管理人イメージ画像

初回訪問日:20200302

日和山公園について

 「ひよりやまこうえん」と読みます。タクシーの運転手さんに、下関と言ったらここ、という絶対に落としてはいけない所へ連れて行ってください、関門海峡(赤間関)が見えるところへ連れて行ってください、とお願いしたところ、たぶん、その両方を満たしている場所として誘われたのがこちらです。
 で、おすすめというか、絶対に外せないものは、こちらの「高杉晋作」さんの像とのことでした。
 この像は、とてつもなく、貴重なものだそうです。なぜなら、すべてが陶器で作られているからです。陶器などでできていたら、とても壊れやすいわけで、立像の素材に選ぶことは躊躇われますものね。それだけ、地元の皆さまに愛され、大切にされている証拠です。
 さて、火の山公園でイマイチでしたが、こちらではきちんと写真が撮れておりました。ただ、高さ的に、火の山にはかなわないようで、やや展望感は弱い。ですが、十分に美しい景色を望めます。

写真集

高杉晋作像

 高杉晋作さんの像は4枚も撮影しておりましたが、3枚はほぼおなじものでした。しかし、いちおうすべて載せます。4枚目はトリミングして立像部分だけピックアップしてみました(単に小さくなっただけですね)。  同じ公園内にあった石碑のたぐいですが、何なのかわからないので、すべて載せます。

アクセス情報

 〒750-0019 山口県下関市丸山町5丁目
 下関駅から徒歩15分

お世話になったサイト様

 山口県観光連盟様HP
 下関公式観光サイト様(https://shimonoseki.travel)の「しものせき物語」
「しものせき物語~高杉晋作~」に関連スポットだの、略年表だの、全部載っているんです(うーーん。サイトってこういうふうに作るのですね。素晴らしい。ほかに、金子みすゞ、巌流島、壇ノ浦の合戦という項目もございました。……有り難すぎる……)~♪
 すると、恐ろしいことに、こちらに掲載されていたスポットにすべて足を運んでおり、なんと写真も全部そろっておりました。はっきり言って、「高杉晋作」で1ページできそうなくらいです。
 人は無心で事にあたると成功しやすい……。まったく、何も考えずに通りすがっているとフルコンプできているのに、なぜにフルコンプ目指して必死になっていると、あれもこれも取りこぼすんだい?
 しかし、しかし幕末の人名を項目としてここのサイトで起ち上げらることはコンセプトから外れるので、やはり場所ごとにいたしました。ふわ……。
 ちなみに、ここだけでは揃いません。桜山公園のページもあわせてお読み下さい。