凌雲寺(山口市)

凌雲寺入り口

凌雲寺・基本情報

住所 〒753-0811 山口市吉敷中尾(西の浴)
最寄り駅 湯田温泉駅から車で15分

凌雲寺・歴史

「大内氏遺跡・凌雲寺跡」とは

市街の北西、吉敷川上流の山間部にある、大内義興の菩提寺・凌雲寺の跡地。最も興隆していた時期の当主ゆえ、その菩提寺の規模や荘厳さも群を抜いていたと想像されるが、現在は廃墟となっている。
地道な発掘調査が続けられているが、その全貌が明らかとなるまでには、まだまだ時間がかかることだろう。自治体による手厚い保存事業の推進により、今後の成果が大いに期待される。
これが、敷地の全体図。復元済の「惣門跡」の場所が記されている。敷地があまりにも広大なことが分かる。
現状、明らかになっているのは、説明看板にある通り。

凌雲寺は、大内氏三十代義興を開基、了庵桂悟を開山として、永正4年(1507)頃この地に創建されたと伝えられています。廃寺の年月は不明ですが、おそらく大内氏滅亡の後、いつの時代にか廃されたものと思われます。 寺は舌状をなして南に延びる台地上に営まれたもので、注目すべきは大地の南端を東西に横切る長い石垣です。これはこの寺の惣門の遺構と伝えられ、長さ約六十メートル、高さ三メート余りで、幅は二メートル余りあります。 巨岩をもって築かれた豪壮な石垣であり、寺の位置、地形等から考え、有事に備えての城塞の役を兼ねたものかと思われます。 指定区域内には凌雲寺開山塔、大内義興及びその婦人の墓と称する石塔三基が残っています。

「大内氏遺跡・凌雲寺跡」としてのこの地は、「三つの要素が複合した状態で形成」されている。
つまり、
一、もともとの自然地形
一、凌雲寺を建設するにあたり改変されたであろう地形(その後寺が存在していた時の姿を含むだろう)
一、寺がなくなったことにより改変された地形

寺がなくなってからも数百年。すべては発掘調査によってひとつひとつ明らかにしていくほかない。
発見された遺構、遺物は16世紀初め~中頃で、大内義興、義隆期にあたることから、大内氏の滅亡とだいたい時を同じくして寺院も廃絶したものと考えられている。
惣門跡として復元されている以外にも、当時の石垣は見つかっている。
そのほか、瓦なども見つかっていることから、建造物の存在が確認できる。

そりゃそうだ。門しかない寺院なんてあり得ないよ。新介様、ちゃちゃっと説明しちゃって。自分で造ったお寺でしょ?
わぁ、こんなところからも大内菱がついた瓦が出ているのか。
……。

発掘調査中


大内氏滅亡後、凌雲寺跡地には棚田が築かれ、耕作されていた。
現在も、棚田期の石垣が残っており、これらを寺院の一部と誤解するケースがあるが、最近のものなので要注意。

現在、遺跡一帯はすべて公有化されたが、なおも利用されている水路があり、水の流れによって遺跡の石垣に影響を与えることが懸念されている。

これって水路? それとも谷川?

凌雲寺・みどころ

凌雲寺期の石垣
積石遺構
石塔(伝大内義興墓、開山塔、伝夫人墓)

伝大内義興墓


↓ 夫人の墓、もしくは開山塔

惣門跡

大内義興顕彰碑・「400年祭記念碑」


老朽化し倒壊寸前。とても危険なので、遺跡保存事業でも懸案事項となっているようだ。
いったい、なんの祠で、遺跡とどのようなかかわりがあるのかは公表されていなかった。位置(顕彰碑裏手)的にみて、なんらかの関連がありそうではある。

参考までに、明治時代の有名な先生が書かれた一文。

凌雲寺:創建及び廃頽の年月は不明。地元の言い伝えによれば、天文十七(1548)年焼失、また一説には天文二十(1551)年八月二十八日の夜、義隆が法泉寺より本寺に逃れてきた際、寺の僧侶は山門を閉ざして寺内に入れなかった。「天火の災ありて」焼失したという。これらの言い伝えはいずれも間違っていることは、故・高橋右文氏がお書きになったものの中に詳しく論じられている。
旧跡に壊れ残れる石垣が二ヵ所あり、外の方は高さ九尺、幅六尺あまりで、山門の跡という。残された石垣からややのぼって石をくみあつめたものが、御子様方の墓、或は火屋の跡だという。この場所から左に行った所に五輪墓が三つあり、一つは義興、一つは北方、一は開山のものだという。その下に谷川があり、鬼が原という。
寺跡よりおよそ三町ほど東方の山腰に荒神社あり、本寺の鎮守社だという。また西北の山麓に小堂があり、弥勒が安置されている。この弥勒が凌雲寺の本尊であるという。弥勒の側に開山の木像と位牌がある。また鎮守の神名を彫った位牌があって、凌雲寺が廃れた後、仮にここに移し置いたのだという。
(『大内家実録』より 一部抜粋)

参照:山口市教育委員会「史跡大内氏遺跡保存活用計画」2019年 PDF、近藤清石『大内家実録』マツノ書店
凌雲寺写真集