陶弘護イメージ画像
 父の政弘が陶弘護と義兄弟の契りを結んで以来、弘護は常に政弘の傍らにあり、その政務を助けると共に、戦場においても数々の功績をあげた。もはや、どの戦でどのような手柄をと言い出せば切りがない。そして、その英姿颯爽たる様は居並ぶ家臣らの中でも輝いていた。
 亀童丸はこの「叔父」が(元は同族であるという以外、系図を延々と辿らねばその血縁関係を一言で語るのは既に難しいのであるが、父の『義弟』となったのだから『叔父』なのである)「大好き」であった。何より、遊び友達・鶴寿丸の自慢の父であったし、あれらの口うるさい傅役だのお傍仕えだの教育係だのの老臣とは次元が違う。そしてまた、当主として国を治める父よりも、気軽に甘えられる相手でもあった。
 しかし、最近、父と叔父とはよく揉めていた。詳しいことは子どもには分からないのだが、二人が会見するたびに、互いに機嫌が悪いように見えるのである。何かにつけて意見があわないようなのだ。それもまた、仕方のないことなのであろう。
 家臣の申状はそれぞれだから、たまには主と意見を異にすることもある。それをまとめるのが当主の務めであるし、また、家臣筆頭のようになっている弘護がそれらを代表して意見することも多かろうから、そういう機会も当然増えるのだ。

 とまれ、結願を終え、父のおこもりが済むと、また来年まで二月会の楽しみはお預けである。政弘の九州攻めはまだ続いていたし、此度はその武運長久たることも、祈願の一つであったという。
 しかし、この「楽しみ」にも亀童丸にはやや気がかりなことがあった。なぜなら、大内家の世継ぎたる若子は、元服前に興隆寺の上宮に籠もってその身分を明らかにしなくてはならなかったからである。父も、祖父も同じようにしてこの儀式を経て家を継いでいる。
 それで、三郎と鶴寿丸とにそれがいやだと不満を言ってみた。

「兄上は『お世継ぎ』だから、特別の『お勤め』なのです」
 幼い三郎が拙い口調で言う。難しい言葉は分からないのだが、常に傅役から言い聞かされているから、意味が分からずとも口をついて出るのだ。
「『お勤め』ならきちんとやらなくては」
 鶴寿丸はそう言って呵々と笑う。
 自分には関係ないと思って誰も同情さえしてくれぬ。つれないものだ、と亀童丸は思う。しかし、僅かに五歳と八歳の彼らにとって、あれこれの決まり事を押し付けられた挙句、一つ部屋で大人しくしておれと命じられるのは「お勤め」とはいえ、かなり辛いことである。
 しかし、父の政弘がおこもりを行ったのは十四歳の時だったという。ゆえに、実際にはまだまだ先のことになりそうではあったが。
 その日が来たら、残り二人がいつも通りやんちゃに遊んでいる間に、亀童丸は沐浴を済ませ、きちんと盛装させられて上宮にお籠りさせられることになる。当然、当主である父親の政弘も同じようにして、領国や民のために祈るが、父子はそれぞれ別の場所に籠る。
 この上宮は幼いお世継を除いては僧侶以外、立ち入りが禁止されているという神聖な場所なのである。当主であれ、成人した後には入ることはできないのだ。

 兄弟と遊び友達のうちの一人だけが、そこに出入りができる身分であるということは、幼い彼らの「身分」を分かつ、目には見えぬ巨大な壁であった。一人はやがては国を治めていくことになる地位にあるのに、ほか二人はたとえ兄弟であっても、やがてはその臣下となるにすぎない、そういう定めなのである。
 無論、そんなことはまだ三人には理解できないであろう。今のところ三郎は弟だし、鶴寿丸も「臣下」などではなく、ただのいくつか年上の兄のような存在。そもそも、近しい親戚どうしであった。
 とは言え、兄弟のほうは、既に互いに微妙な違和感を抱いていた。「嫡子」であることで、次郎こと亀童丸と弟の三郎との間には、どうも生れ落ちてすぐからある種の「差別」があったからだ。何につけても次郎のほうが大切に扱われている。そのくらいのことは幼児でも何となく理解できる。しかも、「お世継ぎ」である兄とは違う、ということを日頃から徹底して叩き込まれてきたからだ。
 胸の内に、常に依怙贔屓される兄を「ずるい」と思う気持ちが芽生えていたとしてもなんの不思議もない。例の不届き者が「降って来た」時も、家臣たちは一斉に兄だけを守り、自分は放置された。「お世継ぎ」ではないからだ。あの時の恐ろしさ、心細さは幼い心に深い傷跡を残した。
 三郎のそんな思いは、長ずるにつれますます強くなった。大人になってお家の在り方について理解できるようになれば、そんな僻みは消えるであろうが、今はまだそこまでは分からない年ごろであった。
 その点、鶴寿丸にはそうした無用な「違和感」がないため、亀童丸は弟よりも鶴寿丸を好んだ。文字通り実の「兄」のように慕っていた。


アイキャッチ:陶弘護
製作・ロン様
目次に戻る
作品紹介ページへ