「跡地」あれこれ

大内政弘墓所。法泉寺「跡地」

法泉寺は菩提寺で、息子・義興によって葬儀はしめやかに行われ、丁重に弔われた。

そのはずが……。

ええええええ、ここってちちうえの墓所ってなっているけど(イマドキ観光地図持参中)……なんで、こんな風に、山の中に放置されているの!?

時代の流れというものさ。五百年も経てば廃れても当然だろ(俺今、ちっとばかしカッコいいこと言った?)……ん?

…………

ちちうえも、こちらにお運びだったのですね!!

…………

あ、ちちうえ、お待ちください!!

だから、あいつはお前の父上じゃないって

そんなはずないよ。そっくりじゃない? ちちうえにも、光源氏のコスプレとか、妙な趣味があったんだねぇ。ふふふ

だから、違うって……

あああ、ちちうえの性格から言って、こんなになったお墓を見たらどれほどお怒りになるか……。どうしよう……。

だから、お前の父上は見てないって。そういや、さっきのあいつも怒ってたみたいだけど……。

ねえ、鶴、今の人がちちうえではないとすると、いったい誰なの?

そんなん知るかよ。「庭園の主」だと。庭の管理でもやってるんじゃね? それより……五百年経っても、誰かがお参りに来てくれてることのほうが重要だと俺は思うよ。菩提寺もとっくになくなってるのに、イマドキの民が、供え物をしてるじゃないか。

ホントだ!! さすがちちうえ。イマドキの民にまで慕われているなんて。有難いことだなぁ。

ここはもういいから、俺らの墓を探そうぜ

うん