大内義興イメージ画像

初回訪問日:20200303

 我らが義興様が勧進なさった神社である。お騒がせ公方・足利義材のせいで、京都に留め置かれ散々な損失を被った義興様だったが、京都においでの際に伊勢神宮に参拝し、これを山口の地にもお招きしたいと思召された。結果、ようやっと面倒くさい足利義材をほったらかして帰国した後、この神社を造った。
 天皇から勅額をもらって「高嶺太神宮」と呼ばれていたが、現在は山口大神宮となっている。山口大神宮様ホームページがございますので、いい加減解説を読むより、直接こちらへ参りましょう。 http://www.yamaguchi-daijingu.or.jp
 サイトに、「境内のご案内」ページがございますので、それをプリントアウトした上で、持参するのが、まんべんなく楽しむための準備となります。
 まずは、ここに来るには、ですが、「県庁前」というバス停から歩いて5分です(HPより)。たいがい、このバス停付近に目玉スポットがまとまっているので、何とも頼もしいバス停なのですが、いかんせん、バスの本数があまりないです。我々は、タクシーで参りました。

 入口石碑 これは、入り口の石鳥居横にあるもので「日参一万日碑」というものらしいのですが、なんだろう(゚ー゚*?)?
 石鳥居  石段  これは上から下を見ています。灯篭が上の写真と反対になっているのわかります?  看板類。由緒と年中行事、それに、寄付ご依頼。  社務所  「馬舎」。木彫りの馬が寄進されたもの(HPより)。