有川昌興イメージ画像
 さて、一方の有川家では、夜を徹して評定の最中であった。
 そこには、何故か、陶隆房の姿もあった。千寿に頼まれ、事の次第を説明するために、例の木戸経由でやってきたのである。
 隆房の話はこうだ。すでに、隆房自身と、櫛崎城の青景隆著は大内家からの造反を決意しており、指月城の内藤興盛には二人の造反を黙認して欲しいと依頼してあった。内藤家からの返事はまだないが、興盛の孫娘が隆房の妻であったし、元々やる気がなさ過ぎる義隆に嫌気がさしているから、造反まで行かずとも、命を張って主君を守る気などさらさらないはずだ。
 そして、大内家から離反するにあたって、有川家が一番気になるのは、人質になっている千寿だが、それについては、怪しげな南蛮人と間抜けな相良武任を仲間に引き入れて義隆を騙し、半日の帰国が許される手筈だ。
 万が一、しくじった場合でも、勝手に例の木戸を使って逃げ出すことが出来るので心配はいらない。ただ、正々堂々帰国することが叶った場合と比べると、大内側により早く造反の企みを知られることになるので、多少やりにくくなるかもしれない。
 後は大内の配下にある毛利家と、同盟国である大友家についてだが、毛利とは千寿が交渉中。大友についは根回しが間に合わなかったが、海を渡って援軍を派遣するには時間がかかるから、電光石火で山口館を落としてしまえば問題ない。
 最後に、山口館だが、ここは周知の通り謎の平安貴族をやっているから、頼みの綱である隆房や有川家の援助がなければ、まともな戦など出来ない状態。何やら、聞いていると、これまで誰も造反しないでいたことが不思議なくらい馬鹿馬鹿しい気がする。

 しかし、考えてみれば、何もかもが、例の空から降って来た山田のお陰であった。何故なら、皆がこの大それた計画を実行に移せなかったのは、千寿が義隆の元に囚われていたためだからだ。あの奇妙な木戸のお陰で、千寿は自由の身となれたのである。
 しかし、昌興はなおも、「忠義」の二文字に縛られ、最後の決断を下せずにいた。確かに、戦に関しては現在の太守様は無能であったが、先代はそうではなかったし、親子二代にわたって、大内家を主と仰いできたのだ。それに叛くのは不忠者のそしりを免れぬのではなかろうか……。
「昌興様、どうぞご決断を。我らは既に、子々孫々、有川家に忠節を尽くす覚悟が出来ております」
 隆房はそう言って、昌興の前で平伏した。
 家臣らは、隆房の話に感動した。どうでもいいような戯れ言であったとしても、隆房のような美男に滔々と述べられると、武骨者だらけのこの家の評定衆はそれだけでぼーーとなってしまう。
 そもそも、いつまでも大内家の支配下にあることに、不満を高めていた家臣達の中に、反対を唱える者などいるはずがない。皆、うっとりとこれらの話を聞きながら、それこそ、神様の使いでも見るような目で隆房を見た。南蛮人云々と木戸のことは意味不明であったが、それすらも天啓に違いないと感じたのだった。

 しかし、何もかもが、あまりに急なことであったから、話についていけない者がいた。
「隆房殿の話は分かった。しかし、すべてをこの場で信用しろと言われてもこまりますな」
 千寿の兄にして、昌興の弟、つまり三人兄弟の真ん中にあたる、次男の昌典だ。
 お人よしの兄と違い、疑り深く、義理人情の世界とは無縁の者だ。どうやら学問のやりすぎで、妙な策士が出来上がってしまった。まずいことには、例の捏造者は、何を思ったのか、とてつもなく高い忠誠値を入力してしまっていたので、同じ一門でありながら造反フラグが立っている、と山田いや鷲塚が説明していた人物である。
 特に、この昌典は隆房を異常なまでに敵視していた。思うに、相良にせよ、昌典にせよ、虫が好かない相手というのはもうどうしようもなく、なぜか隆房にはそのような敵が多い。まあ、それは、本人にも責任があり、いかんともしがたいのだが。
 しかし、相良のようなネズミ妖怪はともかく、昌典は美男であった。何故というに、生母は陶家の出身であったから、二人は従兄弟どうしであり、その容貌はどことなく隆房に似ていた。しかし、こちらには妖艶さはかけらもなく、普通に容姿端麗なだけだ。そして、どこか腹黒い雰囲気が漂っている。