だベログアーカイブ 2020年9月

サイトの統廃合で、古い記事を再掲載することが大流行。
『五郎とミルの部屋』がここに引っ越して来たから、元々そこでやっていた「お知らせ」コーナーはいらなくなった。だけど、そこにも短い間だったけど、歴史も思い出もある。
お知らせ記事は短いし、中身もあまりないので、インデックスさせないことが基本。
だけど、於児丸をマネて俺も全部をまとめてボリュームアップしてみた。
中身は知らないけど、文字数的にはOKな感じだよ。

SITEのボリュームって?

20200905

サイトを分割・整理していたら、ひとつひとつがとってもミニマムになってしまった……。大好きなTCDさんの新しいテーマの宣伝ページを何度も徘徊しつつ、分割ではなく、一まとまりにする方向で、デカいサイトに作り直している自分の姿がチラつく。

元のサイトはゆうに350ページを超えており、中身はとにかくとして、分量的にはペラではなかった。だが、あまりに雑記ブログしすぎていて、まとまりがなかった。
ページ数を増やすために、あれもこれも詰め込みました、的な。
それで、あれこれ分析して、だいたい、三つくらいの内容に別れていたので、新しく別々な三つのサイトにしようと思った。

単純に計算すれば、300ページを三分割でも、一サイトにつき100ページは、コピーするだけで準備が出来そうに思えたのだが。
一つでさえうまくいかなかった運営が、三つに増えて回るはずもなく、混乱した。
それに、単にコピーすればOKではなく、せっかくだから中身にも多少手を加えて……と欲も出た。

いやはや、しかし、こんなペラ状態になってしまうとは。
つまりは、サブディレクトリにして、それぞれを更に三分割したため、全部で九個ものサイトが出来上がっていた。
もはや、天文学的な数字に思える……。

な……俺以外が主役のサイトがある……(怒)

ごめんよ。僕たちはどうせ脇役だ。

ブレない心

20200914-2

話者:宗景


ふむ。
このサイトのタイトル「五郎とミルの部屋」についてだが。

ぱっと見、なんのサイトなのか、わかりません。
時代考証目茶苦茶やし、キャラの人物関係も意味不明
現代のそこらの女が書いているブログでしょ? 妖精なりきりとかキモい。

手厳しい意見が大量に寄せられたようだ。
どうやら、タイトルについてではなく、中身も叩かれているな(笑)

まあ、「ぱっと見、なんのサイトなのか分からん」という意見には俺も賛成だ。
どこかで、きちんとアピールしていれば話は別だが、そのようなページもないしな。
だが、五郎が「ここはミルとのおしゃべりコーナー」だと言っていたから、結局その程度のもの、と思えば腹も立つまい。

最近はやりのSEO的には、完全にズレているが、そもそも、宣伝も何もしていないのだから、「読まれる」ことを意識してはおらぬのだろう。
逆に、人目に触れて、上のような批判が殺到するになったら、別の意味で困るからな。

ん? 上のクレーム? ああ、俺が適当に作って問合せフォームに投げ込んでおいた。
んん?? まずいな。ここには投書箱がないのであった。
すっかり忘れていた……。
最低限必要なものすら設定されていない、ということからも、あやつらが、サイトを「隠そうとしている」ことが分かるな。
何か、人目については困ることを書いているのだとしたら、web上にあげぬほうがよいと思うがな。

結局のところ、自分探しの旅、みたいなものかも知れん。
あれこれと場所を変えながら、随分と長いこと、自分探しをしているようだが……。
ようやく、「住処」を見つけたようだ。

ま、人畜無害なのだから、そっと見逃してくれ。

俺? そうだな、俺も、お前らとは時間軸が違うのだ。
たとえ隣に立っていたとしても、決して出逢うことはない。

見なかったことにしてくれよ。

メンテナンスモードがエンドレスの件

20200914-3

おーい、俺のスマホからこのサイト見れないけど、なして?

