陶興房イメージ画像

初回訪問日:20200305

 「けんしょういん」と読みます。  陶興房様が、亡きご両親のために建てたお寺です。自治体様サイトで調べると、いずれも、「建咲院什物」という項目が出て参ります。
 「什物」(じゅうもつ)とは、道具もしくは宝物という二つの意味があり、特に寺院に伝わるものを呼ぶことがあります。要するに、ここではこの寺院に所蔵されていた「市町村指定重要文化財」が貴重だということです。  これらの什物は、毛利元就さんが、このお寺の隆室知丘さんに寄進したものを指し:九条袈裟、血脈袋、坐具、付(つけたり)、念珠、香合、瓢形水晶……だそうです(周南市様HPよりhttps://www.city.shunan.lg.jp/)。
 寺のイメージはズバリ「今風」。現代の一般の方々の墓所となっております。何やら時の移ろいを感じますね。
 駐車場が完備しているのも、観光客のためというよりは墓参の方々のためでしょう。  お寺じたいは「什物」に関心がないのであれば、ごく一般の地元の寺院といった雰囲気です。ただし、札所にもなっていますので、御朱印を集めている方にとっては意味があると思います。  建造物に関しては、この今風な雰囲気からいって、数百年前から続く重要文化財であるという話もききません。でも、歴史的由来を知っていて、そこに浪漫を感じる方にもぜひとも足を運んでいただきたいと思いました。
 なお、什物については、現物へのこだわりがないのであれば、自治体サイト様などで、お写真を見ることが出来ます。
 観音堂です。もう少し近くで写真を撮ればよかったですね。  観音堂の中はみれずとも、外側にいくらでも、観音像がございますね。  大騒ぎして遠くからやってきましたが、結局撮れたのは、看板と観音堂の遠景だけでした……。まあ、世の中、得てしてこんなものでありますね。次回はもっと余裕をもってお参りしたいと思いました。

所在地:〒746-0011 山口県周南市土井1-5-1
新南陽駅から徒歩20分
徒歩20分はかなりの距離ですので、タクシー利用をおススメします。