陶隆房イメージ画像

 隆房は迷っていた。敷山家からの話に乗るべきか。それとも、断るべきか。普通に考えれば、これは美味すぎる話である。有川家の大軍からは守ってもらえるし(期せずして、元主君・大内義隆と同じ事を考えていた……)、周防・長門の地はもらえる。そして、戦馬鹿・有川昌興の下でこき使われる必要もなくなる(だが、今度はもう一人の戦馬鹿・敷山隆邦の下で平伏することになるであろうことについてはまだ、思いが至っていない……)。そして、恐らく、敷山家が有川家を滅ぼした後は、千寿を手に入れることもできる。
 しかし、もしも、敷山家と有川家の一大決戦となったら、お互いにお互いをつぶし合うのだから、敷山家が勝利したならば、有川家の一門である千寿もお家と運命を共にすることになるのでは? これは問題だ。
 何とかして、「寝返り」の前に千寿を逃がさなければ。いや、そうすれば、二つの「きかい」が敷山家に集まることになるから、天下統一はより容易く……。そこまで考えると、また、話は振り出しに戻ってしまう。
 千寿が手元にいれば、きかいをもっているのは自分だから、有川家は勿論、敷山家とて恐るるに足らない。が、きかいときかいの激突には終わりがない。つまり、どちらにつこうが、独立しようが、結局同じ事なのだ。
 そして、その、迷惑な二つ目のきかいを持っているのは、例の高祖帯刀だ。つまり、名前を思い出すのも気分が悪いこの男が「一門衆」になっている家になど、つくわけにはいかない……。

 しかし、ここを我慢すれば、少なくとも命だけは繋がる。訳の分らないきかい対きかいの争いに巻き込まれることなく、対岸の火事を決め込むことができる。何故ならば、千寿は隆房の配下の城に手を加えることは「多分」ないからだ。
 千寿の事を思うと、また、腹が立った。「家臣の家臣にはならぬ」などと。

 そのとき、ふいに隆房の耳元で千寿の声が聞こえた。「たとえ、何を言おうとも、隆房様の味方だから。信じてね」と。
 周囲を見回したが、勿論、姿はない。しかし、そう言えば、別れる間際に、千寿はそのようなことを言っていた……。
 頭に血が上ったままだった隆房は、ここへ来て、急に冷静になった。
 千寿が昌興の元へ帰って行ったのは、何か意味があるのに違いない。もしかしたら、それは他ならぬ隆房のためと言うことか?
 既に内藤家から妻子が若山へ戻っていた。もはや、千寿との悪ふざけはできない。あの稚児姿が見納めとなってしまったのはいかんともしがたいが、ここは我慢するとして、あの神がかり的な聡明さは手放すに惜しい人材ではないか。
 そもそも、有川昌興はただの戦馬鹿。あの家は弟・昌典の政治的手腕で回っている。そこへ、千寿の頭脳が加わるのだ(そして、ゲーム機も)。あの三兄弟を一カ所にまとめてしまうのはどうかと思う。
 それに引き換え、陶家にはこの隆房以外まともな人材がおらぬではないか。天下国家を論じる前に先ずは人材だ。しかし、悲しいかな、もはや千寿がいないから「人材登用」術は使えないし、そもそもいたとしても、「共鳴」のせいで、ゲーム機は役に立たない。
 そう言えば……隆房は更に考える。敷山家には有川家ほどの人材がいない。敷山一門は全員がただの戦馬鹿。その中で唯一まともなのがあの高祖隆久だ。しかし、どう考えても「あの程度」の雑魚。有川家の下二人の兄弟には遠く及ばない。
 天下を取るのは敷山家などではないわ。この陶家だ。
「どうして、ここでそうなるかなぁ?」また千寿の声がした。
 全く、この城は呪われているのだろうか? 居もしない妖の声がこだまする。
 結局、「あの男=高祖帯刀」一人を我慢して先ずは敷山家につき、有川家を滅ぼした後、千寿を取り返して、もう一度独立すれば良いではないか。
 ふむ。これならば、なんの問題もない。兎に角、今は有川家の領国の中に埋もれているから、この状態をなんとかしなければ危険である。
 何のかんの言って、隆房はもう一度、高祖隆久と会っていた。