うーーん。見えんちゃ。隠しちょるから。

隠す? なして?

なしてなしてってウルサいんだよ、君は。見せたくないから隠しちょるに決まってるでしょ?

せっかく書いたのに、何で隠すんだよ。俺も一生懸命書いたのに(泣)

その時、ミルの手には『SEO××』と書かれたタイトルの本が大量に……。

ちょっと、ちょっと、今はペーパーレスの時代。この手の本は全部電子書籍化されちょるのに、紙の本なんか、買うはずないちゃ。(いつも思うんだけど、僕のほかに、この「地の文」書いている奴、いったい誰なの?)

ふーーん。電子書籍リーダーを操る妖怪だ😜

将来の美男子が変な顔をするのはやめなさい。こら、壊れるから中世のガ……子どもが二十一世紀のデジタル機器をいじらないの‼

21世紀の精密機器を使いこなす、最高にイケてる五郎君😉

絵文字で話すな‼

意味のないページは、のーいんでっくす、もしくは削除して、えすいーおー効果を高めましょう……なんだ、これ? ……もしかして、こいつらが言ってる「意味のない」「薄っぺら」なページって俺たちのことか?

そ、そんなことない……

ひどい、だから、お前はすべてのページを隠してるのか。俺、とっても苦労して、お前のくだらないおしゃべりに付き合ってきたのに……。どうせ、日の目をみないページなら、もう俺、二度と手伝わない。こんな部屋、出て行くからな。

……

だって、本当に自分に自信がないんだもの……。
僕が思うに、別に検索エンジンなんてどうだっていいんだよ。
ここは僕と、五郎(と、ついでに宗景様)だけの大切な空間。
ほかの奴に踏み荒らされたくないの。

それに……ちょっと内職を……。

あれ? ミルがいない……ん?
暫くの間、守護館で文字を書いてくるから待ってて  ミル

? 守護館? あそこへは行けないはずでは……?

妖怪もスマホデビュー

20200917

今日日妖怪も巧みにスマホを操る。
こうしたBLOGなどの記事も、パソコンではなく、スマホで閲覧している人のほうが多かったり。
だから「モバイルファースト」なんて言葉が出来た。

そんなわけで、記事の作成をパソコンでやった場合でも、必ずスマホでも閲覧してページのレイアウトを確認しなくてはならない。

メンテナンスモードが続くここだと、ブックマークしといてスマホからもチラリ、ってことができなくてメンドーだった。
(というよりも、まったくしてなかったのね)

何だよこれ……スマホだと、目茶苦茶じゃないか……(ショック)。

何だと? 君はパソコンから、なぜにスマホ画面の確認ができる?

カスタマイズ画面から、スマホ、タブレットもささっと確認可能。え、まさか、知らなかったとでも?

おわっ、知らなかったよ……

21世紀の妖怪は違う、って威張ってたのに、ダメダメだ~

だから、妖怪ではないっての。いい加減覚えなさい。

……タイトル

はっ、耳に馴染んじゃったからつい……

あーー。美し過ぎるテーマと、美し過ぎるイラストばかり見ていて、愚かにもスマホでも同様に美しいかどうか放置だった。
あまりにも崩壊していた……(泣)。

実はダメダメなのは、デザインだけではないので、文章をいじってたの(無理だけど)。その間に、これほどデザインがイカれちゃってたとは。
ただでさえ子守りでたいへんだというのに、これはまた、何と言うことか。

めんどくさい……。

それよりも、カスタマイズのトコから、スマホとタブレット画面も確認できるって神機能だね。
ん? ほかのテーマでも、皆そうなの?

