鶴寿丸イメージ画像

初回訪問日:20200303

 ここは元々ご先祖の大内正恒公が建てたお寺だったんだが、その後弘直公が建て直し、その菩提寺となった。これは俺のあずかり知らぬところだが、御館様の孫が勅願寺にして、なおも建て直したらしい。それは兵乱で焼けてしまったから、今あるのは当時のものではない。
 その兵乱とやらが、俺の子孫に関わることのようだが。
 下の看板の受け売りであって、俺には分からない。  この2枚、どこが違うのか分からん。間違い探しのようである。  本堂だ。  鐘。  「観音堂」。ここは大村益次郎が学生たちに兵学を教えていたところで、「普門塾」と呼ばれていた(県観光連盟HPより)。