大林寺(山口市)

大林寺 (2)

大林寺・基本情報

住所 〒753-0061 山口市朝倉町3−14 大林寺
電話 083-922-7264
最寄り駅
山号・寺号・本尊 岩戸山・大林寺・十一面観音
宗派 曹洞宗

大林寺・歴史


大林寺は兄弟山の西南麓、朝倉八幡宮の東隣にある。

宝永元年(1704)、萩藩毛利家家臣、朝倉村の領主・十二代完道就晴が、荒廃していた吉敷郡小俣村の楞厳寺の堂宇を父・完道式部就旨の菩提寺「大林寺」として再興したもの。寺名は父の法名「一真院殿大林宗槐居士」からとり、本寺である萩亨德寺・三江祖元大和尚を招請して中興開山した。
完道就旨が死亡したのは貞享三年(1686)12月4日(70歳)のことで、墓地は萩城内洞春寺にあったが、宝永元年(1704)に大林寺に改葬し、開基とした。

昭和4年8月、本堂庫裡からの出火で御本尊を除く全て消失。
その後本堂・位牌堂・庫裡を改築したが、急拠の廃寺材で再興したため、 老朽化 が激しかった。
平成9年、庫裡を改築、平成26年5月、本堂・客殿等を改築し現在に至る。

大林寺・みどころ

観音堂


大内氏時代、高嶺・岩戶平にあった観音堂を、大林寺の開山と共にこの地に降ろしてきたもの。

御本尊は十一面観音で県の指定有形文化財とされ、三十三年に一度の御開帳となっている。

大林寺は防州三十三番札所の一つ、三十弐番の札所。

本堂

大林寺写真集