陶隆房イメージ画像

約定

 どこまでも続く深い闇の中で、我は一人彷徨っていた。
 その先にぼんやりと人影のようなものが見える。この、光が差さぬ暗闇の中で、それはゆらゆらと揺れるように、蠢いていた。近づくにつれ、それが艶やかな公家装束の稚児と知れる。そして、よく見知ったその顔が朗らかに笑う。光でも放っているのか、千寿の姿は闇の中に浮かび、我を手招きしている。
 我は、それに、引き寄せられるかのごとく近づいて行き、やがて互いを隔てる距離は次第に短くなった。
「五郎様、一体いつまで待たせるの? あいつを殺して、って言ったよね?」
 久々に、愛しいその身を我が腕の中に納め、その恐ろしい恨み事を聞く。
「花見の宴はもうすぐだよ……間に合うの?」
 主を殺す、と千寿は言った。それを、止めろ、と我はいさめた。主を殺すのがいけないのではない。自らその手を汚さずとも、我が仕留める、と。その刻限はつぎの花見の宴がもよおされるまで。
「待っているよ。きっとだからね」
 そう言って、千寿の姿はふっと消えた。まるで妖のようであった。
「待て……」
 暗がりの中には、もう何も見えない。残るのは、ただただ、闇ばかりである。
「どうかなさいました?」
 脇で横になっていた妻が声をかけてきた。
 我らは床の中で、睦言を交わしていたのである。
「何やらうなされておいでのようでしたが……」
「いや、大事ない」
 まさか、主が寵愛する童子のことを夢に見た、とは言えぬ。
 妻は重鎮・内藤興盛の孫娘。名門同士の婚姻であった。生まれてくる子は、まぎれもない高貴な血筋。我が将来には何の憂いもない。
 しかし、千寿との約束が、耳の中でこだまする。
——ねえ、あいつを殺しちゃおうよ。
——もしも、約定を違えたら、千寿は永遠に取り戻せないよ。
 夢の中で、千寿は毎晩のように、我が腕をすり抜けて行った。未だに「約定」を果たせておらぬから、あれ以来、会う事が叶わない。
 年の瀬が近付く頃。つぎの花見の宴までは、事を起こすには足りぬが、それまで、千寿に会えぬとなれば、余りにも長すぎる時間であった。
——二人が会うには、あいつは邪魔なだけでしょ?
 しかし、弑逆の大罪などそう容易く行えるものではない。未だに、何一つ、準備は整っていない。いや、そもそも「その気がない」というのが正直なところか。憎んでおり、邪魔ではあったが、まさか主を手にかけるなど……。
 だが、千寿を失いたくはない。そのためには、願いを聞き届けてやるしかないのだが。 主を手にかけずとも、千寿を我がものとすることはできぬだろうか?
 我はそんな都合の良いことを考える。
「恩賞下賜」
 その四文字が目の前にちらついた。
 主は「恩賞」として、「何でも望みの物を与える」という約定を、安易に連発する。たいていは、公家を招いての宴席などで、お気に入りの取り巻きたちに渡し、あるいは、名だたる重臣らにばらまかれる。
 だが、時に戦の前など、手柄をたてたら「何でも」望みの物を、と評定の席でも平気で口にした。大切なのは、宴席にしろ、評定にしろ、多数の者がその言葉を聞き、この「約定」の証人となってしまうという点だ。
 西国一の大大名家の主として、多数の家臣の面前で、一旦口にしたことを、反古にはできない。そう、これを利用して、千寿を「下賜」させる。そうすれば、弑逆の罪を犯さずとも、千寿を手に入れる事ができるではないか。
 父の死により、十九で家督を継ぎ、この若山の城主となるまで、主の寵愛を得ていたのはこの隆房だ。さすがに寝所のことはもうなかったが、あの男は金銀財宝を下賜し、必死にその心を繋ぎ止めようとしていた。
 我が御前を去るのと入れ違いに、千寿がその役に就いた。すると、今度はそれらの財宝の山は、すべて千寿のもとに下賜されるようになった。家宝だけではない。御前を離れることなどないのに、山口城下に豪勢な屋敷を賜り、家来や下働きまで数えきれぬほどの人手もつけられていた。千寿の兄も、重く取り立てられたし、名ばかりとは言え、官位すら与えられる始末。
 恐らく、この寵愛ぶりは、当時の我のそれを凌ぐほどであろう。だから、目下主のお気に入り筆頭の文官・相良武任のような男まで、主の寵愛第一の小姓に媚びへつらっている。
 残念ながら、主がこれほどまでに寵愛する千寿を、手放すとはとうてい思えない。しかし、戦の一つでもあったなら、恩賞下賜の約束を取りつけることができるはず。ちょうどいい塩梅に、山陰を統一して南下の動きを示す尼子家との間には戦が絶えない。その機会はいくらでもある。
 我らが大内家は尼子家の安芸頭崎城を攻めること数年に及んでいたが、当初、九州で少弐家とも交戦中であったことから、主軍を九州に置いていた当家は苦戦を強いられ、未だ決着がついていない。
 公家趣味の主は、朝廷から与えられる「官職」に異常な程に執着し、凄まじい勢いで「寄進」を繰り返していたから、大宰大弐への叙任に関しては、朝廷に途方もない額の金銭が流れたという。しかし、そのおかげで九州侵略の「大義名分」を得ることが叶い、六年もかかった九州での戦いもようやく終息し、北九州一帯が大内家によって「平定」された。
 そこで、いい加減に尼子家との小競り合いに終止符を打とうと、主の義隆自ら出陣し、防府に本陣を置いた。天文九(1540)年一月の事であった。
 そう、戦が始まってしまったせいで、その年の花見の宴は行われなかったのである……。約定は「つぎの花見の宴がもよおされるまで」であったから、宴そのものがないのなら、刻限は当然先送りとなるはずだ。陣中にあっては、千寿と会うことは叶わぬから、その意を確かめる術はなかったが。
 その後大内軍の本陣は岩国に移されたが、我は本軍から別れて吉田郡山に向かった。尼子家の侵攻を受けた属国毛利家の救援のため、兵を率いていくことを命じられたのである。
 尼子家は、大内家の援軍を得た毛利家に敗れて撤退し、我らも兵を引いた。安芸の国から尼子家は駆逐され、主はことのほか満足したのだが、一方の我は不服である。主の称賛の言葉など何の足しにもならない。
 そう、「恩賞下賜」の沙汰はなかったのである。