足利義材イメージ画像
 細川政元には薬師寺元長、安富元家といった側近衆がいたが、そのうちの一人が上原元秀なる人物である。ことにこの元秀は政元の寵をほしいままにしており、その信頼も厚かった。義材の河内親征に際して、討伐される側の畠山基家との内通を成功させたのもこの男の功績であったし、正覚寺を攻めて畠山政長を自害させ、義材やその側近・葉室光忠を捕らえたのも元秀である。
 政元は追い落とした元将軍の討伐など、もはや自ら赴くことすらしなかったのである。まあ、しつこく繰り返しているように、元々戦はダメな家系であるし、更に妙な修行にまで凝っていたのだから、戦場など似合わぬ男であるに違いない。
 さて、「気に入らない」者らの処分を完遂しなかったために、それらの連中から手痛い竹箆返しに遭うことになった義材や政長とは異なり、細川政元は完璧を求めたようである。政長およびその配下をほぼ壊滅させた元秀ではあったが、肝心の尚順が見付からない。政元の完璧に応えようとすれば、畠山政長とその子の尚順の死亡を確認したうえでのものでなければならないのであった。
 河内国は当然今回の政変の「功臣」の一人となる畠山基家のものとなり、惣領家の地位も同様である。だが、ここで、政長の子を取り逃がしたとあってはまたしても両畠山家の争いが続いていくことになってしまう。実際きれいさっぱりと掃除できなかったことが、またまた諸々の火種の元となるのだが、元秀も狡猾な主の僕として、必死にその行方を捜した。
 そもそも、畠山政長は既に政元によって守護職を没収されていたものの、基家が不法占拠していた河内と違い、紀伊と越中にはまだ地盤が残っている。ことに越中の神保長誠は政長の腹心とも言える人物の一人であり、此度の遠征には病の為同道していなかった。尚順には「逃げ込む」先があったのである。

「ただの人」と成り下がった元将軍・義材と腹心の葉室光忠は、上原元秀の陣中で囚われの身となっていた。
「ああ、御所様、我らはどないなってしまいますのやろ?」
 光忠は落ち着きなく立ったり座ったり。義材共々ろくな食事も与えられぬまま、文字通りの「罪人」扱いされていた。曲がりなりにも権大納言である。政元本人ですら、足元にも及ばぬというのに、その家臣風情が将軍様や高位の公家に対して何たる無礼。
 義材のほうはすっかり元気をなくし、時折溜息をつくだけで、言葉すらない。
「やはり、政長と共に行くべきであったかの」
 ぼそりと呟いたその一言が、ここへ来て初めて発した言葉であった。
「何言うたはりますのや?」
 権大納言は珍しくもまともな事を言った。
「ここで諦めたら終わりですがな。畠山はんのお気遣いがお分かりになりませなんだか? 麿も御所様も死んだらあきまへんのや。『生きろ』て言わはりましたやろ? 忘れはったらあきまへんがな」
 義材は葉室の言葉にも無反応であった。これでは美濃の片田舎にいたほうがマシであったのではないか、今はそんな風にすら考えていた。少なくとも、このような辱めを受けることはなかった。慎ましくはあったが、「将軍家の身内」ということで、敬われもしたし、この葉室のような人物はその身分に惹かれて交際を求めて来たのではなかったか。
 しかし、今の義材はあの頃のような片田舎の少年ではなくなってしまっていた。「世が世ならば」「お気の毒に」そんな憐れみの言葉をかけられると、プライドの高い者は却って腹が立つであろうが、将軍として傅かれるなどという体験をしていなかった頃の彼は、そんな優しい言葉をかけてくれる人々を「親身である」とみなすだけの素直な子供であったのだ
 だが、今のこの状況は、それこそ元将軍であった彼のプライドを傷つけた。体験しなければ良かったことを体験してしまったがゆえに、もはや昔の素朴な少年時代には戻りたくても戻れなかったのである。