『秋風清々』表紙絵
 赤松家は元々播磨が地盤。自らが招いたこととはいえ、将軍暗殺事件で討伐されてお家は断絶し、加賀の北半分などというところに追いやられたが、悲願はやはり先祖伝来の地を取り返すことである。ここには、山名宗全の一族が居座っているから、彼らを追い出し、失地を回復せねば。赤松家が東軍に入った理由はもはや述べる必要もないだろう。山名憎しと思えば、当然その「敵の敵」に付く。
 そもそも、怪しげな「赤松再興軍」の玉璽奪還とその後のお家再興がスムーズにいったのには、山名宗全と不仲になってしまった細川勝元の入れ知恵があったという説もあるくらいだから、それが事実とすれば、赤松家にとっては細川家はお家再興の大恩人。また、幕府も山名家の勢力が強大になり過ぎた事を危ぶんでいたから、赤松家が旧地回復を求めて勝手に争いを始め、山名家が多少なりとも痛手を被ればそれこそ願ったり叶ったりであったろう。

 赤松政則自身は武よりもむしろ文の人で、そこが同じ文化人として将軍・義政に気に入られた。だが、「赤松家再興軍」として主の政則を養育してきた家臣・浦上則宗が武人として優秀であった。そして、播磨の国には元主筋である赤松家を支持する者がまだ多数いたので、旧赤松家の播磨・美作・備前の地は僅かな期間で奪還され、大乱終結後にはそれらの守護職も認められたのだった。
 とここまでが、新介が京に来て将軍義材の親征に駆り出されるまでの赤松家の大まかな流れ。六角討伐でも赤松家は大いに活躍したのだが、それは政則自身というよりもこの浦上則宗の功績である。

 さて、先の六角討伐のため、諸国の守護が召集されたが、将軍義材は既に次の討伐先を「河内」と決めており、彼らが連れて来た軍勢も未だ京に留まっていた。
 赤松政則は浦上則宗らの働きにより、将軍様の覚えもめでたく、これでまた新しい幕政の中で落ち着けるものと考えていた。
「赤松再興軍」の話に感動した心優しい方(いないか……)は、政則が応仁の乱でも活躍し順風満帆と思い、遅く来た幸せを満喫していると微笑ましく感じたかも知れないが、決してそうではない。実は、応仁の乱終結後、播磨の地は大きく揺らいでいたのである。
 守護たちが大名として確固たる地位を築くには、支配国の被官化を進め、安定した地盤に変えていかなければならないと言ったが、その力が弱ければ、逆に配下の者が発言権を強めその地位を脅かしたり、内紛を起こしたりということもある。播磨ではそのような内紛が後を絶たなかった。その上、赤松家に播磨・美作・備前の地を奪われた山名家は今なおその失地回復を目指しており、宗全の孫・山名政豊との間でいつ終わるとも知れぬ戦が続いていた。文字通り、内憂外患が絶えなかったのだ。
 それだけではない。幕府内での地位すら不安定なものであった。義政の代には「お気に入り」であったのに、代がかわって息子の義尚が将軍として親政を始めると、今度は将軍様に「嫌われて」しまった。元々、義政と義尚とは不仲であり、いつまでも「大御所」として居座る父・義政は義尚にとって邪魔な存在であった。そもそも、義政は政務なんて真っ平ごめんだったから、「隠居」したいと考えていたはず。息子が成人したら、これ幸いと隠居所に籠もれば良いだけな気がするのに、妙な話である。何のかんの言っても「ご隠居」とか「大御所」などというものは煙たいものであるらしい。
 何しろ、将軍様の「お父上」であらせられるのだから、どれだけ尊い存在であることか。しかも、この二人、父子そろって同じ女性を愛してしまい、互いに恋敵となってしまった、などというとんでもない逸話すら残っている。それはともかく、いよいよ義尚が親政を開始した後、義政の存在も煙たいが、その「お気に入り」であった家臣たちも見たくもない存在であった。