大内義興イメージ画像
 九州の地で大内家の歴代当主たちを悩ませてきた少弐・大友・菊池。
 九州の豊後・筑後・肥後をあわせて「後三国」、筑前・肥前を「前二国」と呼ぶ。この後三国のうち、豊後・筑後を大友氏が、前二国を少弐氏が、そして南九州の日向・大隅・薩摩の三国を島津氏が、それぞれ源頼朝より拝領し、「三氏で九州の支配を分担するという観念」が、南北朝期には既に存在していたそうである。彼らはいずれも劣らぬ、九州における名門中の名門であった。
 南北朝の時代、南朝勢力は九州・西国で猛威を振るった。後醍醐天皇の皇子・懐良親王が征西将軍として九州に赴き、それらの勢力を率いていたが、その中心として活躍したのが肥後の豪族・菊池氏である。
 幕府は南朝の地盤となっている九州の地を平定するため、九州探題を派遣した。最初の九州探題・一色載氏は南朝勢力を討伐できず敗退。ついで、幕府はこれに替えて今川了俊を派遣。
 古くから九州における政治の中心となっていた大宰府を抑えることが、南北両勢力の至上課題であったが、鎌倉時代より彼の地を治めていたのが、少弐氏である。南北朝期にも引き続き大宰府を支配下に置いていた。足利尊氏の討幕運動に呼応した少弐頼忠は筑前守護の職を得たが、やがて、尊氏と義直兄弟が争った観応の擾乱の折、義直に与した尊氏の子・直冬が九州に逃れてくると、少弐家は彼を婿として迎える。
 南朝の征西府、幕府の九州探題、いずれにも属さない第三の勢力として権勢を誇った少弐氏だったが、猛将・菊池武光の奮闘で南朝に大宰府を奪われてしまう。大宰府陥落によって没落した少弐家は北朝に付き、肥前・筑前の守護職を得て、幕府側に協力することとなった。ところが、頼忠の後を継いだ冬資と今川了俊が不和となり、了俊は冬資を謀殺。これを恨んだ少弐家は幕府との協力関係を解消した。
 当初は文字通り孤立無援で旗色が悪かった今川了俊だが、大内義弘の活躍に助けられて勢力を増していく。そして、遂に、彼らが大宰府を奪い返すことに成功すると、南朝勢力は衰退。九州の地は平定され、やがて南北の合一を見る。
 しかし、騒ぎはこれで終息したわけではなかった。

 菊池氏は大宰府陥落と、その後の懐良親王の死後も、反幕府勢力を率いて度々蜂起し、九州探題およびそれをサポートする大内家を悩ませた。だが、何と言っても母体の南朝征西府は既になく、菊池家内部にも家督相続をめぐる内訌などが起こると、やがては弱体化していった。すっかりかつての面影をなくした菊池家だったが、なおも肥後の地で存続し続けた。後に、文字通り「後三国」をすべて手中に収めようと目論む大友家が菊池家の家督相続争いに介入し、その勢力を拡大していくことになる。
 一方の少弐氏は、幕府との微妙な関係で、度々九州探題を脅かし続けた。そこには、勿論、先に南朝に奪われ、その後は幕府側に組み込まれた大宰府の奪還という悲願があった。とは言え、九州探題は、南北合一後は、今川氏から渋川氏に交代。かつてのような、大義名分もなく、その実態は有名無実化しており、度々少弐家による侵攻を許した。そして、弱体化した探題には、自力でそれを止める術がなく、そのたびに、大内家の助けを必要とした。
 結局のところ、大内家の軍事力は、幕府が九州を抑える要として扱われ、それと同時に、大内家自身も九州における勢力拡大を目指していくことになるのだが、上述のような諸々の火種を抱え、北九州の地には常に不穏な空気が流れていた。