あああーーホントだ。
何これ? パソコンでダイナミックに展開しすぎてると、スマホ画面すべて大変な事になってる。
そんな、そんな、世の中皆、パソコンオンリーみたいに何やってるか、お前は。
忘れてた、忘れてた……。ひゃっ……。

21世紀から取り残された苔生した妖怪。へへへ。

ちなみに、ここの妖怪が多用している吹き出しも、スマホだとかなりウザい。
それから、ウィジェット類も喜んで大量に追加していると、スマホだと全部下に落ちていくので、スクロールがたいへんだよ。
さらに……カテゴリページなんかを装飾しまくってるけど、ビジュアルに自己陶酔する前にスマホ画面を確認しよう。

ぎゃーー、フォントがデカすぎるーー

こういう(↑)めんどーないことにならぬよう、上に書いた鶴ちゃんのアドバイスを参考に、こっそり確認しておこう。妖怪より遙かに役立つこと語る俺。覚えといてね。

恐るべしランキング機能の仕組み

20200919

話者:陶興昌


恐らく、私の名を知る者は少ないだろう。
このタイトルに誰のアイキャッチを使うべきか、れいの妖怪が相当に悩んでいたが、興明伯父上と、タッチの差で選ばれたのは私だった……。

弟はあれほど有名なのに、なして……?

俺も、まったく知られていないが、気にしてないぞ。

あああ、伯父上……。し、しかし、弟は主を殺し、家を潰した馬鹿者ですよ。そんなことで、全国区になっても家門の恥ではないですか。

ま、俺についての噂も酷いもんだから、何とも言えんな。弟は供養塔のおかげで、お前より有名になったようだが……。って、お前の供養塔は、我が弟の隣にあったはずだよな?

にもかかわらず、ランキング最低のからくりの記事にどうして私が選ばれるのですか(泣)

気にするな。お前自身が言ったように、悪いことをして有名になるよりマシだと思え。

私はどうせ、最低だ……。
で、ランキングの話なのだが。
世の中、色々なところにランキングなるものがある。
どうでもいいと思うなかれ。

 何かクリックできるものがあると人はクリックしたくなる

ランキングで下位に沈むと、その投稿なり、記事なりは人目に触れなくなる。
つまり、クリックすべき場所にないため、誰もクリックしない。
クリックされなければ、ページビューは増えないので、ランキングに載ることはますます難しくなる。

そもそも、日々新しい投稿なり記事なりが増えていく中で、競争はますます激化する。クリックされなかったものは、さらに深い底へと沈んでいく。

反対に、単純になんとなくクリックしてしまった、という人の心理を利用して、一瞬でもランキングに載ることができたものの露出度はさらに上がる。

ページを作成するとき、プロの方たちは「導線」という言葉をよく使う。
皆が、クリックしたくなるような場所に、推しの記事を置いておくのだ。
ランキングも同じで、人目につくところに「人気記事」とあれば、当然、上位にある優れた記事を読んでみたくなってクリックする確率は高い。

その一瞬でもいいから、人目につきたい、という書き手側からの心理が、時に不正行為を生むらしいのだ。
およそ、ランキングというものが存在するところ、すべてにあるらしい。
知り合い同士、あるいは自作自演で大量にクリックするらしいのだ。

中身に関わりなく、目についたものはクリックされやすい、という心理につけこんで、その押されやすい場所を得んがためだろう。

というような話をイマドキの民がしていた。
こんなミニマムな空間にも、実験的にランキングを置いてみたが、やはり、押されやすい場所、というものは存在した。
おそらくは、ほとんどが直帰するであろうことから、クリックしてもらえるということだけで、順位が決まっている。

僅かに3記事しかないのだが、なぜか、ここに載ったものだけが増えていく……。

おい、毎日私の記事を自作自演でクリックしてくれないか? 礼ははずむ。

ええと、それ、広告収入目当ての人とか、企業さんとかじゃないと、関係ないので。そもそも、ここ、「非公開」ですよ。それから、今日日、クリッククリックって連呼しないでください。タップが主流です。

どうだかね。ま、兄上の供養塔の記事、読んでやってね。

エンタメと歴史書、あなたはどっち?

