『秋風清々』表紙絵
 大内家が最も隆盛を極めていた時代、当主であった義興様。その幼き日々から、青年当主として実力を発揮し、やがて幕閣の一員となるまで。
 彼はなぜ天下人にならなかった(なれなかった、のではない)のか、その生涯に悔いはないのか、を追っていきます。

 「伝記」ではなく、「伝奇」ですので、ご注意ください。

 なお、歴史事件、人物等については、解釈の違いもあり、創作上、作者都合で勝手にデフォルメされた部分もございますことを、ご了承くださいませ。
 こちらは、あくまでも「フィクション」ですので、軽い読み物としてお楽しみくださればと存じます。

 第一巻『秋風清々』では、主に義興様の幼年期から家督を継ぐまでの出来事を書いています。
 兄弟のようにして育った陶武護との交流、彼の父・陶弘護をめぐる「山口事件」や、管領・細川政元が将軍・足利義材を追放した「明応の政変などの歴史的背景が織り込まれています。

※現在、その後の「学習の進歩」伴い、不適切な箇所を修正中です。史実と大幅に異なる部分、お目こぼしくださると幸いです※

 なお、この作品は伊東愛が、2019年8月7日~12月4日、小説投稿サイト・ノベルデイズ様にて「市杵紗江」名義で連載したのが最初です。引き続き、ノベルデイズ様にも公開中です。これら初出部分も含め、著作権はすべて本サイトに帰属します。また、管理者の財産として、本サイト掲載のものをオリジナル、他の小説投稿サイト様での公開は「転載」とします。
 なお、小説投稿サイトでは、「読みやすさ」として、一話の文字数が少ないことを求められますので、毎回苦労して1500文字以内に納めようと話数を区切っておりました。本サイトでは、原則一ストーリーを一まとまりとしており、改ページでまとめてあります。

表紙絵(アイキャッチ)
制作:ロン様
素敵なアイキャッチ画像は、だいたいノベルデイズ様でのキャラクター紹介画像が元になっておりますが、一部サイトのみの書き下ろしもございます。とっても、貴重な画像となりますので、存分にお楽しみくださいませ。

作品目次ページ
登場人物