毛利元就イメージ画像

初回訪問日:20200303

 毛利元就さんの菩提寺です。しかし、残念ながら、こちらに墓所はありません。
 この場所には元々、国清寺という寺院がありました。これは大内盛見公が建立したものです。それを、毛利家が後から、まずは毛利隆元さんの菩提寺に、さらに、元就さんの菩提寺としたのです。
 建物は火災によって焼失してしまいましたが、山門のみは、盛見公建立当時のものと言われています。
 さらに、観音堂ですが、これは、最初、大内持盛公の菩提寺であったところで、観音寺と呼ばれていた寺から移築されたものです。移築の時期は大正年間ですので、毛利家とは無関係ですが、寺院の名前は、観音寺から、勝音寺、大通院と変わっていました。建物じたいは、室町時代からのものです。老朽化が激しかったものを、きちんと改築しました。
 現在、これらの山門、および観音堂が重要文化財となっています(以上、参考ページ:山口市観光情報サイト『西の京やまぐち』様)。
 寺は、ひっそりと落ち着いた雰囲気です。重要文化財は、建物ですから、目にすることができますので、きちんと確認しておきましょう。

 鶴寿丸 鶴寿丸

誰が書いたんだろう。なんだか、酷く言われてる気が(笑)

毛利元就毛利元就

ううむ……

 鶴寿丸 鶴寿丸

いいから早く案内してよ。昔はどうあれ、今はあんたの寺なんだからさ

 「鐘楼門」じゃよ。
 鶴寿丸 鶴寿丸

超立派だけど、これが山門ではないの(゚ー゚*?)?

毛利元就毛利元就

よく見るが良い。門の上に鐘がみえるであろう? 文字通り、鐘を置くための門である

 鶴寿丸 鶴寿丸

うわぁ、ホントだ

 参道から山門へ。
 鶴寿丸 鶴寿丸

ああ、確かにボロいね

毛利元就毛利元就

これ、ボロいなどと言うもではない。歴史を感じる、風格がある、などと言うのだ

 鶴寿丸 鶴寿丸

へへへ