20200921

あのさ、妖怪が知ったかぶりで歴史「騙る」な、って苦情が大量にきてるけど……

なぬ?

このサイトの記事は、出典が不明、もしくは全く書かれていません、ってどういう意味?

ふん。ここは「軽い読み物」だと、何度言ったら分かるんだい? それにね、「このサイトはフィクションです」と至る所に書いてあるでしょうが? 誰が、専門書みたいに古文書並べて、出典参照頁のほうが本文より長い記事なんか読むか? そう言う人は、こんなトコ来ないで図書館に行くのがフツーなの。
アカデミックなふりしてエラそうに、○○教授の××論文によれば……、なんてつまらん文章を書くつもりは僕にはさらさらないよ。
実際には、詰め込み過ぎて、混乱したり、どの本に書いてあったか分からんようになってしまったというのが実情だけど……。
ただね、僕も、実験的に、まるまる引用だらけで書いてみたことがあるの。
とてもじゃないけど、読む気がしないものとなった。
そういうものを読みたい人は、本を買うか図書館に行って、こんなボロいサイトに文句つけるヒマどころか、読むヒマすらないと信じているよ。
だけども、一応、引用しまくったらこうなった、という一例を挙げとくよ。
つまりはこれレベルには、ほかでも読み書きしているの。
またいわゆる、無断引用はしていないし、まだできていないけど、参考文献一覧は後程アップされる予定。
その上で、この嘘ホント? って人は連絡ください。
(ただし、お勉強したいお子様限定。妖怪、いや樹木の精は研究者の先生方クラスのヘビー読者対応仕様にはなっておりません)。

※興明の生まれ年については、播磨定男先生が龍豊寺の過去帳にあった、死亡年月日と年齢から算出なさった。 参考文献:播磨定男『山口県の歴史と文化』
延徳四(1492)年、兄・武護の遁世により、陶家の家督を継ぐ。
※興明が家督を継ぎ、陶家の当主として活動を開始したことを裏付ける史料としては、次のようなものがある(播磨定男「山口県の歴史と文化」より)。
まずは、公家日記『晴富宿祢記』中に、兄・武護が出家遁世したこと、その後は弟が継いだこと、が記されており、ほかに、興明の手になる以下の書状が残っている。
明応二年四月八日、石見・益田氏宛太刀拝領の礼状。これは「興明の家督相続を祝して太刀を贈ったものと考えられ」(播磨)、年代は不明だったが、家督相続祝いのお礼ということで、武護が遁世した延徳四年(明応元年、1492)の翌年であると播磨先生が導き出したもの。
明応三年五月九日、興明発給寺領の安堵状(曹洞宗日面寺宛)
明応三年九月二十日、同上(真言宗満願寺宛)


引用はここまでだよ。伊東愛ってのは僕の知り合いの駄文物書き。大内義興様を主人公にした売れない(人気ない)駄文を投稿サイトに投稿していた。また、管理人てのは、この記事が載っていたサイトの管理者。自分で書いたみたいになっているけど、ホントは、ゴーストライターとして背後にこの僕がいたのさ。

みんなは、とっちの書き方が好き?

世の中モバイルフレンドリー

20201024

叔父上、何やら、我らのサイトのページがことごとく「もばいるふれんどりーではありません」と出ますが。どうすれば直るのでしょうか

そのようなことは私にきくな。

しかし、当家において最も優れた文化人は叔父上を置いてほかにおりませぬ。

ん? そうか? しかし、これらのイマドキのものとやらは……厄介だな。

数日前。
「あなたのサイトはモバイルフレンドリーです」
だったはずの判定が物の見事に、すべて「モバイルフレンドリーではありません」
にかわっている。
きくところによると、最近では検索結果に「モバイルフレンドリーではないページです云々」としるされるのだとか。
「そういうページはみるなと言われているようで恐怖。
「枠からはみ出しています」
「リンクの間隔が近すぎます」
のようなメッセージだったと記憶している。

でも、嘘?
リンクなんてないやん?
え?
枠からはみ出てないやん?

