「つぎは河内に兵を進め、畠山基家を攻めるのだと言っておられた」
 新介から一部始終を聞いた武護は眉をひそめた。
「近江での戦勝で気をよくなされたのですね。しかし、立て続けに親征とは。どうかと思いますよ。皆の賛同は得られぬでしょう」
「そうでもない。将軍様の決意は固いようであった。しかし、考えてもみよ、畠山基家は義就の子。父上が長きに渡って後援していたのは、まさに『こちらの』畠山ではないか。それなのに、元『東軍』のほうの畠山が将軍様のお傍に付いているとは」
 武護は溜息をつく。
「またそれですか。一体、あれからどれだけの歳月が流れたとお思いで? もはや東も西もないのですよ。だいたい、お忘れですか? お方様のお養父上の御子は義就の養子となっておられたというのに、またぞろ後から実子が出来たというので追い出され、越前で悲惨なご最期を遂げられたのですよ。もう、そんなこと、一々考えておられたら、とてもじゃないが世渡りできません」
 そうなのだ。新介の生母今小路は能登の守護・畠山義統の養女であるが、実際には従兄妹にあたる。つまり義統の生母と今小路の生母とが姉妹であったのだ。応仁の乱では、この義統も西軍にあって、政弘とともに畠山義就を支持して戦っていた。恐らくは今小路が政弘の継室となったのもそのあたりの縁であろう。また同じく、義統の弟政国が義就の養子として迎えられたのも、そんな経緯からだと思われる。
 もう何度となく耳にしてきた、「後から実子ができたので」という言葉。だが、この政国は大乱の際には義就に味方し大いに戦功をあげたにもかかわらず、やがてはこの養父の元から追い出され、その後越前で朝倉孝景に殺害されてしまった。寿命を全うすることすら出来なかったのだ。
 しかし、元をただせば、政長も基家も同じ畠山家。ほかならぬ新介とて、養女とはいえ同じ畠山家(分家)から来た母から生まれた息子なのである。もうこうなると、同族も一門もないのではないかと思う。確かに、互いに分かれ分かれとなって弱体化してしまった一門を一つにまとめ、その勢力を回復したいと願っているのは分かる。
 しかし、彼らは、そのために、互いに殺し合い相手を叩き潰さねば気が済まぬのだ。話し合いで解決するなど、武護に言わせれば生ぬるいし、実際不可能に近いのであろうが。だが、例えば、己が弟の三郎と争うとか、分家である武護と矛を交えるなど、新介には想像もできないのであった。
「ご安心召され。我らほどの力があれば、あれらの者たちのように、つまらぬことで相争うようなこともないでしょう。結局のところ、あやつらには力がなかったのですよ」
 武護がそう言って、新介の肩をぽんと叩いた。
「しかし、それはそれとして、河内の戦にはご参陣召されませぬよう」 「なぜだ? 既に尽力する旨約してしまったが……」
 父の政弘に、将軍様の心を掴め、と言われて山口を発ったのだ。その将軍様直々に頼まれたことに従わぬ訳にはいくまい。そもそも、先の六角討伐では京で遊び過ごしていたのだから、このまま帰国したら何の成果も上げずじまいになるではないか。だが……。