千寿イメージ画像
 未来から来た男・山田からゲーム機を手に入れた千寿は、自室の中であれこれいじくって遊んでいた。考えてみたらまだ十三才。そう、中一ですわな。世が世なら、それこそゲームに浸っている年齢なのであります。
 それなのに、この館では、何もかも窮屈な事ばかり。礼儀作法は全て公家流に則っているから、太守様から「宇部の田舎者」などと軽蔑されている一族の生まれでは、分からぬ事だらけ。しかも、あろう事か、お家は太守様に馬鹿にされている一方で、なぜだか知らぬが目の敵にもされていた。
 ある年、兄の昌興が年賀の挨拶に山口館を訪れた際、太守様の命令で千寿を伴っていた。その場で、殿様のお目に留まると、もう宇部に帰ることは許されず、千寿は山口館の住人となったのだった。
 その後も有川家は事あるたびに嫌がらせを受け、挙げ句、「造反の恐れあり」などと目をつけられている。だから、千寿の身分は「人質」であって、もしも、兄が嫌がらせに耐えかねて叛旗を翻せば、真っ先に斬り殺される定めであった。
 先年、同じく大内家に従属している毛利家が、尼子家の侵攻を受けて救援を求めてきた。表向きは、陶隆房が率いる援軍が尼子家を撃退したことになっているが、実際には最も多くの兵力を提供し、一番の貢献をしたのは、有川家であった。
 他にも、あれやこれやの小競り合いの度に、援軍を要請され、酷い時には大変な損害を被った。しかし、それも臣従先の命令とあれば逆らう事も、愚痴の一つをこぼすことも許されぬのであった。
 まずいことに、当主の昌興は武勇防長随一などと謂われる戦上手であったし、配下の武将も悉くが武勇に秀でた猛将揃いであったため、何かあれば真っ先にかり出されると決まっていた。そして、そのような、恐ろしい一族が山口館の隣に陣取っていることが、太守様の目ざわりとなっていることも、まあ、理解できぬことではない。
 しかし、昌興は義理堅い人柄であったから、一々そんな細かいことで、主である太守様に腹を立てることもなかったし、第一、千寿の事があるから、弟を見殺しにしてまで殿様に弓を引くはずはないのであった。
 だが、当主はそうでも、家臣は違う。家中では、いつまでもこの無能な太守様の下で平伏恭順し続ける昌興への不満が日増しに強くなっていた。それも当然である。例の捏造によって、有川家の国力はとうに大内家を凌ぐ勢いであったから、このまま宇部の城一つで大人しくしているような身分ではないのだ。家臣たちからの苦情と主への忠誠との間で板挟みになった昌興は苦渋の決断を迫られていた。

 未来から来た山田なる人物は、千寿の置かれた身分に同情し、まあ、お宝が目当てだったとは思うが、いつでもこの館から逃げ出せるように、最高のプレゼントを残してくれた。
 それが例の雲外門である。「門」などと言いつつ、実際には何の変哲もない木戸だが。山田はあれらの木戸に、一つにつき通れるのは三人まで、という条件をつけ、そのように設定して行った。殿様は大喜びで、すべての門に自分と千寿とを登録してもらった。
 そして、最後の三人目についてはじっくり考えて決めたかったから、山田が去った後、千寿がかわりに登録を行った。まずは、親戚の石見の吉見家に木戸を設置し、当主の吉見正頼を登録した。そして、二箇所目は重臣・内藤興盛の城に設置し、興盛を登録。更に、お気に入りの陶隆房が住む若山城にも設置。当然隆房を登録。
 聡明過ぎる千寿および、聡明なる読者諸氏にはもう、大方の事情が飲み込めた事と思う。そう、それぞれ三名ごとしか登録出来ないこの門の設定では、自由自在に全ての木戸と木戸とを行き来できるのは、殿様と千寿の二名だけなのである。