で、「モバイルフレンドリーテスト」とやらで調べて見たところ、我々のページの画像はすべて検索エンジンに拾われないため、画像部分がHTMLでずらーーと記述されてしまっている。
こりゃはみ出るわ。
さらに言うと、これだけ大量にあるいわゆる「吹き出し」は、すべて表示されない。
つまり、検索エンジンからしたら、拾ってはいけないので避けている物体ばかりのほかには何もない謎なページ、となる。

ただし、これは検索エンジン的にそうなのであって、普通に閲覧する際には何の問題もない。
だからこそ気付かなかったのである。

誰なんだよ。俺のイケすぎてる画像をうつらないようにした野郎は? え? 名乗り出ろ、この野郎!!

何なのだ、このしつけのなっていない子どもは? どこの家中のものだ?

すみません。弟です。ごめんなさい

何すんだよ。俺のどこがしつけがなってないって? 俺を誰だと……

はいはい。分りました。分ってるの。でもあの人、宗景様の叔父上と弟。歌ばかり詠んでる柔な連中だよ。五郎とは性格合わないからかかわらないの。

ち……。ブツブツ。で、さっきの画像が消えたとか何とか……妖怪なだけにお前が妖術で消したんじゃないのか?

だって。こんなに見目麗しい僕の画像を勝手に私物化する悪い奴が出たら困ると思ったんだもの。でも、検索エンジンに怒られたら、みんなのためにならないからなおしておいたよ。

画像をすべてnoindexという命令書を書いたのですが、その後、上のようなことになって削除しました。
しかし、それでも状況が改善されなかったため焦ったのです。
結論からいうと、robot.txtで上のような命令を出したままfileを消すと、検索エンジン的には元の命令書のまま行動しているので、最悪永遠に画像は真っ新です。
つまり、画像をindexしても良くしてあげました、ってことがわかるように、この書き直したfileは置いておかないとダメだったんです。
(多分)

すべてそのようになおしたので、つぎからは上手くいくでしょう。
でもなぁ、画像検索って困るんだよね。
平気でフリー素材にしたり、自作扱いしたりする人がいて。
マナーを守って欲しいな。
ここも、右クリック禁止になっているのは注意喚起なんだけど、僕ですら、そんなハードルは平気で跳び越えて画像を取り出すことが出来るからね。
ほとんど意味はないんだよ。

ただ、周南市役所さんの画像が、うちの画像であるかのように出回っている状況は本当に困るの。観光目的の宣伝用に自由に使ってください、って画像だから、そういう使い方をして、それも、ここからではなく、ちゃんと市役所のホームページでもらってくれないとな……。

え、そういうお前らこそ、観光目的っぽくみえない?
ん。ちょっと同意してる。このところ駄弁ってるだけだしね。
でも、山口での仕事が忙しくて、こっちは放置になってるの。
許してね。

SEOは無視だよ

20200925

えすいーおーとはなんぞや。

検索エンジン最適化。少しでも検索順位を上げて人眼につくようにしよう、って対策のことです。

むむ、け、けんさくえんじん、とは? 年寄りにはわからぬことだらけだわ。

いや、お年寄りではないですよ~ご先祖様なだけですぅ。

ふぅ、これ以上質問されたらパンクする……。
イマドキの民のツールが、五百年以上前の人に理解できるはずがないよね。

僕もSEOってのはいちおう目を通したんだけど、ぶっちゃけここにはまったく必要がないことだよ。
ん? 前にも同じこと言ってた?
あ、重複してる?

