大内政弘イメージ画像
 陶弘護が吉見信頼に刺殺された事件の後、父政弘は吉見家討伐のために石見に兵を出した。亀童丸には、父の姿は「義弟」でもあり、譜代の功臣でもあった弘護を失ったことを大いに悲しみ、その早すぎる死をひどく悼んでいるように見えた。
 此度の出兵には、弘護の舅筋にあたる石見の益田一族も加わっていた。鶴寿丸にとっては、祖父にあたる兼堯、伯父にあたる貞兼ら早くから大内家の傘下に入っている石見の国人衆である。
 それに引き換え、吉見家と言えば、先の大内教幸の造反に際してはそれを後援し、留守居の弘護らと矛を交えた間柄でもあった。にも拘わらず、宴の席にも同席していたのは、教幸の反乱が失敗した後、再び大内家に降伏していたからである。
 まあ、このようにころころと主を代えるのはこれらの連中の常であるから、それをもって悪し様にいうも野暮というものであろう。しかしながら、主の身内にもあたる重臣を平然と手にかけるとは、そもそも常軌を逸した事態である。
 教幸が反旗を翻した時、弘護は最初それに同調する「ふり」をしたから、吉見家とも「味方」として接触した。それらの行いはすべて「謀略」の一環であったが、ここで分国被官らの支持を得られたと勘違いした教幸は、後に大いに足元を掬われたのだった。
 たとえそれが謀略上の「一策」であったとしても、吉見信頼には弘護に「騙された」という不快感が根強く残った。更に、同じ石見で益田家と領地を接していた吉見家は、その境界線を巡って、益田家と激しく対立していた。ともに大内家の傘下に入った以上、この揉め事は山口の政庁に裁可を求めるよりほかなかったのだが、主君・政弘が京に従軍中にて不在ということもあり、被官筆頭の弘護が主に代わってこの件を処理した。
 それが、益田家に有利なものであったと感じた吉見家は、そのことでも弘護を恨んでいた。弘護にしてみれば、益田家は妻の実家であるから、その便宜をはかったと思われても無理からぬことであった。しかも、弘護は「万が一、主が帰国後この裁定に不服を申し立てるようなことがあれば、必ず舅殿に味方する。主の好きにはさせない」といったような書状を書き送っている。そういうことも当然、吉見家の耳に入っていた。
 確かにこの二人は、互いに虫が好かぬ相手ではあったのだ。

 それにしても、御前でいきなり刺殺とは。仮に首尾よくいったとして、自身もその場で取り押さえられることは必至である。結果は大方の予測通りで、しかも政弘の怒りを買い、何の詮議もなくその場で成敗されてしまうこととなった。だが、吉見としても、このようなやり方を用いねば、その恨みを晴らすことは出来ないと思ったのであろう。
 主の御前に凶器となる刃物を持参するなどもっての外。それを平然と持ち込み、それゆえに全くの無防備である弘護を難なく討ち取ることが叶ったのだ。さもなくば、吉見ごときに倒される弘護であろうはずがないではないか。要するに、「騙し討ち」である。

「御館様が吉見家の者を根絶やしにしたら、その首を父上の墓前にお供えするのだ」

 幼い身体を震わせながら、鶴寿丸はそんな恐ろしいことを平然と口にした。亀童丸も、それを聞くうちに当然、そうすべきであると考えた。相手は、叔父上を騙し討ちにした極悪非道の輩なのである。そのくらいされても当然ではないか。
 二人は以前のように、三郎や陶家の子らとともに館内でやんちゃに駆け回りながら、政弘が吉見の連中の首を持ち帰る日を心待ちにしていた。
 ところが、政弘は、この弘護の弔い合戦とも言うべき戦から僅か半年ほど経たのち、なんの前触れもなく突然、帰還した。そして、あろうことか、二人が心待ちにしていた「手土産」の類いすらもなかったのである。