管理人イメージ画像

初回訪問日:20200304

 このお寺、私の行先希望リストにしっかり載っていたのですが、何を期待していたのか、さっぱりわかりません。これは、日程中にも既にきづいておりましたん。大内家といったい何の関係が(゚ー゚*?)?
 そもそも、滅亡後に創建されているのですが( ̄▽ ̄;)!!
 ま、良いでしょう……。例によって、このような場所にかぎり、かえってフルコンプで来ていたりします。スタート地点がここであったことから、タクシーの運転手さんにも私の趣味がイマイチ通じておらず、防府はごく普通っぽい観光客になりました。
 さて、お寺はこじんまりと可愛いです。そして、お宝は「笠塔婆」と山頭火さんのお墓です。石造研究者、山頭火ファンの方には垂涎のスポットであるはずです。
 この二点について、完璧コンプリートしておりますので、ご参照ください。
 まずは、観光連盟サイト様で、由来を確認しました。
 が、所在地と上の二点のお宝がある以上のことは書いてありませんでした(-_-;)

 まずは山門からです。山頭火さんの像がたっており、可愛いのです(⋈◍>◡<◍)。✧♡  山頭火さんの像を拡大。  案内看板。由来はここで調べるほかないです。うーーん。これは笠塔婆と山頭火さんの案内しかないですね。  これがその、笠塔婆。説明文もどうぞ。  摩尼車。これをガラガラ回すと、書かれてある経典を唱えたと同じ効果が得られるのだそうです。タクシー運転手さんから教わりました。  皆さんの寄進でつくられた仏様の数々。一つ一つお名前を伺ったのですが、忘れてしまいました……。仏像本に全部載ってるよ。  子育て地蔵様がありました。  この鳥居、恐らくここのものだったのではないか(石碑が歌碑っぽいので)と思いますが、違っていたらすみません。  本堂となります。  山頭火さんのお墓です。看板、お墓、その後は歌碑を載せてあります。

創建年代:1876年
所在地:〒747-0041 防府市本橋町2-11
交通アクセス:防府駅から車で5分
山口県観光連盟様HPより