まあ、何らかの文字を綴って発信している以上、それを読んでいる人が本人だけ、というのは寂しい。
普通はそう考えるよね。
だって、一人で日記を書くのなら、どうしても手書きが嫌ならPCの中でもいいけど、「公開」しなければいいんだもの。

だけど、なしてサーバーレンタルまでして非公開の記事を書いているのか。

分んないよ。
何か理由はあるんだろうけども。

今、あっちのほうの「庭」で、見出しに対策キーワードを入れて~みたいな大改革をやってるのね。
まあ、読みにくいのなんのって(笑)。
現状見出しだけで力尽きたみたいだけど。
確かに、あれらすべてに文章もビシバシ入ったら、検索上位とれるかもだけど、

無理

ここはまったりと時が流れているところ。
お金を儲けるどころか、自分で金払ってスペースを借り、おまけに有料テーマだなんだ、ってさらにお金をかけている……。

普通は、高価な有料テーマを買っても、将来的に収益がでたら回収できるから、ってことなんだけど。
サーバーレンタル代金そのたも同じこと。

ほとんど、無料ブログサービスで事足りる道楽に、大枚はたいてる。
しかも、検索エンジン避けてる(笑)

避けてる、ってことは、つまり最適化なんてしたらダメなのさ。

おーい、SEOなんたらプラグインいれたら、俺らのページ、赤丸ばっかりでて「改善しろ」って。ムカつく。なんなんだこいつら(怒)

ちょっと、誰、そんなプラグインを入れた人? 対策はしてない、って言ったでしょ? ここは離れ小島でいいの。むしろ、誰かの目について、キャラ崩壊してるって苦情来るほうが怖いし。いますぐ、プラグイン削除しなさい。まったく。

俺じゃないよ。伯父上かなぁ?

あの人は、人に知られたくない怨霊なんだよ。そんな対策するはずないでしょうが。

さくじょ、とは? どのように?

うわっ、え、なんで? あ、あなた様が?

わしとても、目につくところに行きたいのじゃよ。

……。

SEO的には、全部リライトしないと公開できないからね!!

なんで、金にもならないことに逆に金かけてるか、って?
それはね、単に日記を書くのにも、綺麗で可愛い日記帳に書くのか、大学ノートってやつに書くのかの違いだよ。
どうでもいいけど、大問題。

無料ブログサービスには、気に入らないテーマしかない。
書いた物すべてはその無料ブログサービスの財産となる。
すべてのページに広告がつく。

ステキなテーマで、自分だけの空間を作る。
出来上がったものはすべて僕の財産だ。

どうせ一円の価値もないけど、運営会社にどここう言われる鬱陶しさはない。

無料サービスのテンプレなんてヒドいものだよ。
世の中タダほど、ダメなものはないの。

なぜ、タダなのか?
広告がベタベタ貼られているよね?

君は、タダで使わせて貰っているわけじゃない。
運営会社に、広告を貼らせるスペースを提供している。
どうせ、僕の書いたものなんか、読む人はいないので、運営会社はまるで儲からず、メンバーになってくれても嬉しくもないユーザーだけどね。

タダで使えるのだから、広告はしょうがないよ。

って思える人はまったく問題ない。

でも、僕にはあれが許せなかった。

テンプレにもそこそこ可愛いものがあったりするけども、
そこにデカデカと「肥満解消」なんてのが貼られてたら……。

たまたま、ダイエットの記事を書いていたらタイムリーだけど、
そんなのお構いなしだからね。

ブログで稼いでいる方々は、広告と記事とがきちんと連動している。
そういうのは、エラいね、って思うけど、
無料ブログサービスの人のを読みに行って、
せっかく宝石みたいなキラキラな文章が綴られている脇に、

「この広告は三ヶ月以上更新していない場合に……」
とかでーーんとあるともったいなくて悲しくなる。

三日坊主になった場合、無料サービスの人って、けっこう「放置」になってる。
すごく、見苦しいのさ。

え、有料でも三日坊主あるし、そもそも、お金払えなくなったら?

