亀童丸&鶴寿丸 イマドキ防長見て歩き

父上に頼まれて、イマドキの民の営みを見に行くことになったよ。楽しみだなぁ。勿論、鶴も一緒だよ。

面倒だなぁ……。まあ、館で坊主の講義を受けているよりはマシか……。

鶴ったら、なに仏頂面してんの? 早く行こうよ~♪ あ、そうそう、写真館のほうでガイドしている記事もあるので、そっちも見てね。

同じ内容で別のトコに書いていると、検索エンジンとかいう野郎に重複してるって怒られるんだってさ。俺、SEOとかいうのよく分かんないけど。そもそも、広告も貼ってないここを宣伝する必要性もないけどな。ん? 子どものくせに、ひねくれていて、自虐的? 俺って、年の割には、人生経験豊富なのさ。ふっ。

写真館・下関観光編
※写真館整理中です※

ふぐと言えば、下関~♪ ふぐぐ(むふふ)。ん? 写真館に写真を提供したのはこの俺ね。あああ、でも、撮影したのは、「配下」の三人の女。予算の関係で素人を雇ったからデキがイマイチなんだよ。庭園の主にバレたら命ないかも……。

投稿日: 2020年8月25日 11:22
最終更新日:現在の「投稿日」日時。

元々、写真館では、「童の遠足」として、亀童丸と鶴寿丸にイマドキの観光スポットの案内を担当させておりました。現在は、写真館は文字通りの写真置き場となっており、読み物はまったくありません(一部残っておりますが、消えます)。
そのかわり、亀と鶴のやり取りをメインサイトに持ってきました。
なお、亀と鶴は時空を飛び越えている関係で、イマドキの民である我々とは、少々観点がズレております。念のため。

観光案内は内容が古くなっていることもあるので、ご訪問時には必ず自治体サイト様にて、最新の情報をご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ズレてる、ってなんなんだよ……

鶴は何を怒ってるのかな……要するに、「じちたいさいと」って人に聞きに行けばいいんでしょ?

お世話になったサイト様へのリンクバナー集は別掲です。
(なお、掲載許可を頂戴した寺社様公式ホームページについては、各関連個所に添付させていただいております)。

この場を借りて、心より御礼申し上げます。

参照させていただいたのは、観光スポットの現住所、撮影した写真がどの建物にあたるかの確認、などです。
基本、これ以外のwebメディアは参照しておりません。
記述に何らかの誤りがあるとすれば、管理者の知識不足が招いた誤解であり、掲載サイト様とは無関係です。

また、頻繁に確認をしているわけではないので、掲載サイト様のリンクが変更された、市町村合併などにより情報が更新されているのにこちらには反映されていない、など対応しきれていない可能性がございます。
ご旅行の前には、必ず最新の情報をチェックするよう、お願いします。

お世話になりました!!

ま、俺たちのいい加減な説明と下手くそな写真じゃなく、そういうきちんとしたサイトを見てくれよな……。