頭に来てもいいよね? 妖怪扱いされて腹が立つ……。
今日は鎌倉幕府の開かれていたところ、「鎌倉」に来ている。
Name
どくのだ、妖怪!!
ここは鶴ちゃんのスペースである。

じつはよく分らなかったりするので、まずはホームページ……。
って思ったら、この公式サイトが凄まじいボリュームだった。
(アピールが半端ない豪勢な作り。表示速度どんだけ重いんだろう?
って思ったら案の定、モバイル真っ赤の『30』……。
モバイルファーストな検索エンジンからは嫌われ度高そうなのに、検索順位は堂々の第一位。当たり前だよね。これ以上ないほどの権威あるページだもん。
僕たちのサイトがモバイルで『45』しか出ないせいで弾かれてるのとは扱いが違う。
むろん、弾かれている理由を表示速度のせいにはしていないけど)。

Name
何やら妖怪が愚痴ってるけど↑ 。先へ進むよ。

 

始まりは、鎌倉幕府を築いた源頼朝公の祖先源頼義が、京都の石清水八幡宮を勧請(神様の御分霊を他の地に還し祀ること)したことです。
公式サイト:https://www.hachimangu.or.jp/

Name
……。
Name
お、於児丸じゃないか。そう言えば……お前らは源氏。つまり……。この神社はお前らの先祖と関係がありそうだな? 残念ながら、応仁の乱の系図では確認できなかったが。

 

「八幡宮」はどこにでもあるよね。
ホームページからの受け売りですが、全国に四万以上あるという。
なるほど「源氏の氏神」なのだな。
ということは……?
庭園に住み着いた(?)あれらの足利なんたらたちの先祖は、鎌倉時代にはここを信仰してたんだな。
我々の地元にも八幡宮は大量にあるが。
氏神は「妙見大菩薩」様、氏寺は「興隆寺」だからな。

とはいえ、武門の神様ってイメージだから、別に源氏じゃなくてもお参りできるよね?

石段がけっこうある。花岡八幡宮を思い出した。
でも、エコノミーな鶴ちゃんはここから引き返した。
源平池の鯉と、境内の鳩に餌をやってからね。
ここの鯉、凄まじいのよ。
何がって? 人影を見ると集まってくる。口開けて……。
食われるかと思った( ・_・;)

観光客が大勢いて、皆が餌をくれるから、人影への反応が半端ない。
人影に怯えるかのように散っていく、漢陽寺の鯉と比較してしまった。

Name
我が分国のものは、鯉一匹でさえ、奥ゆかしいのだ。
Name
げっ、なんでここに? そう言えば、さっき於児丸がいたことも謎だ……。妖怪だけじゃなく、全員瞬間移動してんの? 鶴ちゃん、きちんと新幹線で来たのに……。
Name
俺のダチって、見かけによらずエコノミーなんだよな。
普通、ここまで来るのって「飛行機」使うだろ?
今日日、新幹線は古いっての。
俺みたく、河内にいりゃ別だけど。
首都圏から来た素人観光客、あいつらも全員飛行機だったぜ。
そうじゃなきゃ、なんで山口宇部空港の解説とかやってんのよ?
(そもそも、新幹線がエコノミーかどうかも、俺分んないけど。交通費を倹約するより、時間を節約しろってことが言いたいわけ)

鎌倉には由緒ある寺社が大量にあるけど……。
残念なことに、世界遺産として認められていない。
厳島神社と比べると、ここもなんか艶っぽくないと感じられるのはそのせいかな?
世界遺産に登録される=すごい神社である、とは特に思わないけど。
単なる地元愛だね~(←安芸国は大内領)。
神社単体ではなく、鎌倉という武家政治発祥の地を遺産登録しようという働きかけが、世界遺産登録を許可してくれるところに認めてもらえなかったんだと。
何やらのガイジンたちの組織に認められずとも、気にするな。
信仰する気持ちさえあれば、どこの社もすべて君の大切な遺産である。
以上は、五百年前の民からの感想文であり、他意はございません。