そうね、その場合は消えてしまうよ。
でも、強制的に消されるくらいが有り難いの。

アカウント取ったことも忘れ、デタラメなプロフィールで登録しただけだから放置でいいや、ってのホント見苦しい。
そもそも、本人がその存在を忘れていることが多いんじゃないかなぁ。

デジタル終活はきちんとやっとこうね。

僕? 跡形もなく整理したよ。

つまり、無料スペースで書いてたのか?

だって別に悪い事じゃないでしょ? (実は、「放置」にはなったけど、それなりに年期が入ってたので検索されるようになっていた、という笑えない事情も。ちょびっと読まれるようになった頃にやめた)

なおもこだわる人々

20200926

おじいさまが言っていた、えすいーなんたらとやら……。具体的には?

今度はどなたですか? ああ、伯父上様ね。なんかマイナーな人ばっかし。目立ちたいのわかるわ~

まいなー、とは?

いえ、その、技術的な話です。

タイトルとかH2見出しとか……。
面倒くさい。
そもそも、何もないのがシンプルで美しいじゃない?

で、見出しがどんななのか、ぜんぶやってみる。

結論:やっぱこんなもん、ないほうがいい‼

このブログはSEO対策が全くとられていないか、不十分です。

うるさーーい‼

Hello world!

公開日: 2020年9月29日 07:44

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

ふふーーん。これ(↑)って、wordpressにデフォルトで入ってるサンプルだよなぁ。ここを、そのまんま、記念すべき最初の投稿にしちゃうよ。
訳の分からない管理者の妖怪が来る前に、俺の足跡をペタッとね。ん? 妖怪ではなくて、妖精? なんだそりゃ?
俺が誰かって? 陶家に鶴寿丸は何人もいて分からない? ま、そのうち分かるだろ。こう見えてもこの界隈でイチバン有名なのはこの俺なの。
ついでに専用のコーナーまで作っておいた。えへへ。じゃあな~

ええと、今回サイトのドメイン変更によって移籍されたため、内容に一部変更がございます。上記の「専用のコーナー」は廃止されました。

そんな……あんまりじゃないか。鶴ちゃん悲しい……。

人のこと妖怪呼ばわりするからだよ。まったく。

移すのってたいへんなんです

20200929

こんにちは。初めましてかな?

サイトの管理者、ミルっていいます。

ん? どこかで見かけたことがあるって?

そうかもね。他のところでやってたから。

言ってみりゃ、隣のサーバーに移ったみたいなものなんだよ。

この意味分かるかな?

移ると、元のは消えてしまうので、今はここでしか僕に会えないよ。

会いたいと思ったら毎日きてよね。

んん?? まちがいなく、同じような場所で同時に存在しているだろう、と?

しつこいね。

それ、サブディレクトリのことじゃないかな?

確かにそこにもいるよ。てか、そっちが僕の家だよ。

ここは仕事場。ファンクラブの経営ね。

で、そっちは昼寝用。時々子守り……。

そのうち、リンクがつくと思うので、いつでも行けるようになるよ。

今は離れ小島だね。

あ‼ 元のドメインにまんまあるよ……。

またね~

準備中なんです

20200928

ただいま移籍作業中だよ。
和風のサイト、ポップなサイト二種類起ち上げる。
これまでのが和風かつまじめなサイト、新しいのがポップなサイトになるよ。
それはいいとして、移すのたいへんだよ……。

ん? では、新しいのは不真面目なサイトなのか、だって?
無礼な人だねぇ。

サイトのURLが長すぎる、って苦情が多かったので
(だったら『お気に入り』してよね)
短く、サイトタイトルまんまにしたの。

そしたら、
URLにハイフンが入っている、
「特に二つ以上」入っている、
のは、

ダサい、
SEO的にダメダメ

って人がいるの。

関係ない、って意見も。

どっちが正しくてももはや手遅れ。

ただし、SEOはどうでもいいし、

castleofsueだと何なのか分からないよ。

本当はスペースを入れられるのがベストだけどね。
約束事だから仕方ないね。

何かと面倒だね