管理人イメージ画像

初回訪問日:20200302

赤間神宮とは

 下関市にある神社です。元々は平清盛の孫・安徳天皇の陵墓で、阿弥陀寺というところにお墓がありましたが、後に、その御霊をお祀りする赤間神宮となりました。
 下関は、古来「赤間関」といわれた海に開かれた交通の要所であり、明や朝鮮へとの交流・貿易の玄関口でもあったのです。それを担っていたのが我らが大内家であったことは言うまでもありません。名前の通り関があったんですね。
 源平合戦で平家が滅んだ「壇ノ浦」はこの付近にあり、入水した安徳天皇をお救いすることはできませんでしたが、ご遺体が流れ着いたのがここだと言われています。
 平家ゆかりの安徳天皇が祀られているこの神社には、平家一門の墓所があり、また、幼くして亡くなった安徳天皇に関連して、水難供養の塔もございますね。
 さらに、小泉八雲の怪談「耳なし芳一」の芳一の像があるのもここの神社なのです。
 なお、時間の関係でみることが出来ませんでしたが、ここには、源平合戦関連の貴重な資料を収めた宝物殿がございまして、皆、重要文化財になっております。
 水天門は、まるで竜宮城を思わせるつくりになっており、全体を通して、とても可愛らしい雰囲気の神社でした。おまけに、売られているお守りの類もとてもキュート。若い女性の心を射止める事間違いなしの神社だと感じました。
 普通の神社マニアにも、源平合戦の昔を偲びたい歴史好きにも、ともに足を運んで損はないところです。

写真集

 残念なことに、写真の大半がピンボケしており、ご紹介できなくなってしまいました。多少ブレていても、なんとか見えるものだけご紹介してあります。

水天門

 水天門の建造は昭和に入ってから。なので、古来から延々と続く……という建造物ではありません。由来の詳細は、神社のホームページに詳しいので、一度目を通して下さい。
 しかし、どう見ても竜宮城(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 実際、竜宮造りと呼ぶのだそうです。
 以下は、入り口の「看板」と「石碑」、「池」、「車祓所」などです。また、可愛らしいイラストが描かれた絵馬型の看板もありますね。 安徳天皇の陵墓への入り口はこちら

本殿

 大安殿と呼ぶらしいのですが、何やら、厳島神社の回廊を思い出しました。以下に、境内にあったほかの建物などを載せておきます。

平家一門の墓

 「今ぞしる みもすそ川の おんながれ 波の下にも 都ありとは」二位の尼が詠んだ有名な歌。本当に海の中に都があるんだろうか……。もし、あるのなら、平家一門はそこでまた栄耀栄華を誇っているのかもしれない。
 平家一門の墓は、一つずつ、どれが誰のものかって決まっているのだけど、それについては、神社のホームページに説明があります。

水天供養塔

耳なし芳一

 芳一堂。この耳なし芳一は、タクシーの運転手さんイチオシの貴重品でしたが、管理人の撮影はダメダメで、ブレてしまっていました……。

アクセス情報

 所在地:下関市阿弥陀寺町 083-231-4138
 下関駅からバス10分「赤間神宮前」下車すぐ

参照させていただいたページ

 「赤間神宮」様公式ホームページ
 http://www.tiki.ne.jp/~akama-jingu
 「 下関市公式観光サイト 楽しも!」様
 https://shimonoseki.travel/